2004/04/04

<さくら舞散るこの季節…
<お花見しながら故郷の美味しいものが食べた〜い!
ということで、今回のハロモニ。は!? …カップルにしか見えん。
<さくら満開、日本全国お花見娘。〜!
娘。<イエーイ!(拍手)
(さくら満開のサビのフリ)
<すごいねぇ…はい。というわけで見てください!用意しちゃいました!満開の桜ですよ〜!(スタジオに本物の桜)
娘。<おぉ〜!(拍手)
<さくらだ! …めっちゃ、幼い声なんですけど。いや、もちろんアリで。(おい!)
<本物?
<さくらだ! …ホント、かわいい。
<(フリしつつ)♪さくら満開〜
<ね、すごい、すごい、にゃはは…。
<はい、そこで今回は…
<(よっすぃ〜になんか説明)
<あぁ〜。
<お花見を楽しみたいと思うのですが(笑)
<言えた。 …また噛んでたらしい。
<言えた。
<みなさんは花より団子ですね?
娘。<はい!(笑)
<ということで、大事なご馳走がまだ届いてません。
娘。<えぇ〜?
<なんで?
<そろそろ、ご馳走がくるようなんですが…
<何?
<あーっ!
<アレ?ちょと待って!
娘。<来たー!
新喜劇のBGMにのせて(よっすぃ〜が、ずーっとパンパカ唄ってたけど)、圭ちゃんと稲葉さんがラーメン屋の出前姿で登場。
稲葉<お待ち、お待ち、お待ち…。
<すみません。ラーメン頼んでいません。
<いや、ラーメン別に要らないですけど。
<ラーメン頼んでません。
<えっ?!
稲葉<いやいやいや、頼んだでしょ?
<なんですか〜?
<食べ物欲しいって言ったじゃん、今。
稲葉<今、言った、言った。
娘。<あぁ、言った…。
稲葉<でしょ?折角来たのに…
<(圭ちゃんの持ってる岡持さして)何ですか?これは何ですか?お花見に欠かせない、おいしいご馳走?
稲葉・そう!
<実はですねぇ、今回、メンバーのふるさとを訪ねて、お花見には欠かせな〜い、ご馳走を持って、来ました!
稲葉<持って来ました!
娘。<わー!(拍手)
<あら〜、ありがとうございます。
<どういたしまして。
<そうですかぁ。
<はい。
<え、色々?
稲葉<食べて、食べて、食べて、食べて、食べた。
娘。<なんで?なんで?
<いいな、いいなぁ。
<ちょっと待って。ちょっと待ってよ〜。
稲葉<何?
<それ、今日持ってきてくれたんですよね?
稲葉<(首傾げつつ)いや…
<あ、ちょっと待って下さい!?(笑)
<えっ?
<持って来てくれたはずなんですよね?!そうですよね?
稲葉<うんうん。
<ある、ある。
稲葉<ある、ある、ある。
<ある。
<ねぇ。みんなそのご馳走食べたいでしょ?
娘。<たべたーい!
<食べよ。
<そうなんですよ〜。それはですね、2人が持って来たご馳走を食べられるのはクイズに正解した人のみです。
娘。<え〜っ?!
<分かりましたか?お花見しながら…
<食べたーい。
<ふるさとの味を楽しみ…たいというみなさんは、頑張って正解してください。
娘。<はい!
<分かりましたか?
娘。<はい!
<はい。それでは早速行きましょう。まずは、圭ちゃんとあっちゃんが行ったのは何処ですか?
<(日本地図のフリップ見ながら)え〜っと…何処だっけ、高橋?(笑)
<ここだよ!(フリップ指して)ここだよ、ここ!
娘。<圭ちゃ〜ん!
<ここだよ!
<(圭ちゃんの肩ポンポン)しっかり。
<ここ?
そういう訳で福井の名産物紹介。で、圭ちゃんと稲葉さんが福井へ。っていうか、この時期になるとロケしたがるよね、ハロモニ。って。
<(福井駅が映って)わー福井や。
で、福井での2人のロケVTRが続きます。でも内容は適宜省略。
<(2人がパック入りの水ようかん見つけて)あ、水ようかんだ。
おばちゃんが、1人前をひと口サイズと言って笑かしてくれたあと、ソースカツ丼を激賞するおじさんに遭う。
<高橋の親戚みたいだね。(笑)
おじさんの口調がセールスマンみたいというのに対し、若い人が相手だと口が回ると返す、おじさん。そんな会話の後のナレーション。
ナレーション
2人が若いかどうかはさておき、福井自慢のふるさとの味、ソースカツ丼を堪能するため、早速向かったのはこちら、ヨーロッパ軒総本店…
<いやややや…
<そんなナレーション要らないっしょ、や。
で、2人はヨーロッパ軒へ。作り方を見せてもらう。
<(肉を薄さ8mmに切ってるのを見て)あぁ〜、絶対おいしい、これ…。ね、すごいおいしいんじゃない?(さらさらのパン粉見て)え〜ホント絶対おいしい、これ。
娘。<(カツを揚げてるのを見て)あぁ〜!おいしそ〜!
<ソースにつけるんです。
<(出来上がり)あ〜!食べた〜い!
<(出来上がりのアピールV見て)わぁ、おいしそう!
<(圭ちゃんが食べてるの見て)お腹が鳴りそう…。お腹が鳴る。
娘。さんの食べたーいの絶叫の中、VTR終了。
<これは愛ちゃん、よくやっぱりおうちで、食べてたの?
<はぁい!
<これ、お店で食べてたのかな?
<お店で食べたり、お持ち帰りしておうちで食べたりしてました。
娘。<へぇ〜。
<あぁ、そうなんだ。
<はい。
<やっぱりこっちの衣とは、ちょっと違うよね。
<(手で否定)全然違いますねぇ。
<うん。
<ソースだと思ってカツ丼をこっちで頼んだらぁ玉子が出てきて、なんで玉子乗ってるんですか?!って言っちゃいました。(笑)
<乗ってるんですかって、言っちゃいました?
<はい。
<あー、それは必要ないんだ。(笑)そっかぁ、じゃあ愛ちゃん、久々に食べてよ。
<あ、えっ!いいんですかぁ?!
娘。<いいなぁ〜!(笑)
<うん。
<え、いただきまーす。
<えぇっ…。(紺野さんに寄り添う)
<…。 …小川、口。
<あったかいね。さっき、お姉さんが一生懸命揚げてたよ。
<(ぱく)
<あぁ、いいなぁ…。
<うん!
<何?!
<懐かしいっ!
<ねぇ。
稲葉<来た!
<どうですか?
<おいしい!
<変わってないですか?
<(ふるふる)変わってないです。(笑)(もぐもぐ、ぱく)
<やっぱこれ、衣がすごい薄いの。
<(ぱく、もぐもぐ)
娘。<おー。
稲葉<それでまたねぇ、ソースがねぇ…
<(ぱく、もぐもぐ)
<それでまたねぇって、また…(笑)何?
<(ぱく、もぐもぐ)
稲葉<違うんだ…。
<ソースが違う。
稲葉<ソースがねぇ、思ってる感じと多分、違うんです。すっごい御飯に合うの。
<結構つけてたから濃いのかなと思うんですけど…
稲葉<いや、それがねぇ(笑)もう、それが違うんですねぇ。
<違うの?!食べた〜い!
<そう。おいしいんだね。
<あんまり言うと、矢口が死んじゃうから。もう…。(笑)
<すっごい、おいしそう。
<安倍さんも食べてくださいだって。しかたがないなぁ…。 …顔はもちろん笑ってる。
娘。<えぇ〜!
<いただきます。
<アレ?いいよ、別に。出来れば早くクイズに行きたいんですけど。(笑)
<んなこと言うなよ。いただきます。
<(ぱく、もぐもぐ) …今更ですけど、マジ食いモード中でーす。
<(ぱく)
<おいしそう、ホントに。
<すっごい、おいしそう。
<おいひい!
<(目つぶって上向いて)おーいしー!(笑)
<いいなぁ。
<おいしいっしょ。
<うん。
<おいしい!
稲葉<ね。カツ無しで、御飯だけでも食べれるから。
娘。<へ〜。
<なんかねぇ…
<あ、ホント?
稲葉<ホント、ホント。
<ソースだけで。
娘。<うわぁ〜。
<ソースだけでも味わってみたいよね?
<みたい。
<このソースさぁ、やっぱ、違う…。
稲葉<違うでしょ!
<うん。
<なんかねぇ…
<なんかねぇ…
<みりんとか、他にも色んなものが入ってるから…
稲葉<そうそう。
<すごいねぇ、ちょっとなんかねぇ…
<あっそう。
<濃い…。
<(ぱく)
娘。<ふ〜ん。
<なんかねぇ…おいしい。(笑)
<(もぐもぐ)
<おいしいっしょ。
<ホントこれ、みんなにも食べて欲しい。 …小指立ってますよ。
<食べたいよ〜。
<じゃあ、クイズ行きましょうか。(笑)
<あ、行きます?!
<ね。クイズそろそろ。
<食べた〜い…。
<行きます?
<そろそろクイズじゃないですか?
<あ、そう?じゃあ、しょうがないですね。(笑)
<しょうがないですね、行きましょう。
<うん。行きますか、はい。
再びVTR。2人は、1両列車に乗って日本海側へ。
<(車内での2人のやりとり(アーンとか)見て)いい…いい2人だなぁ、なんか…。
<すごい、電車短いね。
<電車短いっていうか、1両しかないべ。
東尋坊に到着。お土産屋さんをめぐる2人。
<(塩うに1箱5,000円というナレーションに)(高っ)(しょっぱがる稲葉さんを見て、つられて、しょっぱい顔になる)
<(カニの子供見て)ちっちゃーい!
途中、「困った娘です。」Tシャツを発見する、圭ちゃん。自分たちは「かわいい娘です。」Tシャツだと言いつつも、実は「かわいい女房です。」Tシャツだったり。
東尋坊にようやくたどり着く、2人。景色に驚き、まだ観に来た事が無い、たあに観にくるようにコメント。
<(そうなの?行ったこと無いの?)
<(はい、全然)
<(笑) …ここらへんのやりとりがなんかいい感じ。
今度は三国港に。
<(あ、三国だ)
<(越前ガニが映って)あ、カニだ!
民宿でお食事。
<(越前ガニのフルコース見て)あぁ、おいしそ。
<これ、ヤバいね。
<ヤッバいねぇ。
<(思わずほっぺ押さえつつ)あぁ…。
<(カニみそ映って)みそだぁ!
<あぁ、みそ。おいしそうだ。カニみそって…
民宿の女将さんが妙にハイテンションだったり、自分が食べられない水魚(ゲンゲ)を薦めたり。
<(カニの刺身見て)あぁ、おいしそう!
稲葉さんが、ひと口でいっちゃうのを見て、絶叫する娘。さんたち。 …そりゃそうだ。
で、ようやく問題。
越前カニについてる黄色いタグは何を区別するためか?
A.他のカニと区別するため
B.オスとメスを区別するため
<なんかさぁ、あのおばちゃんが食べたことがない魚?
<はい。
<なんだっけ?
娘。<ゲンゲ?
<ゲンゲ?愛ちゃんも食べたこと無いんでしょ?
<(手で否定)食べたことは無いんですけど聞いた事はあるんですよね…おじいちゃんから。
<うそ〜。
<うん。
<でも、顔はかわいい顔してるけど、ちょっとゼラチンがねぇ。
<ねぇ。
<すごいねぇ…
稲葉<すごいよ、ホントに…。(笑)
<すごいんだ。すごい、リアクションしてたもんね。
<すごいんだよ。
稲葉<ぷるっぷるっ過ぎて…ホントに。だから、持って来れないぐらい…だから、向こうでしか食べられない…。
<あぁ、そうなんだ…。ねぇ、福井に行ったときは是非是非という感じですけども〜
娘。<はい。
<それではメンバーのみなさんに出題です。
ということで、改めてクイズを出題。解答結果は、以下の通り。
A:吉澤、加護、小川、道重
B:飯田、矢口、石川、辻、藤本、紺野、新垣、亀井、田中
<Aを選んだ皆さんは、その理由は?
<えー?だって、分かんないもん、越前ガニか普通のカニか、ねぇ?区別が…
<うん。
<出来ん。(笑)
<なるほど。Bの皆さんはどうして選んだでアール?
娘。<えぇ〜?!
<いやでもねぇ、ちょっと引っ掛けっぽいなぁと思ったんだけどー。
<なんで?
<普通に考えると、なんかBっぽくないですか?
<あぁ、でもなんか、Bの絵へんだよね、女の子…。(笑)
<あのさぁ、絵とかそういうの関係無いと思うんですけど…。
<あぁ…。それでは、運命の発表です。
<あぁ、お願い!
<どうかな?福井の味を堪能できるのは!どちらでしょうか〜!圭ちゃん、札をアゲテ下さい、どうぞ! …なんか、興奮すると、外人なまりになる傾向が。
お祈りポーズで待つ、娘。さんたち。何故か、たあまで。
<(Aの札あげる)こっち!
娘。<きゃー!
大喜びのAを選んだ4人と、たあ。 …だから、何故?
<ということで、正解はAでしたー。
(無言で抱き合う)
<(_| ̄|○)
<(膝まづく)
<絶対そうだよ〜。
<あぁ〜っ!ダメだぁ〜。
<はい。ということで、Aを選んだ皆さんはお花見をしながら、福井の味をご堪能くださ〜い。(拍手)
ということで、食事。
<はい。それではみなさん、いただきましょう。
<板叩きま〜す!(テーブル連打) …2004/04/07追記。
娘。<いただきま〜す!(テーブル連打) …何これ?
娘。<(重箱開けて)わぁ〜っ!
お約束の、ののの物欲しげな顔。ご馳走にありついたAを選んだ娘。さんと、その後でそれを眺めるだけのBを選んだ娘。の対比を楽しむ時間帯に突入。
<はい。じゃあ、みなさん、よき所でまだまだこの後もあるので、じゃあ圭ちゃんとあっちゃんに御礼を言いましょうね。はい、それでは圭ちゃん、あっちゃん…
娘。<ご馳走様でした〜。
<とんでもないよ。
<ややや、どこのおばちゃん?


奈良と言えば、鹿
<はい。それでは、圭ちゃん、あっちゃん、次に向かったのは何処なんですか?
<はい、はい。
<はい。
<どこだ〜?
稲葉<じゃんじゃんじゃんじゃんじゃん!ここ!(日本地図のフリップの奈良指す)
奈良の紹介、VTR。
<おぅ。センキュー。
<(がんこ一徹長屋の紹介)えっ?!そうなの?! …ガラス工房とからしい。
<マジ?!
<一徹さん。
<(赤膚焼きの紹介)わぁー知ってる。これ、パパ作ってる。
鹿公園を起点においしいもの調査スタート。春日大社の御茶屋でおかゆとか食べる2人。
<あぁ、おいらここで…ここ行った。
<私もある!
<修学旅行で。
<あっそう。
<遠足必須だ。
<(指差して)ここで、お茶したもん、みんなで。
団子食べつつ、柿の葉寿司作ってるお店、平宗へ。
なんで奈良に鹿が多いのかの説明を挟んで、よもぎ餅を店先でついてるところへ。稲葉さん、餅つきに参加したり、超高速餅つきに驚愕したり。つきたてのお餅食べたり。特につきたてのお餅が出てきたときは娘。さんたちの悲鳴がピークに。
<はい。という訳で、あいぼんの故郷、奈良の名物を取り揃えました。
<イエイ。
<イエイ。
<はい。ここですよ〜。
<わぁーお!
娘。<すご〜い。
<きゃあ、すごいねぇ。
<柿の葉寿司。
<これ1日、寝かせるって言ってたね。
<はい。
<なんかねぇ、地元に帰ると、道に柿の葉寿司のお店までに、何十キロもずーっと…この先の何キロ先に柿の葉寿司、また柿の葉寿司っていう看板がずらーっとあるの。
<名物なんだねぇ。
<そう。 …個人的には駅弁で、よくお世話になりました。
<食べて。
<いただきます。
<どうぞ。
<(ぱく、もぐもぐ)
<おいしい?
<んふふふふ!(笑)
<おいしいの?
<(圭ちゃんと稲葉さんに)おいしいねぇ!
<そうなんだぁ。いいね。
<おいしい…ちょっと、食べてみ。(なっちに、アーン)
<(ぱく、もぐもぐ)んー!
<ね?おいしいでしょ?
<おいしいね!(笑)おいしいね。そうなの…でもね、なっちね、そのよもぎ餅ね…
稲葉<あ、食べる?
<食べたかった。
稲葉<あら。じゃあ、食べて。(笑)
<あーたべたーい!
<すごい…あいぼん、食べ、はい。
<あれ、なんか入ってるのかな、中?
<これだってさぁ、すごいあのおっちゃんびっくりしたね。ついてたけど…
<(ぱく)
稲葉<すごい技がすごかったでしょ。
<(あいぼんが食べてるの見て)あぁ〜!
<やっぱりアレだったんでしょ?重かったんでしょ?
<(もぐもぐ)あんこ、入ってる!
<ホントだ。
<あー、ちょーおいしそ…。
<(ぱく)
稲葉<だいじょぶ?
<あいぼんもあるよ。食べた?
<うん。
<きな粉が飛ぶ。
<あのすいません、クイズ…
<クイズに…
<すいません、すいません…
<びーびーびーびー。
<もうそろそろいいです。
<そろそろクイズ…(笑)
<びーびーびー。
<あぁ…あぎゃー!(立ち上がって、座る) …もう我慢できないのれす。
<(伸びしつつ、仰け反る)
<びー。
<あ、分かりました。じゃあ、ゆっくり食べたいとこなんですけど…(笑)
稲葉<それでは行きますか?
<はい。じゃあ…
稲葉<VTR…
・稲葉<どうぞ〜!
万葉荘で、飛鳥(万葉)鍋を食べる2人。飛鳥鍋は牛乳で煮込む鍋。実は2人とも牛乳は苦手だったりするんだけども、カツオのダシでわってあって、そんなに牛乳牛乳してないらしい。ってことで、問題。
飛鳥鍋を考案した人の職業は?
A.猟師さん
B.お坊さん
稲葉<ホントにねぇ、牛乳の嫌いな人でも大丈夫です。
<絶対、大丈夫。矢口も食べれる。
<(うえぇな顔)
<食べれる。
稲葉<ホント。
<ホント?!
<そうですかぁ。
稲葉<いや、これ、ホントだって。あたしも嫌いやもん。
<あぁ、そう。
稲葉<牛乳。うん。
<ね。
<えーこわいよー。 …もしくは、田中さんか。
<(よっすぃ〜の腰に手回す) …っていうか、どっから手出してんだか。
<ということで、じゃあ、メンバーのみんなに、ひつ題です。(笑)
ということで、再度、出題。娘。さん、AかBへ移動。
A:飯田、矢口、吉澤、藤本
B:石川、辻、高橋、紺野、小川、新垣、亀井、田中、道重

みきよし、いしまこ、ののれな、こんかめ、あいしげで手つないだり肩組んだり。
<(終了のチャイムとともにAとBの真ん中通る)
<(しゃがんで)あー!こわい!
<(なっち、あいぼんの後から)おどき、おどき。
<あー!こわい!
<はい。ということで点…
<食べたーい!
<(ミキティに反応して何故か仰け反る)
<分かんないけど…。
<じゃあ、Aが4人と、Bが、はぁ名ですね。(笑) …ちゃんと数えようよ。
<じゃあ、聴いてみましょう。
<なんか猟師さんて、お肉とか〜
<はい。
<獲るじゃない?でも、ちょっと生臭かったりするでしょ?そういうのをまろやかにするのって、牛乳とか入れるじゃないですか、お料理するときに。
娘。<おぉー。
<かなぁと思ったんですけど…
<けど?
<さっきもそういうこと考えすぎて(指で×)ブーだったんですよ。
<オッケー!どうしてBなの?
<飛鳥って言葉がお坊さんぽかった。
娘。<おぉー。
<どっちなんでしょうかー?
<どっちなんでしょうか?
稲葉<どっちなんでしょうねー?
<それでは、運命の発表と行きたいと思います。
<きゃーっ!
<奈良の味を堪能できるのはどちらでしょうか?
<もう、いいよぉ…。
<それでは、あっちゃん…札をあげて下さーい。
稲葉<はい。(Bあげる)
それぞれ抱き合って喜ぶ、Bを選んだみなさん。
<はい、それでは…Bのみなさん…お花見をしながら奈良の味を堪能して下さーい!
(無言で抱き合う) …この時、よっすぃ〜は、どんな顔してんだか。
ということで、飛鳥鍋とか食べる。
<それでは、みなさん早速食べましょう。せーの
娘。<いただきまーす!
<どうぞ!
<きゃー!
おいしく食べまくる、娘。さんたち。
<矢口!どう?さっきも食べれてないけど、食べたかった?
<あのねぇ、何がしたいって、ロケがしたい。(笑)
<あぁ…。
<うん…。
<だね。
<ということで、食べてない人もいるよね?でね、そんなみんなのために、今日は…
<何?
<桜餅を用意しました。
娘。<きゃー!
<(桜見ながら桜餅食べつつ)あーいいんじゃないの、これ。
<ね。
<満開だし。
<うん。
<いいね。
<ね。
<いいね、これね。
<うん。でも、あいぼんもさぁ、地元のね、物をみんなに食べてもらえて嬉しいって言ったけど、嬉しいよね。
<うん。ホントに嬉しい。あぁ、なんかいいとこに生まれて良かったなぁと思って。
<ねぇ。そうかぁ。愛ちゃんは?
<東尋坊に行きたいです。
<ね。あたしも行きたーい。
<行きたーい。
稲葉<すごいいいとこだったよ。
<行った事無いんですよ。
<今日、発見したところあったもんね。
<うん。
<ねぇ。はい…のの、食ってばっかだけど(笑)大丈夫ですか?
<はい…。 …お約束です。まぁ、他の娘。さんたちももくもくと食べてましたけどね。
<はい。ということで以上、さくら満開日本全国お花見娘。でしたー!
<でしたー!(拍手)

2004/04/11

<もう季節は春真っ盛り。ということで、フレッシュな企画で参りましょう!ハロモニ。運命のシャッフルファイト〜!(拍手)
娘。<イエーイ!
<パフパフ。ということで、みなさん、この芸能界をやっていく上で必要なものは一体何ですか!?
<(カンペ凝視)それはやっぱり才能じゃないですか?(笑)
<はーい!
<はい。
<美貌に決まってるじゃ〜ん!(笑)
<えっとね、こういうのがダメなんだよ。(笑) …今日も、いしよしはガチ。
<あーいうの?
<そーですね。
<あーいうのがダメなんだよ。
<美貌大事でしょう…?
<いや、基本は体力だよ。
<そうだよねぇ。
<そうだよ。
<健康第一ね。
<そだね。
<そう。
<健康第一あるねー。
<そう思います。
<はい。芸能界では色んな事が必要かと思うのですが、今日はですねぇ、そのひとつ、運を試すゲームに挑戦致しましょう。
<おっ。
娘。<はい!
なっちから、ゲームのルールの説明。
  • 1ゲームにつき5人ずつ行います。
  • お題に対して「自分がやるのはイヤだケド…」という無責任な解答を書きます。
  • その答えをシャッフル。
  • ルーレットで発表するメンバーを決定。
  • 当った人は自分の解答であるかのように発表&実行。
  • 思いっきり、やりきって下さい。
<オッケーですか?
娘。<はい!
<(OKサイン)グー! …グッドじゃなくて、グー!
<は〜い。もちろんですねぇ、すって〜きな賞品も用意してあるそうなので…
 …なっち「賞品」が「商品」の発音になってるべさ。
娘。<おっ!
<(頭ポリポリ)
<頑張って発表した人にはファイト賞をナイスな答えを考えた人にはヒット賞をお送りします。頑張ってくださーい!
娘。<はーい!


第1回戦
<それでは第1回戦を始めたいと思います!第1回戦に出場するメンバーは、圭織!梨華ちゃん!藤本!道重!田中っちーでーす!
<(Vサイン)はーい。
<はい。解答席にお願いします。
娘。<はーい。
<今の…順番で並んで、下さい。
娘。<はーい。
<オッケーですか?はぁい、それでは最初のお題はですねぇ、と〜ってもロマンティックな愛の告白です。
娘。<ホゥッ!
<はい。
<なんで告白…?
<そうなんですよ。告白の経験はね、あるかどうか分かりませんけど、今回の設定はですね、と〜ってもロマンティックな愛の告白ですよ。
シンキングタイム
<(なっちが答えチェック)あたし結構恋愛小説みるんですよ。
<あぁ…っぽい。そんな感じ。
シャッフルタイム
<じゃあ、みなさん、シャッフルスタジアムへ、どうぞ。
娘。<はい。
<こっちです。
<シャッフルスタジアム。
<シャッフルスタジアムです。
<わーすごーい。
<テーブルが置いてあるだけですよねぇ。(笑)
<シャッフルスタジアムー!(パチパチ) …寒い空気の時は結構この人頼りになります。
<おかしいね…ホラ!(拍手)ね?
<シャッフルスタジアム。
<そうですよ。
<初めて、初めて。
テーブルの周りを5人が回って、椅子とりゲーム的な感じで自分の前のフリップとる。ぶっちゃけ、ここから、ある意味仕込みが入ってるわけですが。ということで、自分が撮ったフリップを各自確認。それぞれのシャッフルの結果は以下の通り。
  1. 飯田←田中
  2. 石川←飯田
  3. 藤本←道重
  4. 道重←藤本
  5. 田中←石川
<フッ…。(頭抱える)
<ふーん。
<ヤッ!ヤダァ…。
<(笑いつつ)田中ちゃん…?田中ちゃん…?(手叩く)
<田中ちゃん、固まってるけど?
<固まってるよ、田中。
<え、田中、誰の?
<梨華ちゃんのを見て、固まってる。(笑)
<気にしないで。気にしないで。
<えっとねぇ、引いてるよ?(笑)梨華ちゃん、固まってるっていうか、引いてる、あれは。
ルーレットの結果、梨華ちゃん。
<えーこれホントにやるの?!
<はい、どうぞ前へ、まずどうぞ。
<な〜んで?!力作だよ〜!?
<はい。
<自分で書いたのが良かったぁ。(笑)
<梨華ちゃんの憧れの男性への告白です。恥ずかしがらずに本気で、思いを込めてやってくださいね。
黒子<(背景のミニカキワリを持ってきて梨華ちゃんの後で掲げる)(笑)
<あの、後は気にしないで大丈夫ですよ。
<あ、ホント?気にしなくていい?
<背景がついた。(笑)
<そしてみなさんもたっぷり…(手でメガネ)注目してやって下さい。
<美貴もドキドキする、自分に…。 …かおりとなんか話してると思われ。
<(梨華ちゃんアップ)あ、背景。すごい、すごい。公園にいるよ。
<それでは、早速、告白をどうぞ。
<ふーっ…。愛する言葉の意味は、あなたと私。情熱の恋の本当の意味は、あなたと私。プッ…(笑)終わり。
<はい。
<怖いんだけど、恥ずかしい…。
<ということで、終わりです。(拍手)
<ちょっと、ここに鳥肌が!ホントに鳥肌が!
<はぁ〜っ…。
<どうでした、梨華ちゃん?
<ホント恥ずかしい…だって読んで見て安倍さん、コレ。
<いや、いいよ!あたしだって…(笑)当ってないもの。 …そこかい。
<え?でも圭織は〜、この告白は出来る?
<言いたくなりま…せん?
<えっ?!
娘。<えーっ…?
<分かんないけど。好きですって、伝えるよりかは、こう何ていうの?その…好きとか愛って意味は、この世にありふれているけど、違う、ホントは違うの。私とあなただけの言葉なのよ、みたいな…。
<おぉ−っ!
<なんか…
娘。<うわぁ〜!
<あっついなぁー!
<すごい!
<そういう…。(うん)
<折角なんで、もう1人…
<えぇっ?!(笑)いいです!いいです!
<いってみましょう。はい。
<いいぞー。
<あ゛ぁーっ!
<いいっすか?
<いいぞー、いいぞー。
<ということで…
娘。<みたい。みたい。
ということで、田中さんが選ばれる。
<あぁっ!(笑)
<(胸押さえて安堵) …でも、心臓逆ですけど。
<5番。はい、5番は?ぴょんぴょん跳ねてますねぇ。はい、田中っちです。(拍手)
<はい。
<頼むよ田中、これ。
<あぁ、面白そう。
<それでは、告白どうぞ。
<君がいれば、張り切っちゃう。(笑)張り切っちゃう。頑張っちゃう。頑張っちゃう。好き過ぎて泣きじゃす…泣き出しちゃうこともあるけど…こんな私をまるごと…(上目遣い)愛して。(笑)わーっ!(拍手)
<かわいいーっ!
<かわいいっすねぇ。
<かわいい!
<かわいい!
<どうでしたか?
<うわぁ…でも恥ずかしいですよ、もうホントに。こんな愛してとかね、色々…。
<ねぇ。
<告白した事ないんで、もうすごい足がプルプルして…(BGMが勝手に鳴る)
<なんですか?さっきから。(笑)なん…なんですかねぇ?
<なんですかねぇ。
<おかしいよねぇ。
<ちょっと…
<ね、照れる言葉さ…歌だと大丈夫だけどさぁ…
<そうなんですよ。
<そう。言葉で言うとホントなんかもう震えるほど恥ずかしいっていうか、こう…あぁ〜って、なりますね。
<そうだねぇ。ねぇ!はい、ありがとうございます〜。(拍手)
<あぁ、はい。(お立ち台から降りる)あぁ!恥ずかしいよっ!(ぴょん)
<ねぇ。みんなは、どうでし…ちょっと麻琴、笑い過ぎ。(笑)麻琴、どうでした?
<もうねぇ、見ててねぇ、ドキドキするんですよ。
<ねぇ。
<こっちが。(笑)


第2回戦
メンバーは、やぐっつぁん、よっすぃ〜、のの、紺野さん、亀井さん。
<それではですねぇ、続いてのお題は、恥ずかしいウソの自己紹介です。
<え〜っ?!何それ〜?!
<え?どういうこと?どゆこと?どゆこと?
<はい。これはですねぇ、と〜っても恥ずかしい、ウソの自己紹介を考えてください。
<なぁに?
シンキングタイム
<あ〜絶対恥ずかしい、これ…。
<あ、これはちょっと言わせたいね。ね、ある人に言わせたくない?
<あ〜、あの人…ある人に。
<シー。
シャッフルタイム 結果は以下の通り
  1. 矢口←吉澤
  2. 吉澤←紺野
  3. 辻 ←矢口
  4. 紺野←亀井
  5. 亀井←辻
<みんな回り見られないように確認しちゃって下さい。ウフフフッ。
<(フリップ見て、しゃがみ込む)ハハハハハ!
<(フリップ見て、両手振る)うわぁ〜!これ、無理!無理無理無理無理!
<何?どうした、のの?
<えー楽しみー。
<楽しみ〜。
<どうですかねぇ。
<えぇ〜っ?!
<ヤダァ〜!ヤ!
<イヤ〜、ヤダァ〜!
<よっすぃ〜、長いよ〜!(よっすぃ〜の腕叩く)
<ちょっとこれ、言えねーよ。
<なっちも個人的にはよっちゃんと矢口のはヤです。(笑)言いたくありません。
<ホントは吉澤さんにやって欲しかったんです。
<これ、長い!
<これヤダー、無理。
<もうこれは、自分の言葉のように言うんだよ…
<分かりました、分かりました。
<みんな。分かりましたね。はい、それでは一体誰になるのでしょうか〜?
<待ってよ…。
<シャッフルスタート!これね、言わせたいなぁ。
<なっちも含めてやりたいなぁ。
<ヤ〜ダよ。やりたいけどね。フフフ…ちっと、やりたい、ちっと、やりたいけど。
ルーレットの結果は、ある意味予想通りによっすぃ〜。
<ヤバいよ。
<それでは、よっちゃん…
<ちっと、待ってぇ…。
<あっ!そうなんだ、言わせたい人に当ったね。
<言わせたい人に当りました。 …当ったというか、当てたというか。
<ちょっと待ってよ〜!
なんか、アイテムを選んで持ってけるシステムらしい。
<よっちゃん…たまには見せてよ、そういう部分も…。
<絶対、恥ずかしい…
<(おまるを持つ)(笑)
<なんで?!なんで?!なんで?!
<あ、いいよ…。
<なんで?!なんで?!なんで?!
<ヤダなって言いながら…
<なんで、おまるなの?
<それでは、よっちゃんの恥ずかしいウソの自己紹介です。恥ずかしがらずに思いっきりやっちゃってくださいね。
<(おまるを前に置いて正座)オッケー!
<はい。それでは自己紹介、どうぞ。
<吉澤ひとみでちゅ。(笑)今…(吹きだす)18歳でちゅ。(笑)緊張してましゅ。こんなあたしをよろちくでちゅ。(笑)プッ!
娘。<かわいい〜!かわいい〜!かわいい〜!かわいい〜!
<(立ち上がる)あぁ〜っ!だからヤダって言ったんだよ!(笑)オレはよ〜。(おまる、戻す)
<すごいねぇ。
<かわいい。そう、よっちゃん、赤ちゃん言葉でだったんだよね。
<そうだよ。赤ちゃん言葉だったの。
<普段、使わないもんね。
<ありえねーよ。(笑)
<どうですか、みなさん?
<面白い。
<面白いねぇ。ちょっと、麻琴!あやしい、その笑い方。(笑)
<(椅子に座りつつ左右に)
<な〜に、くねくね…
<吉澤さん、かわいかった!(笑)
<かわいかったね。
<(笑いつつ)かわいかったじゃねぇよ…。
<ちょっとねぇ、目線が違いますけどねぇ。
<ドキドキしてる、あの人。ふはははっ!
<かわいかった。(笑)


第3回戦
メンバーは、やぐっつぁん、梨華ちゃん、よっすぃ〜、亀井さん、道重さん。
<続いてのじゃあ、お題はですねぇ、メンバーに言いたい事。
シンキングタイム
<(やぐっつぁんのフリップ見る)フフフフフッ。フフフッ。
<出来たけど、すっごい普通ですよね、これ。
<あぁ〜。
<普通だよね。
<普通かな。
シャッフルタイム 結果は以下の通り
  1. 矢口←石川
  2. 石川←亀井
  3. 吉澤←道重
  4. 亀井←矢口
  5. 道重←吉澤
<はい。それでは、確認しちゃって下さい!
<(笑いつつ)これは、お前(梨華ちゃん叩く)
<普通やね。
<梨華ちゃん、普通ですねぇ。(笑)
<あのねぇ、頭さっき使いすぎちゃって、もう出てこない…。
<あっそうか。さっきの歌詞でいっぱいいっぱい。
<えー!何これ?!ちょっと訳…どういうこと?
<(てめー)
<えぇー?!
ルーレットの結果は、亀井さん。
<(亀井さんに耳打ち)大きい声で。なるべく大きい声で。
<はい。
<さ…叫ぶんだよ。(笑)
<はい。
<最後、のば…伸ばすんだよ!
<はい。
<最後、伸ばすんだよ!
<任せてくださいね。 …フリップに「なるべく6期メン」って、書いてある。

やぐっつぁんらしい手口
<はははははは!(梨華ちゃん、指す)ははははは!
<え、何?
<指差すなよ。早いよ。
<待って!待って!何?!何?!(笑)
<いいですよ。はい、亀ちゃん行きますよ。
<はい。(竹刀持つ)
<(梨華ちゃん連れて、亀井さんの後ろへ)
<はい!それでは、メンバーへ言いたい事、どうぞ。
<石川!
<はい?!(笑)
<あたしの方が、かわいくて輝いてるんだ!ボケ−ッ!(笑)(拍手)
<いいぞー!
<いい。いい。
<いいぞー!
<亀井さん、すいませんでした…。(ペコリ)(笑)
<おもしろーい。
<いいぞ、亀ちゃん!
<いいですねぇ。
<言い切ったね。
<ねぇ。そういうことだったんだね。
<これは、よっすぃ〜に言わしたら天下一品だと思うんだけど。
<梨華ちゃん…あ、梨華ちゃんじゃなくて、よっちゃん行ってみる?(笑)もう1回じゃあ、よっちゃんに今の…
<うっそー!マジで?
<これを…よっすぃ〜に言わしたら恐いよ、多分。
<亀井、偉い。
<偉い。よく言ったよ。
<よく頑張りました。
<すごい。やり切った。偉い。
<じゃあ、よっちゃんのもう1回見てくださいね。
<はい。
<はい。それでは、よっちゃんヴァージョンです。どうぞ。
<こわい…。
<(竹刀で下叩く)(笑)石川!
<はい…。
<私の方がかわいくて、輝いてんだよ。ボケッ!(拍手)
<こわい!こわいよー!
<流石だねぇ。
<流石だねぇ…。
<ね、すごい目見開いてましたねぇ。よっちゃん、恐いっすね。
<恐いっすね。
<さゆのが見たい!さゆのが見たい!(笑)
<えーっ?!
<あのねぇ、道重もいいよ。
<じゃあ、シゲさん、おいで。
<道重もガンガン行って。
<大丈夫?梨華ちゃん、どんどん落ち込まないでよ。
<梨華ちゃん、大丈夫だよ。
<大丈夫、大丈夫。
<梨華ちゃん、大丈夫ね。
<これは、あのギャグだから。ギャグだから。(笑)
<面白いよねぇ。それでは、シゲさんヴァージョンです、どうぞ。
<石川ーっ!私の方がかわいくて輝いてんだ。ボケーッ!(笑)
<(凹)
<やってくねぇ。やってくねぇ。(梨華ちゃん、慰めつつ)家で言ってんでしょ?
<恐いよー!多分、家で練習してる。
<(梨華ちゃん、引張る)
<言ってるんでしょ?
<さゆ、恐いよ〜!
<今、すごかったねぇ。
<でも、あたし感動した。なんか、すごいやっぱ一応、一応、先輩じゃないですか。
うん。
<だけど、ボケとかね、やー、言えるようになったんだなって。
<こういうのがあって、打ち解けていくんだよ。(笑)
<そうだよ。自分たちでフォローしまくりですけども。(笑)大丈夫ですかぁ?
<これ、自分でフォローしないとさぁ…。
<そうですね、はい。ということで、盛り上がりましたが、もう1人、行ってみましょう。
ということで、ルーレットの結果、道重さん。
<はい。じゃあ、よっちゃん、伝授してください。道具使ってもいいですからねぇ。
<アドバイスが面白そう。
 …仲睦まじいカップルにしか見えない訳で。
<すごそうだね、この文章。
<ねぇ。
<さっきも長かったけど。
<それでは、メンバーへ言いたい事、シゲさんからです。思いっきり、どうぞ。
<(不機嫌な感じで)藤本さん…座り方とか、恐くて近寄れねー。(笑)小川さん…本気でキモいよ。(笑)紺野!食べるの、遅せぇよっ!(笑)あーっ!(くるり)
<いいよー!シゲさん、いいよー!
<シゲさんて、演技派だね。
<ねぇ。ちょっと入り込んでましたね。
<ちょっと、でも、まこっちゃんの顔見て、まこっちゃんの顔。(笑)
<(口、あんぐり)
<麻琴、ショック…麻琴、ショックです。
<(よっすぃ〜の肩ポン)あの、よっすぃ〜が書いたことをシゲさんが言ってるだけだからね。
<そう、そう。
<違う…でも、あたしは決してこれは本性ではなくて…
<本性って何?
<本心。
<本音でしょ?本音。(笑)
<本音ではなく…本音ではなく…なんだろうな?みんなが感じているような…思ったっていう…(笑)
<え〜?!ひっどーい!
<そっちの方が傷つくよね。(笑)一人だけじゃないから…
<ひどいですねぇ。
<シゲさん、どうでした?
<いや〜!でも、ちょっと成りきれて、スッキリしました。(笑)
<ちょっとスッキリ…言い方が…


第4回戦
メンバーは、かおり、あいぼん、たあ、小川さん、ガキさん。
<それでは、気になるお題は?あぁ、いいな、これ。愛のくさ〜い、ポエムです。
娘。<ポエム?くさい?
<これあの、ニオイとかじゃ無いよ。
<あはははは。
<クサいなぁ、そんなぁ、みたいなね。ということで、圭織得意そうですけども。
シンキングタイム
<いいでしょう?
<ほら、みたいな。
<そうそう。
<これには…
<ぁあー!みたいなね。
<いいねぇ。
<何?何?
<ちょっとこれ、いいかもしれなーい。
<あ、飯田さんのかもしれん…。
<飯田さんの読めない…。
<(かおりのフリップ見て)なんでなっちがいないのよ…?(笑)
<(なっちさして)あなただってそうじゃないかー!
<そうね。そうね。はい、と言う事で出来ました。
<えぇ?!あぁ〜!読みたくない、読みたくない。 …相変わらず、ヘタレ系。
<何?何?何?
<ねぇ。ちょっとこれ…。
シャッフルタイム 結果は以下の通り
  1. 飯田←新垣
  2. 加護←小川
  3. 高橋←飯田
  4. 小川←高橋
  5. 新垣←加護
<確認しましたか〜?みなさん、どうぞ見てください。
<長いっ!
<おぉ〜、長い!あぁ…。
<長いのが2人か。
<かわいい。
<お、えぇー!?
<えーエロいよ。
<なんで?フフフ…。
<いいすか?
<すごいエロいだって。
<エロいの?
<それでは一体誰のポエムを読むんでしょうか?スタート!
ルーレットの結果は、たあ。
<えっ私?!(ビックリ)はい。(拍手)
<はい。
<え゛ーっ!ちょっと待って!
<あたしのだ。
<飯田さ〜ん!
<ちょっと、ごめん。恥ずかしいけど。
<なんか、使ってもいいよ。
<言うの、恥ずかしい…。
<言うの、恥ずかしい?
<言うの、恥ずかしい…。
<それでは、高橋の愛のクサ〜イ、ポエムです。どうぞ!
<大好きでも…ときに見えずらくなっちゃうよね…ときにはケンカをしたり、涙をすることもある…ときには時の流れに負けそうなことも…ある…でもいつだって大好き!…なんだ(笑)頑張ってる君の姿…モーニング娘。…みんな大好き!(拍手)うぎゃぁ〜!気持ち悪い…。
娘。<かわいい。
<うわぁ〜!ヤダ〜!
<かわいい。
<ヤダよ、お母さん!(ルーレットのパネルに隠れる)(笑)
<(たあの肩ポンポン)愛ちゃん、どうでした?
<恥ずかしい!
<照れくさいじゃない?いっつも…ほら、書いたけど、忙しかったりとか、する時にみんなの大好きだけど…
<うん…。
<すごい眠い時とか疲れてる時とか薄れちゃうでしょ?
<うん…。
<うん、そういうときに改めてみんなの前で言うの、ちょっと恥ずかしいなぁと思って…。
<うぉ〜、なるほどね。言わせたのね。
<あんま、伝わってない…かったかなぁ…(左手を右手の人差し指でグリグリ)えっと…。(笑)
<何?!何?!何?!
<はい。みなさんは、どうでした?
<(左手を右手の人差し指でグリグリ)え〜っと…
<なんだろ、アレ?(笑)イジケてる!
<飯田さん…。
<ちょっと、壊れてる!(笑)
<あんまり過ぎだよ!
<ちょっと、ちょっ…ちょっと、よっちゃん!
<え? …顔、真っ赤。
<(指差して)よっちゃん!
<え?
<お前のリアクションは、なんだ、それ?(笑)
<いや〜。おれはもう…布団被りてぇ…。(笑)
<もう、面白い…。
<えっ?よっすぃ〜、どうしたの?すっごい、顔が真っ赤っかだよ。(笑)
<恥ずかしいんだって、ほらね。
<いや、恥ずかしいよねぇ…。
<ね、モーニング娘。は、イコールよっちゃん大好きみたいなね。そんなとこ、あるんでしょう?
<イヒ!
<あ!まぁ…まぁね…。ごめんね、麻琴…。(笑)
<いいよ。
<おかしいよね?なんか…大丈夫?
<おかしいよね、かおりん。
<大丈夫?
<えっ?
<圭織さん、大丈夫と…
<圭織さん、すごい今日のテンション面白い。(笑)
<あ、ホント?ごめんね…。
<(左手を右手の人差し指でグリグリ)これ、新しいよねぇ。
<しかも手しか映ってなかったけど、(左右にクネクネステップ)足もなんかね、こんな、なってたんです。(笑)足もね、こんな、なってたの。
<はい。ということで、もう1人、行ってみましょうね。あぁ、面白い。スタート!
<(左手を右手の人差し指でグリグリ)これ、面白いかな? …自分でやっといて何を。


第4回戦(ガキさん編)
<(ルーレットが自分に当って)うぉ〜っ!
<5番、ガキさん。(拍手)
<来た。
<キター!
<ヤダ…。あの、この詞、すっごいかわいいんですよ。
<あのね、あのね、この、こんな、じ…。
<ガキさんの愛のクサ〜イ、ポエムです。どうぞ!恥ずかしがらずに、本気でやってくださいね。
<はい。
<どうぞ。
<辛い時もあるね。でも、もうひとつ頑張ってみれば…ほら、そこには幸せが、待ってるよ。(笑)辛いという字に1本、線を…ん?1本、線を入れるだけで…ほら!幸せになるんだよ。(笑)今、幸せだなぁ〜。そんな今日、この頃です。
娘。<おぉ〜!(拍手)
<すごーい!
<かわいいですよね、これ〜。
<わぁ。
<何?あいぼん、どうしたの?
娘。<かわいい!
<(照れて、しゃがんだり、後向いたり)
<何?あいぼん、こんなこと考えてんの?(笑)
<さぁ、どうでしょう? …もう耳真っ赤。
<なんで?!なんで?!そんなの思いついたの?!
<うん…うん…
<耳まっかになっ…!
<ちょっと、大人じゃん!ねぇ?! …大人じゃ〜ん!
<いやややや…。
<ねぇ!
<いつからこんなこと考えるようになったの?
<そう。ちょっと寂しい、お姉さん。(笑)
<いやややや…。
<なんか、幸せっていう字がすごい好きで…
<うん。
<幸せ…よく書くから…。
<辛いに1本、線足すと、幸せになるねぇ。
<(うん)
<そうだね。
<田中がね、武田鉄矢さんみたい。 …ののに、教えちょるの。
<(ののの方見て)えっ?
<武田鉄矢さんとかそういうのに詳しくない? …そっちか。
<辛いってどういう字だっけ?(笑)
<プッ…。
<いざね、そこでやるとなると、やっぱ恥ずかしいですね。
<すいません。
<はい。
<(ビックリしつつ)こういうこと普段言わないんで…。
<(のの指して)どこに1本足すの?とか言ってる人がいます。(笑)
<一生懸命書いてる!
<すいません。どこに1本足すの?とか…
娘。<足…。 …開きすぎなのれす。
<放っときますか。


エンディング
読む方で頑張った人に送られるファイト賞に道重さんが選ばれる。今日は、5枚のカードから1枚カードを選んでカードの裏に書いてある商品がもらえるシステム。道重さんが選んだカードの賞品は、なっちのカレンダー。
<あ、ちなみに他の賞品は、なんだってんでしょうか。じゃあ、見てみますか?
他の賞品は、高級耳かき、ヤカン、豪華温泉旅行ペアご招待券、お米5kg。
<(招待券指して)これを…いいでしょう?
<これ、すご〜い。
<これ、すごいの。
<お米5kgいいじゃないですか…。(笑)
<そう。お米大好きやね!お米大好きやね!
<すごい、それいいなぁ…。
書くのを頑張った人に送られるヒット賞には、かおりが選ばれる。かおり、ハンドパワー?を発揮して、見事、豪華温泉旅行ペアご招待券をゲットする。
<すごいね。
<うん。
<誰と…誰と行きます、これ?
<一緒、行く?
<一緒に行く?!(笑)
<一緒、行く?
<ホントに?!
<行く?
<ホントに?!
<いいよ。行こうよ。
<ホントかよ?
<行こうよ。
<ホント?!
<うん。
<やったぁ、ありがとうございます!(笑)
<じゃあ、一緒に行きまーす!(拍手)
<はい。一緒に行きまーす!(手振る)
<行ってきます。
<みなさん、今回の新企画は、どうでしたか?
<面白かった〜!
娘。<うん。
<緊張しますよねぇ、やっぱり…でも楽しかったですねぇ。
<そうだよね。
娘。<うん。
<なんかでもねぇ、アレだね、みんな照れずに言えるようになってきたよね。
<ねぇ、なっちも思った。はい。ということで、ちょっと成長が見れて嬉しかったですね。はい!以上、ハロモニ。運命のシャッフルファイトでした!(拍手)


ごっちんハワイツアー
<(車から降りる)おはようございまーす。
スタッフ<おはようございまーす。
<おぉ…ファンクラブイベント1日目です。今日は(シャッター押すフリ)写真撮影会…やっちゃいます。(手振る)
そんな訳で参加人数約500人のファンクラブハワイツアーの模様を。
<(ツーショットポラが始まる前、椅子にスタンバイ)緊張するぅ〜。あぁ、緊張する…なんかオーディションな気分だよ。(笑)
<(撮影終了後)こう普段とか、やっぱライヴとかでも、こう直接1対1じゃ会えないじゃないですか。1人1人とちゃんと、こう挨拶するのが初めて見たいな感じだったので、ちょっと楽しかったです。
ランチタイムでテーブルごとのごっちんとの記念撮影。屋外イベント。
<(イベント後)いや〜!楽しい!すんげぇ楽しい。 …♪すんげぇすんげぇ…。
バスごとの集合写真inごっちん。
<せーの!Woo!Woo!(パシャ)(笑) …晴れた日のマリーンより。
<(撮影後ファンに手振りつつ)また、明日ね。また、明日ね。
2日目。朝からワイキキの真ん中で、プチモビクス! …♪ほのぼよよ〜ん
<(プチモビクス終了)ホント、いい運動になったんじゃないかと…朝のラジオ体操の代わりにね。
スペシャルライヴ。
<オーケー!みんなスペシャルライヴ、盛り上がって行くぜー!
ライヴの模様(抱いてよ!PLEASE GO ON サヨナラのLOVE SONG スクランブル 握手会)
<(ライヴ終了後)今回初めてのファンクラブツアーで、まぁ、2日間てすごい短いと思うんですけど、でもその2日間の中で、また後藤真希とファンのみんなとで、すごい、いい思い出が作れたと思って…。ね、すごい楽しめたので、良かったです。はい。

 なんだかんだで、やっぱり行ったもん勝ちですなぁ。 …メインコーナーは、また次の更新で。


今日の「たあ」

四休さんより。なんか男前なラブ休。
ミカをなんとも言えない表情で見つめる、たあ。

2004/04/18

<記憶力とは若さがものをいうんです!
<いいえ、人生の経験が大事なんです。
<ホントはどっち?!モーニング娘。世代対抗!記憶力バトル〜!
娘。<イエーイ!(拍手)
<フゥー!
<言えた。
<(ほっぺ、ぷくぷく)
<はい、というわけで今回はですねぇ、みなさんの生年月日でお姉さんチームとお子ちゃまチームに分かれてもらいました。
娘。<はい!
<気づきました?
<すごいねぇ。
<気づきましたよ。
<そうだよ。
<生年月日だと、こんこんまでこっち入っちゃうんだね。
<ねぇ。
<もうお姉さんチームだ。
<(ベルト、ブラブラさせつつ)もうお姉さんになっちゃった。
<お姉さんチームに入った感想はどうですか?
<えっ?!
<(ベルト、ブラブラ)
<あぁ〜!(笑)
<わぁ゛〜!
<はい、そしてですねぇ、この2チームにはですねぇ、記憶力を、競うゲームを行ってもらいます。
娘。<はい!
<みなさん、記憶力には自信がありますか?
娘。<ないで〜す!(笑)
<ちょっと待ってよ。どうなの、リーダ?ないんだって、みんな。
<(ののと手つないでる)ない…。
<そ〜れ〜は、困ったねぇ。(笑)
<何、このテンポ?!
ということで、お姉さんチームとお子ちゃまチームに分かれて、記憶力に関するゲームを行います。チーム分けは以下の通り。
お姉さんチーム :飯田、矢口、石川、藤本、吉澤、高橋、紺野
お子ちゃまチーム:辻 、小川、加護、新垣、亀井、道重、田中


1回戦 ハロモニ。仮装パレード あなたの格好なんてぇ〜の!?
一人ずつ、2つの仮装アイテムをつけるので、それを相手チームのメンバーが記憶します。記憶する方のチームは、一人ずつなっちが指名したメンバーと同じ格好をしていくというゲーム。なっちが誰の格好をさせるか分からないので、みんなが相手チームのメンバー全員ひと通り覚える必要があります。(制限時間は1分)
最初は、記憶する方=お姉さんチーム、仮装する方=お子ちゃまチーム。

<それでは、ハロモニ。仮装パレード、スタート。
<スタート。
お子ちゃまチームが仮装してくるくる回ってる。
<えー、難しいんだけど。えーちょと待って。ホント、覚えらんない…(小川さん通過)きゃははは!(笑)かわいい!えーちょと待ってー!辻なんか5個ぐらい着けてない?
<いっぱいあるよね?
<いや、たぶん、あの防止と髪の毛でついてんの。
<(あいぼん通過)プッ!(笑)
<えーどうしよう!全然覚えられないんだけど。え、難しいんだけど…。(小川さん、通過)(笑)似合うね、麻琴!
<あと、1周ですかね。
<えーなんか、すごい難しい。
<すごい難しいんだけど。
<みんな、普通の顔をしてるのが面白い…。(笑)
<いいねぇ〜!
<なんなの、みんな?楽しくなさそうだよね。全然、無表情だっつーの。
<この番組、いっつもカツラ被ってるよね、みんなね。
<3,2,1…
<(カメラアップで)パカパカ〜パカパカ〜(笑)
<終了〜!
ちなみにみなさんこんな格好してました。
あいぼん。(ビン底メガネ・タラコ唇)
道重さん。(泥棒ヒゲ・ピーヒャラ笛)
ガキさん。(紫グラサン・ピーヒャラ笛)
小川さん。(外人メガネ・出っ歯)
のの。(鼻ヒゲメガネ・アフロ付き帽子)
亀井さん。(グラサン・帽子)
田中さん。(グラサン・口ひげ)
<いや、ちょと待って。
<声、でかすぎた。
<早くしよう、じゃあ。
<それではですねぇ、誰がどんな仮装をしていたのか、お姉さんチームに1人ずつ答えてもらいますけど、相談は一切しないでください。
<はい。
答える順番は、矢口・高橋・飯田・石川・紺野・吉澤・藤本。
<矢口にはですねぇ、お子ちゃまチームの…お子ちゃまチームうるさいよ!(笑)お子ちゃまチームの麻琴!
<はい!
<…と、同じ仮装をしてもらいたいと思います。
<はい、分かりました。
<さぁ、麻琴はどんな仮装をしていたのでしょうか?あちらに移動して同じ格好してボックスの中に入ってください。
<はい。行って来ます!
<行ってらっしゃい。
<行ってらっしゃい。
<行って、らっしゃ〜い。
<もうこれ早く行かないとね、忘れちゃうんだよね。
<そうよね、そう、みんな言ってるよ、今。(笑)梨華ちゃん、テンポ遅いね。
<(仮装中、出っ歯を持つ)これ入れんの?え?!ちょ、ちょ、どうやって入んの?!(笑)
<真里っぺ、大丈夫?!
<イケてる?うん、イケてるよ結構。
<オッケー!
<結構、似合うかもしれない。
<矢口の記憶は正しいんでしょうか?正解を発表する、ご対面タイムです。それでは、どうぞ。
<こわーい。この音楽。
やぐっつぁん、正解。
<2番手の高橋には
<はい。
<えーとー、あいぼん!(やぐっつぁんと小川さんがフレームイン)加護さんを当てていただきます。(笑)
<…とねぇ、分からなくなるよ。 …前半聞き取れない。
<そういうこと言うし…。
<はい。それでは高橋は記憶してるんでしょうか?
<うそぉ。
<じゃあ、変装、どうぞ。 …仮装じゃないの?
<じゃ、行ってきまーす!
<行ってらっしゃい。
<そう言えば、コントん時と一緒。 …何が?
<それでは正解を発表する、ご対面タイムです、どうぞ!
たあ、正解。 …あいぼんと2人して、偶然にしても鏡のように同じ仕種するのが面白い。
<あら〜、なんだこれ?(笑)
<2人合わせて〜
<自分の顔、初めて見た感じでしょ?
せーの…あいちゃんず!でーす。(笑)
<はい、ということでありがとうございました。はい、3番目に答えていただくのはかおりんです。大丈夫ですか?記憶力。
<ヤバい!
<ヤバいですか。
<うん。この2人強烈だったから覚えてたんだけど…
<うん、そうですよねぇ。さぁ、どうなんでしょうか?圭織にはですねぇ、ガキさんをあてて、いただきます。
<ガキさん?!特徴があったっけ?!(笑)
<ありましたねぇ、なんか…。
<あった、あった。
<あることをしてましたねぇ。はい、それでは仮装室に入って下さい。
<えぇ…うわぁ…つーか、ごめん。
<ホント?がんばれ!
<えーうそー。
<(口ひげつける)これだったような気がする。
<いいスか?さぁ、果たして圭織の記憶は正しいんでしょうか?正解を発表するご対面タイムです〜。
<あぁ、こわい!えーどうしよーえー。
<どうぞ。
かおり、不正解。ボックスの上からたくさんボールが落ちてきて膝まで埋まる。昔の『王女様を救え!』で使ってたやつですね。 …懐かしい。
<(呆然)…。(笑)
<生きてる?!
<(ヒゲとりつつ)メガネは、あってたんだ。
<メガネはあってた。
<そう、これだったんだね。
引き続き、お姉さんチームが仮装して、お子ちゃまチームが回答します。
<それでは、ハロモニ。仮装パレード、スタート〜!
<(ミキティ通過)誰アレ?
娘。<美貴ちゃん。
<えー分かんない!分かりやす…。
<えー分かんない!ちょ、待って!
<さぁ、2周目ですね、今が。
<(微笑んで、手振る)(笑)
<(たら子な感じ)(笑)
<(笑いつつ)誰だよ…。
<分っかんない!マジ、どうしよ?!
<さぁ、これがラスト1周でーす。
<(やぐっつぁん通過)昆虫がいますねぇ。
<(カメラに長く映るために体を反らす)(笑)
<(たら子な感じ)(笑)
<はい。終了〜!
娘。<えーっ!? …ややパニックなお子ちゃまチーム。
ちなみにみなさんこんな格好してました。
ミキティ。(金髪・目隠し)
やぐっつぁん。(アフロ・グラサン)
かおり。(鼻ヒゲメガネ・アフロ付き帽子) …ののと一緒。
よっすぃ〜。(金髪・目隠し)
紺野さん。(金髪・グラサン) …おじゃマルシェと一緒やん。
梨華ちゃん。(波平ヅラ・ビン底メガネ)
たあ。(銀髪・紫グラサン) …ばややっぽい。
<それでは、誰がどんな仮装をしていたのか、お子ちゃまチームに1人ずつ答えてもらいます。
娘。<今なら大丈夫。 …お子ちゃまチーム相談中。
<じゃあ、ですね、あの答える順番を決めて、こっちから順番に1,2,3,4…
<はい!
<のんちゃん、先。1…1,2…3…
<いいねぇ、麻琴が仕切ってんのが、いいなぁ、なんか。(笑)
<1,2,3,4…(小川さん、指す)
<全然分かんない…。
<4…
<(手挙げる)あぁっ、あぁっ…。
<(道重さん指して)4…
<4…
<(手挙げる)5!5!5!
<5?
<(手挙げる)
<(亀井さん指して)6!(小川さん指して)7!
<え、なんで私、最後?(笑)ヤダ!ヤダよぉ〜!
<大丈夫かな、れいな…。
答える順番は、辻・田中・新垣・道重・加護・亀井・小川。
<はい。それではですねぇ、お子ちゃまチーム1番手の、ののには…えー矢口さんを当ててくださいだって。じゃあ、ののはですねぇ、あの〜さっきの記憶を思い出して、仮装して、ボックスの中に入ってください。
<はい。
<どうぞ、行ってらっしゃい。
<(仮装中)は!ちょっと待って!分かんない!(サングラス交換)こっちだ…
<さぁ、どうでしょうか?準備が出来たらボックスの中に入って下さいねぇ。
<果たして、ののの記憶はどうなんでしょうか?正解を発表するご対面タイムです。どうぞ〜!
のの、正解。
<(ボックスから出てきて)あぶないの〜!
<迷ったんですか?
<迷った。2個あったの。
<ヅラ?これ?
<ヅラもメガネも。続きまして、田中っちです。
<はい。
<石川梨華ちゃんを当ててもらいます。
<はい。
<それでは、どうぞ。出来たら、すぐボックスの中に入って下さいね。さぁ、どうなんでしょうかねぇ。
<(ハゲヅラ1つ被ってもう1つ持って)待って、待って、待って。どっち、これ?え、ホントにこれヤ…だぁー!どー!(笑)
<すーごい面白いね、ヅラを眺めてるの。連帯責任ですからね。
<えーっ!?ちょっと…ちょっと自信無い…ヤバい…。
<(のののしてたサングラスかけてる)さぁ!果たしてですねぇ、田中っちの記憶はどうなんでしょうか?正解を発表するご対面タイムです、どうぞ〜!
田中さん、不正解。
<えっ、違うの?
<違うよ。
<(田中さんボックスから出てきて)迷ってたけど、やっぱりコレだと思った?
<そう、なんかあっちはありえんかなぁと思ったけど、でもよく石川さんを思い出すと、ちょろっとあった気がしたんですよ。
<あぁ。でも結局それかなぁと思った?
<なんか、こっちのコレ(バーコード)につられました。
<あぁ、つられたとか意味が分かりませんけど。(笑)何?
<よっすぃ〜が苦しそうなの。(笑)
<なんか、顔の血、どっかで止まってるよ。ねぇ…
<苦ひい…。
<なんかねぇ、目が…
<はぁはぁしてる。
<目が上の部分しか見えないの。(笑)
<顔、赤いよ。


2回戦 メニューをしっかり言えるかな!?記憶力レストラン
ルールはこんな感じ。
  • 1分間の間にメニュー6品を覚える
  • 7人のうち1人は料理長役
  • メニューを覚える1分間の間に、料理長は相手チームにロープとかでぐるぐる巻きにされる
  • 1分後、料理長のロープとかほどいて救出 …♪恋のロープをほどいちゃダメダメ。
  • 相手チームの指名に応じて一人ずつ料理を運んでメニューに書いてある品名を言う
  • 1チーム1回だけ間違えても他の人があってれば可。
まずは、お姉さんチームから。料理長は、たあ。メニューはイタリアン。
<それでは、暗記タイムスタート。
<えっ?えっ?1分しかない…えぇっ…?!へくしょん!(笑)
<えー、何すんの?何すんの?
<へくしょん!あぁ〜。
<大丈夫ですか?
<うわぁ〜覚えにくいなぁ。
<痛いよ〜お母さん…
<なんだよ、これ。
<痛い、痛い、痛い。
<えーちょっと待って、ヤバい…。
<えーみなさん、何してんの?
<ちょっと、これねぇ、ヤバいかもしんないねぇ。
<痛い。
<巻いちゃえ、巻いちゃえ〜。
<痛いよ〜。
<巻いちゃえ〜。もっと、ないかな〜。まだ、時間はある。
<もうちょっと、ちゃんと巻いて。
<ひどい…ひどすぎる。(笑)
<もうちょっと、ちゃんと…
<♪パ〜ラパ〜
<ちょ、ちょ、ちょ、ちょっと黙っててくれる?!
<安倍さん、邪魔しないで!
<ちょっと黙っててくれる?!
<これは、ちょっと…?ちょっと…?ちょっと…?さぁ、あと?
<かわいいよ、愛ちゃん…。
<3,2,1…終了で〜す!はい、それではお姉さんチーム
<(黒子がメニューしまう)待って!待って!待って!待って!待って!(睨む)
<はい。料理長役の愛ちゃんを急いで助けてあげて下さい。
<早く〜!
<ちょっと、待って!待って!
<助けて。
ということで、たあ救出。その後、お姉さんチームは、全員メニューどおりの品名を言う事が出来て見事クリア。
お子ちゃまチームの方は、料理長はガキさん。メニューは中華。暗記タイムでセット裏に隠れる、のの。ガキさん、救出の際になかなかほどけなくて、包帯を噛み切って救出しようとする、のの。 …こういう時はののが目立つなり。
<お姉さんチームの皆さん、メニューを覚えていないそうな人を…
<はい。
<…を、予想して1品ずつ注文してって下さい。
娘。<はい。
<じゃあ、誰にしますか?
<せーの…
娘。<亀井!
<それでは、前菜は亀ちゃんです。それでは、お願いします。
<(早足でテーブルへ)(笑)
<(お子ちゃまチームに)ダメだよ。ダメだよ。話し合っちゃ、ダメだよ。
<お待たせしました。四川風サラダ…です。
<いいのよ。
<(テーブルに置く)(正解)あぁ、良かった〜!
<誰だ?はい。それでは、正解です。魚料理は誰にしますか?
<せーの…
娘。<麻琴!
<じゃあ、魚料理お願いします。
<(後頭部かきつつ)はい。(ノックするフリ)コンコン。お待たせしましたぁ。(テーブルに置く)えーっと…上海ガニの小籠包でぇごす。(笑)(正解)
<えー!?態度悪い店員だなぁ。
<でぇごすって…何?
<(亀井さんの腕持って跳ねつつ)良かった!良かった!良かった!責任が…。
<でぇごすって何?!
<何ですか、でぇごすって?
<(何でもない)もう緊張しちゃって…
<小籠包でぇごす。
<で、でぇごす。(笑)
<続いてはですねぇ、スープは誰にしますか?
娘。<せーの、あいぼん!
<亜依ちゃん。 …ここらへん、まだ弱いところ。
<えぇっ!?
<あいぼーん。
<すごい、顔したよ、今。(笑)
<お待たせしました。ふんわり玉子のスープです。(テーブルに置く)(正解)きゃー!(元の場所に戻ろうとする)あぁ〜!(正解した方に行く)
<はい。続いて肉料理ですけど、誰にしますか?
娘。<せーの、田中!
<…ちゃん。
<うわ〜。
<田中ちゃん。
<んと…お待たせしました。えー肉料理の…カリカリ北京ダック…です。(テーブルに置く)(正解)(飛び跳ねて喜ぶ)
<(田中さんの動きが)めっちゃ、恐る恐るなんだけどー。
<はい。続いて、御飯は誰にしますか?
(抱き合って待つ)
<ね、すっごいね、美貴の顔を見て…。
娘。<せーの、辻!のの!
<じゃあ、のの。
<(テーブルに突っ伏す)のの、ホント分かんない…。(笑)
<はやく、はやく。
<早く、待ってるよ。
<(そろーり)
<遅いよ、店員さん。遅いよ。
<まだですかー。
<遅いんですけど。注文したんですけど。
<テンインサーン? …何故か、外国なまり。
<早く、行け。
<(後ろに片足あげて静止)(笑)
<そんな店員、絶対そんなウエイター、ヤダよね。
<ヤダ、なんか急に踊りだしちゃうとかね。
<(テーブルの料理さして)これどこの名産物だった?(笑)
<ヤヤヤヤヤ…。
<ごめんね!
<なんで質問なの?
<(テーブルに置く)上海の…ちょっ…待って。(笑)黄金チャーハンです。(不正解)(笑)
<イエーイ!
1回だけなら誤射かもしれないリトライOKということで、道重さんが挑戦。
<さゆ、がんばれ!
<大丈夫。
<炎の…
<あ!
<黄金チャーハンです。(テーブルに置く)(正解)あぁー!(くるくる)
<のの言うの?よし!
<あ、ののだ。よしって言ってるけど大丈夫かな?
<(舌出しながら歩いてきて)えーと…杏仁豆腐マンゴーソースかけ!です。(正解)きゃー!
ということで、両チームともお題クリア。


エンディング
記憶力レストランで出てきたティラミスと杏仁豆腐がご褒美。
<さぁ、みなさん。今日の記憶力ゲーム、どうでした?
<緊張しました! …最近、エンディングでよくしゃべる。
<うそ?
<もうダメ…。
<もう足がプルプルプルプル…。
<プレッシャー。
<やっぱりみんなこう連帯責任系とかさぁ、覚える系とかってのはさぁ…
娘。<ヤダ…。
<しびれるでしょう?
<体に悪い!


今日のごっちん


よっすぃ〜悪魔を退治。ついでに姐さんも撃沈。 …真面目に演じてる分、尚更おもろい。

2004/04/25

<さぁ、みなさん!もうすぐゴールデンウィークですね。
娘。<はい!
<はぁい。春の暖かい日差しの中外に出て色んなものをスケッチするのもいかもしれませんよねぇ〜。
<おぉ、なるほど。
<はい。そこで今日のハロモニ。は!新画伯を探せ!えっ?!何の絵、描いてんの〜っ!?(拍手)
<新画伯。
<(イジケ顔)
<はぁい。あらかじめ、皆さんには得意なジャンルの絵を描いてもらってます。
<はい。
娘。<はーい。
<描いた。
<じゃあ、圭織チームから。はい。じゃあ、一斉にフリップオープン!
飯田チーム …カッコ書きは自分の得意ジャンル。
  • 飯田=犬(いぬ)
  • 石川=いつものうさちゃん(動物)
  • 加護=ロケットから自分の顔出てる絵(ロケット(星))
  • 高橋=いつもの女の子(女の子)
  • 新垣=そらまめっぽいキャラクター(おまめ)
  • 道重=象、かたつむり、ハムスター(生き物)
  • 藤本=犬(動物)
<なんか、色つきでいい感じに出来たんですよ。(笑)
<えっ?ちょっと待って下さい。かたつむりの横は何ですか、それ?
<これハムスターなんですけど。
<あ、なんでピンクなの?
<ほっぺたが…。
<(笑いつつ)赤いのなんで?
<ハムスターに模様ってあるじゃないですか。
<あぁ、でも何で赤なの?
<…な〜んでですかねぇ?(笑)
<そうですかぁ。(ミキティに)上出来ですか?
<上出来です。もちろんです。常にですよ。
<よく描くんですか?
<(笑いつつ)常に…。
<(首傾げつつ)いや、あんまり絵は…絵はあんまり描かない…。(笑)
<知ってます。はい、続きまして矢口チームです。
<はい。
<はい。じゃあ、オープン、みんな。
矢口チーム
  • 矢口=デフォルメした自分?(メッセージ)
  • 吉澤=抽象画っぽい感じで色々(らくがき)
  • 辻 =あいぼんの似顔絵(あいぼん)
  • 小川=いつもの似顔絵(オリジナルキャラ)
  • 紺野=ハートと人(絵文字)
  • 田中=顔(マンガ)
  • 亀井=チューリップ(お花)
<ちょっと待って。あんまり触れたくないんですけど…
<なんで?なんで?なんで?
<吉澤さん。
<なんで?なんで?なんで?
<すっごーい!
一様に驚く娘。さんたち。
<これは、落書き。
<すごいね、吉子!
<よっちゃん、絵、上手だね。
<お花でーす。
<わぁー。幼稚園児ですか?(笑)
<すごいなぁ。
<あなたいくちゅですか?それはなんですか?
<15歳です。
<あ、15歳でしゅか。(笑)はい。ということで、みなさんの絵を見せていただきましたが、今回ですねぇ、負けたチームの中から最も絵で足を引張ったと思われる人…
娘。<はい。
<…にはですねぇ、なんと圭ちゃんが卒業して今空いてる新画伯、その称号をプレゼントしたいと思いますので頑張って下さい。
娘。<えぇ〜!?
<やっぱり、こう圭ちゃんがいなくなってから画伯と呼ばれる人がいなくなったじゃない?(ミキティの方見て)ま、ちょっと…(タイトルコール)
そんなわけで、それぞれのチームの並び方からしてアレですが、みんなで絵を描いてそれが何の絵かを当てるだけっちゃーだけです。
  • チームのうち、1人が解答者
  • 相手チームが、お題を引く
  • お題のとおりの絵を描く(制限時間30秒)
  • 相手チームは1人ずつ絵が分かりにくそうな人から指名していく
  • 解答者がその絵を見てお題を当てる
  • 1人目で正解すると10ポイント、2人目で5ポイント、以下1ポイントずつ減ってく

1回戦 飯田チーム
解答者は、かおりです。
<飯田さん、ひと言。
<メンバーの、気持ちを、理解していきたいなって、思います。
<おぉ〜。
お題はキャラクター(仮面ライダー・ピカチュウ・ドラえもん・キン肉マン)から1つ選ぶ
<さぁ、矢口チームはどんなお題をオーダーしたのでしょうか、見てみましょう。こちらです、ダン。
お題 :仮面ライダー
娘。<えーっ!?
<ちょと待って。
<なるほど。
<何、そのリアクション?(笑)
<えーっ?
<ちょっと待ってよ!難しいよ!
<多分、これ見たことない人も…
<描いた事なーい!
<え、分かりやすく…(柵揺らす)
<それでは、飯田チームの画伯の皆さんは、お題の絵を描いてくださ〜い!どうぞ。
<えー?!分かりやすく…。
<見たことないって!こんなの。
<(残り20秒)でも、ポイントを掴めば。
<(残り15秒)分かんない…。
<(残り13秒)あ、ちょっとうまいかもしんない!
<(残り10秒)それ言ったら、うちら選ぶんだから…こっちが選べるんだって。
<終了!緊張しますか?
<緊張する〜。なんかみんなのリアクションがね、怖かったの。(笑)
<大丈夫、かおりんの想像力で。
<全然分かんなかった…。
<分かった。OK。
<はぁい。さぁ、画伯の皆さんは一体何の絵を描いたんでしょうか〜?矢口チームの皆さん、誰の絵からオープンしますか?
<じゃあ、せーの…
娘。<ガキさ〜ん!
<はぁ…ほぇ〜!(笑)
<さぁ、ガキさん…。それでは、新垣画伯の絵、オープン。
<え、何これ?(笑)
<え、お願い、ホントに…。
<えっ?
<(道重さんのスカート押さえる)
<イメージでしか、描いてないんですよ。(何か言われたらしい)ホントですか?
<さぁ、新垣画伯は何の絵を描いたんでしょうか〜?
<分かる?
<え…?パッと閃いたのは、多分、ガキさん生まれてないと思うんだけど、仮面ライダー?(正解)うそー!?やったー!(拍手)
<分かったのー!?
<今のうまかったよねぇ。
<オッケーです。ということで、10ポイント獲得なんですが、ガキさん!知ってたの?
<仮面ライダーって、どんなでしたっけ?(笑)
<やー、見たことなくって…。
<騙したな、ガキさん。
<違いますよ、そんな!
<ズバリ描けたと思ってたのに分からないって言ったな、ガキさん。
<イメージでねぇ、描いたんですよ。
<くそ〜。
<イメージで…。
<なるほど。
<特長掴んでた。
<そうよねぇ。
<良かった。
<すごーい。
<それではですねぇ、ガキさん以外のみんなの絵も見ていきましょう。
<違うよね、コレ。 …描いてる途中のは、ウルトラマンぽかった。
娘。<(あいぼんの絵)カワイイ!カワイイ! …口が描いてある。パッと見、上島竜兵。
<パーマンみたい、パーマン。



<何これ?
<(たあの絵)恐いです!見てください!(笑)こんなの正義の味方じゃないです!仮面ライダーって正義の味方だよねぇ?こんなの助けにこられても困る〜!(笑)
<ジェイソンだよ、ジェイソン。
<スパイダーマンだよねぇ。
<ヤダ〜、逃げちゃうよぉ。何これぇ?
<分かんなかったぁ…。
<はい、問題児きましたよー。(笑)
<カメのさぁ…
<問題児きました。
<全然分かんないねぇ。
<はい、ヤバいですねぇ、これ。すごいなぁ、これ。あやしい笑いですよね、これ。ちょっとね。
 …矢口チームではミュータント・タートルズ説あり。
<藤本、意外とイケてんの。
<さぁ、藤本…
<(Vサイン)
<イケてんじゃ〜ん。
<これ、でもちょっと昆虫ですよねぇ。 …もともとバッタとかからのイメージですから。
<私でもこれ見ても分かんなかったよ。
<あ、でも分かるかも。
<うそ〜?!
<ガキさんが、でも1番うまかったんだよ。
<でしょ!
<やったー!
<ガキさーん!分かんないって言ったのに〜!
<分かんなかったんですよ!でもねぇ…
<はい。ということでですねぇ…
<イエーイ!
<飯田チームは10ポイント獲得でしたぁ。(拍手)
<ヤバい…おいら1発で当てなきゃ。


1回戦 矢口チーム
<さぁ、矢口チームの第1回戦目です。絵を当てる代表さ…しゃは、リーダの矢口真里さんです!(拍手)
<(敬礼しつつ)代表さです。(笑)よろしくお願いします。
<矢口さん、どうですか?
<はい。
<緊張してますか?
<や、おいら結構、勘がですねぇ、いい方なので…
<はい。
<あの圭織チームがですねぇ、10ポイントも入ってしまったんで…
<ねぇ!
<えー1回戦で当てたいと思います。
<はぁい、分かりました。
<はい!
お題は有名建造物(自由の女神・国会議事堂・大仏・モアイ像)から1つ選ぶ
<さぁ、飯田チームはどんなお題をオーダーしたのでしょうか、見てみましょう。こちらです。
お題 :モアイ像
娘。<えっ?!
<ヤバいなぁ、なっち。言いそうになった。(笑)
<気をつけてよ!
<どうやって描けばいいの?
<こちらでございますね。
<どうやって描けばいいの?
<じゃあ、相談しないで下さいね。
<頑張ってね!
<では、矢口チームの画伯のみなさんはお題の絵を描いてください、どうぞ。
<(残り29秒)どんなんだっけ?
<(残り28秒)待ってよ、待ってよ、待ってよ。
<(残り26秒)どんなの?
<(残り20秒)あ〜これ緊張する〜、ホントに。(残り10秒)新しい音楽だね。(残り7秒)あ、あせった音楽になった。
<5秒前です。
<えー分かんない。
<みんな頑張れ!みんな頑張るんだ。
<何コレ?絶対分かんねー!
<終了!
<さぁ、飯田チームのみなさん、誰の絵からオープンしますか?
娘。<せーの、ののちゃん!
<ちょーっと、待って!
<いいですか?
<いいですよ!
<(笑いつつ)あ、気合満々ですね。
<行きますよ。
<それでは、辻画伯の絵、オープンです。
<はっ?!何これ?何これ?
<違う?!(笑)
<(のの頭叩くフリ)
<(避けつつ)違う!?
<何それ!?何それ!?何それ!?(笑)
<さぁ、辻画伯は何の絵を一体描いたんでしょうか?
<はっ?!
<これちなみに答えると10ポイントですけど…。
<それさぁ、今のさぁ、違う局のキャラクターじゃないよね?!(笑) …NHKBS。
<違う!違います!あの、ん〜〜に、ん〜〜くん…
<違うね。違うね。
<ん〜〜くんではないです。 …どーもくん。
<すごいそっくりだったんだけど、今。(笑)
<なっちも思いました、今。
<えっ!?ちょっと待って!何それ!?何それ!?分かんないよ〜!(笑)えーっとね、いい…いいですか?分かんない、パイナップル…?(不正解)えー?!何、今の〜!?
<じゃあ、続いて飯田チーム、誰の絵をオープンしますか?
<次?せーの…
娘。<亀井ちゃん。
<はーい。
<えー!絶対、ダメだ〜!(笑)
<じゃあ…
<絶対だとかなんとか。
<亀井画伯の絵を…
<絶対ダメだ、多分。
<オープン。
<(自分の絵が映って突っ伏す)(笑)
<何それ!?もう、ヤダァ〜!
<それでは今の絵が何の絵か、お答えください。
<ちょっと待って。ホントにさっきの絵と、ばって全く違うじゃないですか〜。(笑)
<まぁね…ひとつなんですけどねぇ、お題はねぇ。
<えー何、今の!?
<でも実在するものですよ…ちゃんと…ね。
<いいですか?…ムック…?(笑)(不正解)
<弱っ。弱っ。さぁ…
<違う。さっき、さっきの形と、こう…もじゃもじゃしてたのとでムックかなぁって。
<他局のキャラクターじゃんじゃか出てきてますけど。(笑)
<ヤダもう!
<ね…
<分かる人いないの、誰か。ねぇ?
<さぁ、続いては誰にしますか?
<ちっとヤバい。どんどん得点が減ってくよ!
<せーの…
娘。<よっすぃ〜。吉澤さん。
<えーっ!?
<さぁ…ねぇ、もう何か矢口いじめみたいですけど…
<あぁ〜もうヤッバ…ホント分かんないよぉ…。
<よっちゃん、大丈夫そうですかねぇ?
<これは…
<それでは、吉澤画伯の絵、オープンです。
<これ、なんなの?一体…。
娘。<(よっすぃ〜の絵が映って)えぇ〜っ!?(笑)
<(手で否定)逆!逆、逆、逆、逆、逆、逆!(手で角度かえつつ)こう、こう、こう!今の逆、逆!
<(頭押さえつつ)あぁ〜、もうヤダァ〜!
<もう分かりましたか?
<(泣きが入りつつ)分かんないよ!(笑)
<いいよ。
<(早口で)恐竜。(不正解)
<何だ、それぇ?
<なんか怪物っぽいイメージがある…。
<さぁ、これはねぇ…
<えー、ちょっと待って!ホント分かんないって!
<多分、みんなねぇ、このモノを知らない気がしてきた、なっち。
娘。<知ってる。絶対知ってる。 …飯田チームから。まぁ、渋谷にもあるっちゃーあるし。
<知ってる?知ってるのに、どうしてこんな絵なんだよ、みんな。あははは…。
<ちょっと待って。ホント分かんないって…。
<じゃあ、次に期待したいと思います。次は誰?誰?誰にしますか?
<せーの…
娘。<田中。
<はい。それではですねぇ、田中画伯の絵、オープン。
<(田中さんの絵、映って)えーっ!?
<近い!近い!
<あぁ…。
<みんな、近い、近いって言っちゃダメじゃん。(笑)
<これ分かった、分かったよ。
<ちょっと視聴者になっちゃダメじゃん。(笑)
<あっそうか。
<近い!近い!…高橋?あ、あいぼん?大丈夫?2人とも。
<すみません…。
<すいません。
<2人ともダメですよ。あ、近い!近い!(笑)ダメですよ、今。(手でバツ)ダメです。
<はい。分かりました。
<はい。じゃあ、矢口。
<いいですか?
<何の絵か言って下さい。
<モアイ像。(正解)(拍手)ちょっと、亀井ちゃ〜ん!亀井ちゃん、人、描かないでよ!(笑)
<さぁ、正解なんですけど、ここで矢口は3ポイント。矢口チームは。
<あぁ〜!これは別においらが悪いわけじゃないよね?(笑)
<じゃあ、全員にフリップを見せてもらいましょう。一斉にオープン!
<あっ!麻琴、かわいい。
<はい。でも1番怖いのねぇ、あさ美ちゃんだと思うよ。なんか出てるもん。
<顔が企んでるもん。
<何?!
<あさ美ちゃん…
<やーちょっとこれー矢口チーム危険ですよー。
<危険ですねぇ。10ポイントと3ポイントは大きな差ですよ、リーダー。
<ヤバいですよ。
<ヤバいですねぇ、はい。


2回戦 飯田チーム
<さぁー!続いては飯田チームの2回戦目です。絵を当てる代表者は梨華ちゃんです。
<(手あげる)はい!よろしくお願いします。(拍手)
<最近白くなったの?
<なはっ!(オホホな感じで頬に手添える)え、美白ですもの。(笑)
<あは!そうですか。
<オホホ。
<えーと、(オホホポーズ)この意味が分かりませんけど…。
<あのー冬なんでね、まだ。
 …もう4月も終わってしましました。
<はい。
<夏に向けてまた、こんがり来ると思いますが。
<あはは。そうですか。
<はい。今、休憩中です。
<分かりましたー。
<はい。
<(オホホポーズ)それではですね、矢口チームはですね(笑)お題候補のカードを引いてください。
お題はキャラクター(ウルトラマン・ルパン三世・鉄腕アトム・コロ助)から1つ選ぶ
<ということで矢口チームはどんなお題をオーダーしたのでしょうか、見てみましょう。こちらでございます。
お題 :ルパン三世
<なぁ〜ん…。 …なんか、モノマネしそうになってた。
娘。<えーっ!?
<あぁ゛〜!どうしよ…。
<なぁ〜るほど。ではですね、飯田チームの画伯のみなさんは、お題の絵を描いて下さーい、どうじょ〜。
<(腕組んで)大丈夫かなぁ…。大丈夫かなぁ…。 …テレビのこと考えるようになったね。
<(残り21秒)でも今のところ…ね、圭織チームがリードなんで、みなさんそのまんま頑張って下さい。
<(残り13秒)亀井ちゃ〜ん…
<なんですか?
<なんで人描いたんだよ。(笑)
<(残り6秒)さぁ、10秒前です。もう切りました。
<うっそー?!
<待ってぇ!
<2,1,0!はい終了で〜す!
<ちょっと…!
<さぁ、矢口チームのみなさん!誰の絵からオープンしますか?
<せーの…
娘。<シゲさん!
<…。 …参加しようよ。
<ダメだってぇ…。
<さぁ、ということで
<えっ…。
<しっかり目に焼き付けて…
<はい。
<見て下さい。
<はい。
<はい。それでは〜、どうぞ。
<はい。
娘。<えー!?(笑)
<誰だコレ?
<こういうイメージですよね? …ちっとも。
<違う、誰?!
そんな感じで娘。さんから総攻撃を受ける、道重さん。っていうか、ドサクサにまぎれて「ルパンだよね?」とか言っちゃってる人がいますけど。
<(キョトン)え、待って。普通に分かったよ。
<ちょっと待って。普通に分かったっていうあなたもおかしいよ。
<えっ?
<分かんないよー。
<分かったよ。
<さぁ、道重画伯は何の絵を描いたんでしょうか?
<ガリバー。(不正解)えっ…?
<何でそんな自信持ってんの?!すごいな…。
<えっ?だって、大きくて、こうやって(両手広げる)貼り付けられてたじゃん。
<まぁ、そうね。そうだよね。
<だからって、そこまで…。 …軽く凹む、道重さん。
<はい。続きまして…。
<せーの…
娘。<愛ちゃん!高橋!高橋さん!
<(ビックリ)えっ…。
<オーケー。それでは高橋画伯の絵、オープン。
<(絵が横になってるのを指差して)おい!(笑)
<(手ぶりを入れつつ)縦にして下さい!
<これはすごいなぁ。顔だけでしたねぇ。
<えっ…?
<しかも横だったよね。
<さぁ、寝てましたけどもー、じゃあ、何の絵を描いたのか答えてください!
<ルパン三世?
<あーっ!
娘。<わー!(拍手)
<(正解)あ!あ!
<素晴らしいです。飯田チームにはですねぇ、なんと5ポイント、2人目で答えたので。(拍手)
<ちょっと、うまいんだよ、みんな多分。
<っていうか、シゲさんの、あれルパンなの?
<さぁ、ではですね、全員の絵を見てみましょう。一斉にフリップオープン。
<あーでも新垣さん、うまい。 …ちゃんと映してくれなかったけどね。
<でもガキさんの分かんない。(笑)
<(かおりの見て)あ、分かる、分かる。


<あーでも、これってシンちゃんみたい。(笑)
<(笑)藤本!藤本!
<ミキティ。それ、花輪君だよ。
<えー?!見たことあるよね、ルパン。
<違う。あの、(髪を片方手で隠して)ここまで描いて時、イケてんじゃん!て思ったら…
<いや、イケてないし…。
<(手をどけて)あーっ!みたいな。
<なんか、のべーっとしてるよ。
<あいぼんのも、あーちょっと分かる。
<あいぼんのちょっと角刈り…。(笑)あの…これ、兄貴…これ、兄貴って感じですけど。
<だって!目、描こうとしたら持って行かれたんだもん!
<(笑いつつ)別にそんなさ、一生懸命塗りつぶさなくてもいいじゃん。
<まず、輪郭から入ったあいぼんの気持ちがでもよく分かる。


2回戦 矢口チーム
解答者は、よっすぃ〜。
<よっちゃん…大丈夫かぁ?
<大丈夫、大丈夫。
<オーケー。
<分かってるから。(笑)
<分かってんだ。もう分かってんだ。早いなぁ、おい。
お題を選択するカードを引くときに他のカードは落とすは、そっから戻るのに焦って駆け足になるは、ある意味、いつも通りのたあが選んだ、お題は乗り物(F−1マシン・スペースシャトル・新幹線・消防車)。
<さぁ、飯田チームはどんなお題をオーダーしたのでしょうか、早速見てみましょう、どうぞ。
お題 :消防車
<え〜?
<えっ?
<えぇっ!?
<なるほど。多分これは誰もが目にしたことがあるものだと思います。それでは矢口チームの画伯のみなさん、お絵かき、どうぞー。
<(残り22秒)結構時間ないからね、みんな。(残り8秒)あ、10秒前です。4,2,2,0!はい、終わりです。さぁ、飯田チームの皆さんは誰の…オープンしますか?
娘。<せーの、亀井ちゃん。
<卑怯だよー!(笑)
<え、でも大丈夫。
<大丈夫?!
<大丈夫です。
<それではですねぇ、こちらのモニターに5秒間だけ画伯の絵が出ます。どうぞ!
<ねぇ?(タイヤが)なんで3つなんだろう?
<どうですか、よっちゃん。
<分かったよ。
<ホント?!
<バッチグー、バッチグー。
<おっ!
<え、ちょっと待ってね。えーアレはアレだから…言っていい?言っていい?
<いいよ。
<消防車。(拍手)(正解)
<(田中さんと手合わせて)やったぁ。
<良かったぁ。
<いいぞ!
<正解でございます。10ポイント獲得です。(拍手)
<(亀井さんの手掴んであげる)10ポイントだって!やったぁ!
<やったぁ。
<何で?何で分かったの?
<すごい。すごい。
<やったぁ。
<あ、だってほら、色々車についてたじゃない?柱とか、はしごとか…
<そうです!
<それではですねぇ、全員の絵を見てみましょう、オープン!
<あ、うまいねぇ、みんな。
<紺野のにすれば良かったなぁ。
<ね、分かんないね。
<こんこん、すごい…。
<矢口さんの1番分かりやすいよね。
<これ、うまーい。
<これちょっとすごくない?
<火がある。分かりやすい。
<そうだよね、矢口ね。
娘。<分かりやすい。
<なるほど。
<(Vサイン)
<小学校の時、やったよね?
<え?避難訓練?
<ううん。消防車の絵を描くの。
<ホント?!
<描いたぁ…。
<の…のん優勝したんだよ。
<優勝したんだ。(笑)
<優勝作品がこちらでございまーす。
<(フリップ持って)えーっと、優勝したののでーす。(笑)
<優勝した絵です。
<優勝したの!
<こんなにレベルが下がるんですね。
<賞状ももらったもん。
<そうですか。ホントかは、誰も信じてないと思いますけど。(笑) …ウソつく必要がないとこですけど。


3回戦 飯田チーム
代表者は、あいぼんです。
<あいぼん、自信はどうですか?
<フへへ…ハハ!
<なんだそれ?!
お題は、動物(カメレオン、ゴリラ、カンガルー、ザリガニ)から1つ選ぶ。
<ちょっと待って下さい。この子、今…これ終わったらさぁ、なんかさぁ、食べもんとか出てくんの?(笑)(あいぼんの襟掴んで)これは悪い子ですよ。みんなねぇ、ゲームやったらね、ご褒美Wをもらえるなんて、大間違いでございますよー!(笑)ねぇ、分かりましたか?!
<じゃ、無いんだ。
<分かんないよ。なんかあるかもしんない。はい、じゃあ、見ましょう、どうぞ!おっ!なんか…
お題 :ザリガニ
<な〜に?
<じゃあ、飯田チームの画伯のみなさんは、お絵かき、ど〜ぞ。
<(残り23秒)あ、むずいわ、これ!
<結構時間が無いですからねぇ。
<かおりんで、むずいってどうなの?
<(残り8秒)はい、10秒前でーす。(時間切れ)終了!
<さぁ!矢口チームの皆さん!
<はい!
<誰の絵からオープンしますか?
<じゃあ、さっきあの〜すごい絵を見せてくれました、せーの…
娘。<美貴ちゃん!ミキティ!
<えー!?美貴ちゃん、分かんないよー!
<(鼻すする)いや、いい感じよ。(笑)
<いい感じと言ってますけど…
<今回は、いい感じよ。
<じゃあ、藤本画伯の絵が…ただいまより5秒間出ますので、答えて下さいね。
<はい…。
<分かりましたね。はい、それでは、どうぞ!
娘。<おぉ。
<え、どっち!?
<うまいでしょ!うまいでしょ!どっちとかないんだよ!(笑)
<(ミキティの背中、ポンポン)
<どっち〜?!
<赤いよね?赤いよね?
娘。<お〜。
<ダメだよ。ダメだよ。教えちゃ。
<よし…行きます。
<分かっちゃうよ、多分。
<行きます!
<いいよ。
<ザリガニ!(正解)(拍手)
<正解ですー。
<マジで?
<なんか、うれしいなぁ。
<じゃあですねぇ…ちょっと圭織の悪ですよねぇ、これねぇ。
<あたし、ちょっとヤバいよねぇ。(笑)
<シゲさんのが…
<シゲさんの気持ち悪い。(笑)
<(かおりの絵さして)この絵に限って、ヤバい。
<シゲさんの気持ち悪い。
<どれ、シゲさん?うわぁ〜キモ!
ということで、またもや総攻撃を受けてしまった、シゲさん。
<でも、藤本なかなか特徴はね、掴んでますね。
<うまかった。
<うまいですよねぇ?ほら!
<なるほど。ということで、10ポイント獲得になりまーす。(拍手)
…ということで、飯田チームの勝利が確定したらしいです。


3回戦 矢口チーム
<さぁ、矢口チームのですねぇ、最終戦に参りたいと思いますー。絵をたてる…代表者はですねぇ、なんと、ののです。
<(ラキィ!みたいな感じのガッツポーズ)
<何それ?
<分かんない。
<何今の、今。
<何今の?大丈夫、のの?どうですか、今日は?
<あ〜もう!今日、頭使い過ぎ〜!(笑)
<そんな2本録りとか言っちゃダメだよ〜! …バラしてるの、あなたですけど。なっち天使!
<はっ!
<ダメだよ。夢壊すじゃ〜ん。
<(やり直しのつもりらしい)え、のの、今日は絶好調ですか?
<大、絶好調です。(笑)
<そうですか。いい感じですねぇ。
お題は、有名人物(小泉首相・聖徳太子・テツandトモ・アントニオ猪木)から1つ選ぶ。小泉首相=ガキさん、聖徳太子=たあ、テツandトモ=紺野さん、アントニオ猪木=小川さん?
<さぁ、飯田チームはどんなお題をオーダーしたのでしょうか、それでは見てみましょう、どうぞ。
お題 :テツandトモ
<えぇ〜っ?!
<のの、分か…知ってるかな?
<なるほど。
<分かるよ。
<ではですねぇ、矢口チームの画伯の皆さんは、お題の絵を描いてくださーい、どうぞ!
<(柵揺らしつつ)なんか後ろ向いちゃダメって言われると難しくてしょうがなーい。
<暴れんじゃねーよ!暴れんじゃねーよ!ここなんだよ、ポジションは。(残り15秒)さぁ、時間は短いですからねぇ。最終戦ですよ。みなさん気合を入れて絵を描いて下さーい。(残り8秒)さぁ、10秒前です。5,4,3,2,1,キャー!終わりです。うるさいよね。
<なんだこりゃ! …カットされてて良く分からん。
<さぁ、飯田チームのみなさん。誰の絵からオープン致しますかー?
<せーの…
娘。<紺野!こんこーん!こんちゃん!
<じゃあ、こんこん画伯…こんこん画伯って面白いなぁ!(笑)それでは、こんこん画伯の絵をオープン!5秒間だからね。
<どうしよ…。
<オープン!
<(見終わって)人?
<どうぞ。
<いいの?
<うん。
<行くよ。ケイン・コスギさん。(不正解)
<え、2人いたよね!?
<2人いたの!?
<なんでだよ!?
<さぁ…アホですねぇ。せつないです。
<なんでだよ…?!
<さぁ、次は誰をオープンしますか?
<お前は面白すぎるよ…。
<誰を見てケイン・コスギと…
<なんか、しょってたもーん!
<全然分かんない。
<お前は面白すぎだよ…。
<ののの目の付け所が全然分かんない。(笑)誰にしますか?
<せーの…
娘。<麻琴!小川さん。まこっちゃん!
<はい。じゃあ、麻琴の絵…
<(Vサイン)
<麻琴画伯の絵をオープン。
<おぉーっ!(笑)もういいよ。
<もういいって、ややや、5秒間出してくれてるのに…。(笑)もういいよだって。じゃあ、答えてください。
<(例の手つきしつつ)テツandトモさん!(正解)(拍手)
<正解ですー!
<あぁ〜良かったぁ〜。
<なんで?なんで1番最初、ケイン・コスギさんだったの?(笑)意味分かんないし、のの。
<なーんかさー、横にさー、ショルダーバッグみたいのが…
<あ、それが、見え…て…なんでケイン・コスギなの?(笑)
<(手でギザギザしつつ)髪型がこんなんで…。
<なるほどね。じゃあ、他の人の絵も見てみたいですよねー。
娘。<はい。
<今のは分かったなぁ。
<じゃあ、みなさん、どうぞ。ちょっと…矢口も結構微妙だけど…(笑)
<え?でも分かるでしょう?
<分かる。
<まこっちゃん、うまいねぇ。
<麻琴うまい。
<(やぐっつぁん、よっすぃ〜、小川さんの絵指して)分かる、分かる、分かる…
<亀井ちゃん、やっぱり分かんない!(笑)
<亀井すごいねぇ。
<あぁ、ヤバいねぇ。
<なんとなくは分かるねぇ。
<でも、みんなでも今回はすごい…
<でもみんな手がクロスしてるね。
<ちゃんとこう…ねぇ。


エンディング
結果は飯田チームの勝利、矢口チームの負けということで、矢口チームから新画伯を決定。自分が新画伯にならずに済んだのがよっぽど嬉しかったのか、ミキティが1人踊ってる中、ある意味予想通り、亀井さんが新画伯に。 …個人的には紺野さんの方があやしい感じでしたけど。
新画伯に選ばれた亀井さんには画伯グッズをプレゼント。ただし、それを使って居残りの絵のお勉強ということで、ハロモニ。出演者の中で1番かわいい人を描く事に。
みんなが、スタジオを後にする中、残される亀井さん。
<じゃあねぇ、安倍さん、帰るみたいで…。
<待って下さい!あと、ちょっとで終わるんで。
<うん。だから、居残りだから…じゃあ、なっちも帰る。(笑)
<ヤダー!ヤダ!ヤダ!ヤダ…!
<じゃあ、亀ちゃん、頑張ってねー。
<ヤです!ヤです!ヤです!
<じゃあね、亀ちゃん。(スタスタスタ)一人で。
<えっ?!ヤダよぉ。
<多分ね、このスタジオさんとかも片付け出すと思うけど…。
<ヤダー!
<頑張って。居残りだから。
<ヤダ!ヤダ!
<じゃあね、亀ちゃん。(スタスタスタ)
<あぁ…いいもん!
<(カメラに手振って帰る)(笑)
<えっ?!ホントに?!ホントに絵里1人ぼっち?
スタッフ、セットの撤収開始。慌てる、亀井さん。とりあえず、描き終わる。
<モーニング娘。で1番かわいいのは、すいません、あたしです。(笑)
<ごめんなさい、私です。私です。
<ごめんなさい。私です。(笑)
<(突っ伏す)
スタッフ<はい、オッケーでーす!

サイトトップへ戻る


Read Me Japan!