2004/12/05

<(梨華ちゃんとガキさんと談笑)だから、そこ…の…
(なんか話してる)
<あはっ。うっせーお前のは聞いてねーよ。フフフ…。
<あはは…。聞いてねぇんだよ、バカ。
<ねぇねぇ、「い」消していい、これ?「い」消していい?
<貝と貝、あ…
<(テーブル、バンバン!)先生来ましたよ!
<あ、先生来た!
<先生来たよ。
<先生来たよ。
<起立!気をつけ!礼! …今日の日直は道重さん。
娘。<おはよーございまーす。
<はい、おはようございます。そ… …この番組は2004年11月17日に収録されたものです。
<着席。
<はい。着席してください。(笑) …着席忘れてたっぽい。
席順は1列目、田中さん、道重さん、亀井さん。2列目、かおり、やぐっつぁん、ミキティ。3列目、よっすぃ〜、紺野さん、梨華ちゃん。4列目、小川さん、ガキさん、たあ。
<はい、みなさん揃ってますね、今日もね。
娘。<はい!
<元気ですね。
娘。<はい!
<さーて、このハロモニ。アカデミーも、なんと第4回目の講義となりましたが、みなさん、今までの講義はですねぇ、覚えて身についてますか?
<マーフィー岡田さん。
<プロショッパーの、ねぇ。
<全部買いました。(笑)
<アレは、すごかったですねぇ。
<買ったんですか、飯田さん?
<はい。
娘。<おーっ!
<はい、すっごいねぇ、便利ですねぇ。(笑)
<便利ですか?さぁ、今日の講義はですねぇ…
<はい。
<(黒板にでっかく書く)
娘。<悲…しい…とき?
<今日の講義はですねぇ、みなさんで言って下さい。せーの!
娘。<悲しいとき!
<悲しいとき〜と言えば、こちらの方たちです。どうぞ!(拍手)
ということで、『どけどけどけ!』やりながら、いつもここから登場。
山田<どうも、いつもここからです。お願いします。
菊地<お願いします。
娘。<よろしくお願いしまーす。
<それではですねぇ、早速まずはここでお手本を見せてもらおうかなと思うんですけども…
菊地<はい。
<いいですか、早速?
山田<もう、やっていいですか?じゃあ、やらせてもらって…
菊地<はい。よろしくお願いします。
<ちょっと…生でみるの初めての子が…
<はい。
<ほとんどだよねぇ。
<初めて。
<初めて。
<ねぇ、初めてだよねぇ。
お手本
<(BGMがかかる)わー、この…
<悲しい曲だね
教室に改めて入りなおす、いつもここからの2人。
<そんな端っこで?そんな端っこで?
山田<悲しいときー!
菊地<悲しいときー!
山田<誰かが死んだときー!
菊地<悲しいときー!(遺影)誰かが死んだときー!
山田<悲しいときー!
菊地<悲しいときー!
山田<疲れると右目だけ二重になる人を見たときー!(笑)
菊地<悲しいときー!(片目だけ二重)疲れると右目だけ二重になる人を見たときー!
山田<悲しいときー!
菊地<悲しいときー!
山田<唇が荒れて手加減して笑ってる人を見たときー!(笑)
菊地<悲しいときー!(口元をすぼめて笑ってる人)唇が荒れて手加減して笑ってる人を見たときー!
山田<悲しいときー!
菊地<悲しいときー!
山田<美容院でドライヤーの熱、熱かったけど、なんか悪くて言えなかったときー!
娘。<あぁ〜ぁ!
菊地<悲しいときー!(ドライヤーかけられてる)美容院でドライヤーの熱、熱かったけど、なんか悪くて言えなかったときー!
山田<悲しいときー!
菊地<悲しいときー!
山田<足を踏まれたのに逆にあ、すいませんと言ってしまったときー!(笑)
菊地<悲しいときー!(足踏まれる)足を踏まれたのに逆にあ、すいませんと言ってしまったときー!
山田<悲しいときー!
菊地<悲しいときー!
山田<クリスマスイヴの夜に男4人で軽自動車に乗ってる人たちを見たときー!(笑)
菊地<悲しいときー!(4人乗りの軽自動車)クリスマスイヴの夜に男4人で軽自動車に乗ってる人たちを見たときー!
山田<悲しいときー!
菊地<悲しいときー!
山田<鳥人間コンテストを見たときー!(笑)
菊地<悲しいときー!(すぐ落下)鳥人間コンテストを見たときー!
娘。<あぁ…。
山田<悲しいときー!
菊地<悲しいときー!
山田<無理矢理、あぁと言ってもらったときー!(笑)
菊地<ときー! …アドリブとか、あるんだ。
山田<悲しいときー!
菊地<悲しいときー!
山田<影のつけ方がすごい下手な絵を見たときー!(笑)
菊地<悲しいときー!(影がヘンな椅子)影のつけ方がすごい下手な絵を見たときー!
山田<悲しいときー!
菊地<悲しいときー!
山田<勉強できなくて体育もできない人を見たときー!(笑)
菊地<悲しいときー!(バスケやってるまわりに点数の低いテスト結果)勉強できなくて体育もできない人を見たときー! …バカ女でクソ女ってこと?
<よわっ…。
山田<悲しいときー!
菊地<悲しいときー!
山田<別に並んでるわけじゃないのに後に人が並びだしたときー!(笑)
菊地<悲しいときー!(長蛇の列)別に並んでるわけじゃないのに後に人が並びだしたときー!
山田<悲しいときー!
菊地<悲しいときー!
山田<主役じゃないのにシャンパンをあけてしまった人を見たときー!(笑)
菊地<悲しいときー!(シャンパンあけて焦ってる)主役じゃないのにシャンパンをあけてしまった人を見たときー!
山田<悲しいときー!
菊地<悲しいときー!
山田<世の中に不満だらけの人たちが書いた落書きを見たときー!(笑)
菊地<悲しいときー!(くだらねぇやめろ←てめぇがくだんねぇ←バカ)世の中に不満だらけの人たちが書いた落書きを見たときー!
<見る。
山田<悲しいときー!
菊地<悲しいときー!
山田<誰よりも小学生の格好が似合う23歳を見たときー!(笑)
菊地<悲しいときー!(安倍かわもち)誰よりも小学生の格好が似合う23歳を見たときー!
<上手い!
山田<悲しいときー!
菊地<悲しいときー!
山田<誰よりもブ〜ラブラゲームを怖がる23歳を見たときー!(笑)
菊地<悲しいときー!(頭抱えてしゃがみ込んでる最年長)誰よりもブラブラゲームを怖がる23歳を見たときー!
<すごぉい。
山田<悲しいときー!
菊地<悲しいときー!
山田<絶対にカメラ来ないだろうと真顔で油断している人を見たときー!(笑)
菊地<悲しいときー!(目つきが怖いミキティ)真顔で油断している人を見たときー!
山田<悲しいときー!
菊地<悲しいときー!
山田<名前が書いてないと誰が誰だか分からないモーニング娘。フィギュアを見たときー!(笑)
菊地<悲しいときー!(誰が誰だか分からないモーニング娘。フィギュア)誰が誰だか分からないモーニング娘。フィギュアを見たときー!
<(うんうん)
山田<悲しいときー!
菊地<悲しいときー!
山田<夕日が沈んだときー!
菊地<夕日が沈んだときー!(夕日)
山・菊<どうもありがとうございました。どうもありがとうございました。(拍手)
<どうも、ありがとうございましたー!さぁ、あたしたちのネタもね、ちょっとずつ出てきてましたけど、ありがとうございますー。嬉しいねぇ、なんかねぇ?!
<うれしいですねぇ。
<どうですか、みなさん?どうですか、生で見て?
<面白い…。
<すごーい。
<この〜
山田<はい?
<あの〜、ひとつひとつの〜、そういう発見する時って、どんな時なんですか?
山田<悲しい時です。(笑)悲しくなった時に…はい。 …正論です。
<(手叩いて喜ぶ) …ミキティ、大ウケ。
<ハロモニ。を見てて、あ、悲しいなぁと思ったから、こうメモっといたんですか?
山田<そうです。(笑)
<せつないねぇ、うちらもね。そうなんだね。あ、そうですか…
山田<あーいう風に描かれても嬉しいんですか?絵を…
<あ、嬉しいですね。
<嬉しい。
<なっちは嬉しかったけど。どうですか?
山田<藤本さん、嬉しかったですか?
<藤本…
<やーしょうがない、事実ですから、まぁ…。(笑)
山田<アイドルとは思えない、ありえないねぇ…
<開き直っちゃった。
菊地<ありますよね、こういうとき。(再度、絵見せる)
<でも、ありますよね?
<ありますね。
<よくある…
<よくありますね。
<よく見ますよね、はい。さぁ、ということで今のを踏まえて、いよいよ実践に行ってみたいと思います。実践編はですねぇ、みなさんがそれぞれ思う、悲しいとき〜!を考えて発表して下さい。
娘。<はい!
<はい。それではですね、早速考えちゃって下さい。どうぞ〜。
ということで、ネタの絵を描きはじめる娘。さんたち。
<いいな〜。いいな〜。なっちもやりたい。こういうのホントねぇ、司会だから参加できないんですけど…いつもいいなって…参加したいなって思いますね。
山田<こういうのやりたいですか?
<やりたいですねぇ。
そんな感じで、ネタ作成に勤しむ娘。さんたち。
<できた。
<あ、できた?
<できたぁ。(手あげる)
<うん。麻琴、なんかめちゃめちゃ考えてる風になっちからは見えたんだけど。オーケー?
<何をどういう風に伝えようか…?
<それでは麻琴の悲しいときです、どうぞ!
<悲しいとき〜!
いつもここから<悲しいとき〜!
<久しぶりにセンター問い合わせしてもメールがゼロ件だったとき〜!(笑)
<久しぶりにセンター問い合わせしてもメールがゼロ件だったとき〜!(拍手)
<です。
<はい。です、ということで、
<圏外とかよくなるじゃないですか。で、圏外でもう半日以上ずっと圏外で…よし、電波がある…絶対メール何件か、来てるやーと思って問い合わせしても…
<来てるやー?
<(こくり)何にもないとき。(笑)すっごい切ない。
山田<ホントによくありますよね、それは。
<よくありますよね〜。分かるよ、それ。そっかー、最近もそうなんだね。
<うん。そう、そう、そう。(笑)
<じゃあ、たまに送ってあげるからねぇ。
<下さいねぇ。
<はい、分かりました。ということで、ありがとうございました。(拍手)じゃあ、続いて、ガキさん、早かったね。はい、ガキさん、おいで。
<ちょっとね、まこっちゃんのとね…
<似てるの?
<似てるけど〜
<ガキさんの悲しいときです、どうぞ〜。
<悲しいとき〜!
いつもここから<悲しいとき〜!
<メールを何行も書いて送ったのに1行だったとき〜!(笑)
いつもここから<メールを何行も書いて送ったのに1行だったとき〜!(拍手)
<はい。これホントにあたしあるんですけど、なんか明日遊ぶとかいうときに、まぁ、愛ちゃんなんですけど…(笑)
<あ、なんですか、はい。
山田<愛ちゃんに送るメール。
<(頭押さえる)
<愛ちゃんなんですけど〜
<高橋だ。
<ま、こうやって、明日12時に横浜…で、大丈夫?とか、「そういうことを聞くんですけども、でもその後にちゃんと楽しみだね〜とか、そういうことを…
<感情をね。
<そう、長く書くんですけども、愛ちゃんの返事が「おぅ!!」とか…。(笑)
山田<「おぅ」で終わり、「おぅ」で終わりってすごいですね。
<「はいよ」とか…そういう…ことだけだったりすると、すっごく悲しい気持ちになります。(笑)
<あーすいません。
菊地<送り返すときに、こう罪悪感は無いんですかね?こう…
<えぇ?私の中で、もう飲み込んじゃってんです。(笑)
菊地<飲み込んじゃってる?
<はい。
<結構ねぇ、メールではねぇ、あのやりとりの上で問題…が、出るのは高橋愛なんですよね。(笑)
<はい。
<はい、すごいですよ。ただねぇ、あの絵文字のマークを1つだけ、走るマークをポンと送ってそのまま放ったらかしとか…。(笑)あの、送られた側が結構困るんですよね。
<それが愛情表現なんです。 …かなり伝わりにくいと思われ。
<でも約束した事はね、ちゃんと返してあげてくださいね。
<はい。ごめんなさーい。
菊地<悲しいですからね。
<はい、ということで、ありがとうございます。
<はい、ありがとうございます。(拍手)
<というわけで、続いて、梨華ちゃん!
<はい!
<はい。
山田<幸薄いなりに、ちょっと、あるんでしょうね。 …ヲタばりに見てるのね。
<あぁ、薄いなりに。
<もっと、もう、面白いです。(笑)
<はい。
山田<あはは、面白いですか。
<じゃあ、石川さんの悲しいときです、どうぞ。
<悲しいとき〜!
いつもここから<悲しいとき〜!
<コンサート会場で、あややの物真似したら、会場みんながシーンとしたとき〜!(笑)
<コンサート会場で、あややの真似をしたら、会場がシーンとなったとき〜!い…えー長いねぇ。はい、ということで…。
<すごかったんですよ。
<あら?
<ホントに、あの〜こっちは、あの〜みんなにね、笑ってもらおうと思って、スラーッシュ!とかってやったら、もう1万人ぐらいのお客さんですよ、シーンとして…。(笑)
<それいつやったの?
<それは今年の春のツアーだったんですけども…
<はい。
<いや〜、いい体験が出来たなって…。(笑)
山田<大概コンサートなんですから盛り上がってくれるもんだと僕ら思うんですよ。
<うんうん。
<あっ…うん。
<梨華ちゃんの場合は、それをやると、寒いんだよね。(笑)
<そう…。
山田<普通に寒い!
<あの〜結構さむーい感じに空気感がね、なっちゃうことが…でも、自分で分かってんだよね、それね。
<きしょ〜い!とか(笑)きも〜い!とか
山田<お客さんにですか?
<お客さんから返って来るんですよ。
山田<えーそんなキャラでしたっけ?
<そうですねぇ。(笑)
山田<あーそうですか?
<ちょっぴり、ちょっぴりありますよね、石川さん。
<そうですねぇ。
<そういうのちょっとあります。
<まぁ、悲しいことは…なんですけども、え、実際はなんかそういう言葉も嬉しいかなっていう…。(笑)
<まぁ、自分的にはちょっといいかなっていう。
山田<意外とそういう風になっちゃってんですか、もう?
<はい、もうシーンとすると、もう気持ちいいですよ。(笑)
山田<ちょっとこの場をシーンとさせてもらっていいですか?
<あ、いいですよ。
<はい、いいですよって(笑)すごい…。
菊地<結構軽いんですねぇ。
<あ、はい。じゃ、行きまーす! …しゃがんだときの胸の谷間が…スタッフうらやま。
<♪ピロリン!ピロリン!ピロリーン!フフフ… …流石です。
<え?(笑)
<あ〜ぁ〜ぁ〜!
娘。<え〜っ?
<あの〜あの〜はい、すいません、たぶん…
<あの〜ちょっとすいません!
<おーい!
<あの〜それで新しいネタが1個出来たんですけど。(笑)はい。
<はい、あ、出来ましたか?じゃあ、梨華ちゃんありがとうございます。
<ちょっといいですか?
<あ、いいですよ。ちょっと…
<(胸直す)
山田<まぁ、ネタ振りにはなりましたね。(笑)
<じゃあ、ありがとうございました、はい。
<まぁ、シーンとした感じで。
<じゃあ、よっちゃん?
<はい。悲しいとき〜!
いつもここから<悲しいとき〜!
<自信満々でやっても全然白けちゃったとき〜!(笑)
いつもここから<自信満々でやっても全然白けちゃったとき〜!
<(よっすぃ〜の絵を見て)あたし、それ?ねぇ?
<(よっすぃ〜の絵を見て)全然梨華ちゃんに対して愛情無いよね?
 …いや、むしろ愛情たっぷりの絵ですよ。
<でもね、特徴を捉えて…ちゃんとアゴを出してあげて…(笑)
<アゴ?アゴそれ?
<出しすぎだよ。 …いしよし。
<出してあげて…。(拍手)
<じゃあ、続いて…矢口早かったんで、じゃあ矢口行ってみたいと思います。
<はい。(ステージへ) …胸が。
<はい、じゃあ矢口真里さんの悲しい時です、どうぞ。
<悲しいとき〜!
いつもここから<悲しいとき〜!
<やたら噛み噛みの司会者を見たとき〜!(笑)
いつもここから<やたら噛み噛みの司会者を見たとき〜!(拍手)
<かわいい。
山田<あ、かわいいですよね、絵が。
<アレ?ちょっと待って下さい。あの、これ、あたしですか?
<あ、別になっちじゃないよ。司会者って、言ったかんね。(笑)
山田<誰とは言って無いですよね。
<誰とは言ってないですよ。
山田<たまたま、服が…
<ちょっとファッション似てるんですけど…。(笑)
<あ、ホントだ、ちょっと似てるねぇ。 …つーか、普通になっちの似顔絵です。
<あーそうですね。あ、やっぱ、それ悲しいですか?
<いやっ、うん…。
<あ、うん。(笑)さぁ、続きまして…はい、れいな。早かったかな。
<はい。
<はい、どうぞ。はい、それではれいなの悲しいときです、どうぞ。
<悲しいとき〜!
いつもここから<悲しいとき〜!
<誕生日になっても誰からもメールが来なかったとき〜!(笑)
いつもここから<誕生日になっても誰からもメールが来なかったとき〜!(拍手)
<はい。
<アレ?ホントに!?
<そうですよぉ。
娘。<うそ〜?
<あの、れいなの誕生日はちなみに11月の11日ですよね。
<そう、11月11日で…
<そうですね。
<去年はね!
<はい。
<たくさんメンバーからも友達からも来たんです!
<はい。
<今年は、誰からも来ませんでした…。(笑)
<送ったやん!送ったやん!
<送ったよ。
<さぁ、ちょっと耳の痛いメンバーも…。
<去年は12時ぴったしに来たんですよ。
<あ〜なるほどね。
<それをね、ずっと待ってたんです…
<そういうのがいいのか。
<あっ、来るって…
<そうだよね、あー。
<あっ…ちょっ…どうしよ、れいな…みたいな。(笑)
<何?待ってたの?
<待ってましたよ!ずっと、待ってましたもん、れいな。
<そうですかぁ…。
<はい。
<じゃあ、ちょっと来年は気を付けてみたいと思います。はい、ありがとうございました。(拍手)はい、じゃあ、愛ちゃん。
<はい。
<愛ちゃん、おいで。さぁ…
<はい。
<愛ちゃんの悲しいときです、どうぞ〜。
<はい。悲しい時〜!
いつもここから<悲しいとき〜!
<大事な大事な宝塚のビデオを貸したのに、見ずに笑顔で返されたとき〜!(笑)
<大事な大事な宝塚のビデオを貸したのに、笑顔で返されたとき〜!(拍手)
 …「見ずに」が入ってなかったら、何が悲しいのかって感じになるんですけど。
<実際にそういう人がいるってことですね。
<(道重さんと亀井さん指して)この2人です。(笑)これ、見るぅ?とか言って、あー、はい!とか言って…
<なるほどね。
<多分、社交辞令だったと思います。(笑)
<なるほど、そういうことも覚えてきたんだね。
<(手で否定)そんなことない…。
<すっごい面白い面白いよっていうから、1回こう借りてみたくなるんですけど、いざウチに持って帰ると…
<そうなんですよね。そうなの…
<どうしても、見ない…
<すごい、分かる(うん)。(笑)
<すごい…分かられても困るんですけど。
山田<そういうこと言ってる場合じゃないよね。すごい分かるって。
<はい、愛ちゃん、ありがとうございましたー。(拍手)
<はい、どうも。
<はい。じゃあ、次は亀ちゃん行きますか?
<はい。
<えーどうしようっかなぁ…。
<これは多分、絶対みなさんがよくあると思います。
<それでは、亀ちゃんの悲しいときです、どうぞ。
<悲しいとき〜!
いつもここから<悲しいとき〜!
<めちゃめちゃ面白い話を同じ人に2度してしまったとき〜!(笑)
<めちゃめちゃ面白いと思った話を
いつもここから<同じ人に2度してしまったとき〜!(拍手)
<亀ちゃんて話するとき、すごい楽しそうだよね。安倍さん聞いて下さいよ!って、何かなぁと思ったら新しい話かなぁと思ったら前に聞いたことあったから(笑)それ聞いた…
山田<そのテンションでこられたら、なかなか…
菊地<いいづらいよね。
<そう。聞いたなって思いながらもすごい勢いで来るからうんうんて聞いちゃうんだと多分みんなもそうだと思うんだよね。
<でも、2度と言わず、3度、4度、5度って言ってきますよ。(笑)
菊地<あ、2回だけじゃないの?
<本当?
<ホントに楽しそうに言うんですよね、楽しくないけどぉ…
<楽しくないけど…。(笑)
<面白いよ。面白いよ。
<そうなんだ。ちゃ〜んとね、友達としてね、メンバーとしてもそうですけど…
<友達ですか…はい。
<ちゃんと言ってあげてください。
<はい。
<お願いしまーす。
<分かりましたか?
<はい。
<お願いしますだって。(笑)な〜んか、2人で話してよ。はい、ありがとうございました。はーい。(拍手)さぁ、ということで、次はカオリン行ってみますか?
<はい。
<はい。
<ちょっと…
<ちょっと圭織のは楽しみだなぁ。そいうことで、カオリンの悲しいときです、どうぞ。
<はい。悲しいとき〜!
いつもここから<悲しいとき〜!
<メンバーに、冗談で、もう年なんだからって言われた後に1人でコッソリ鏡を見てしわチェックをしちゃってるとき〜!(笑)
<はい、カオリン。それは、あの…毎日の中で悲しいなって思うことですか?
<いや、あんまり〜言われないんですけど〜
<うん。
<あの〜冗談でね、もう年なんだから無理しちゃダメだよ、とかって言われて…
<なるほどね。
<何言ってんの、まだあたしだって20代前半だから大丈夫って言いながら、1人になったときに鏡出してちょっとこう…あっ、気にしてたんだって…。(笑)あー今日言えて、叫べて嬉しいです。(笑)
<ホントですか!よかったですね。
<悲しいとき〜!ってね。
菊地<これで解消して。
<はい。
<ストレス解消。
<ありがとうございました。(拍手)さぁ、続いては誰行きますか?はい、シゲさん行きますか?
<はい。
<まだ、発表してないメンバーが何人かいる…ね。じゃあ、シゲさんの悲しいときです、どうぞ〜。
<はい。悲しいとき〜!
いつもここから<悲しいとき〜!
<街を歩いてて、あ、カワイイ子がいる!と思ったらショーウィンドウに映ってた自分だったとき〜!(笑)
<街を歩いてて…ちと待って。
<悲しく無ーいじゃん。
<悲しく無いじゃーん。
<そうだよね、悲しくないよね、これ。
<めでたいとき〜!だよ。
<はい、ど…どういうことですか?
山田<自分よりカワイイ子がいない、この世の中が悲しいってことですか?(笑)
<ねぇ、そうですよね。そうですよね。
<(手で否定)
<そういうことかも知れない。 …自分よりカワイイ子がいない、こんな世の中じゃ。
<どういうこと?
<なんか、カワイイ子がいると思ったら、その人じゃなくて自分だったんですよ。
<うん。で?良かったじゃん。チャンチャン♪じゃない?(笑)
<(手叩いてウケる)
<チャンチャンですよね。
<チャンチャン♪
<良かったねだよ。
<カワイイ子が好きだから見たかったなっと思って!(足、踏みしめる)はい…。
<全然分かんないですよね。(笑)どうなんですか?
山田<お隣にいる亀井さんじゃ満足できないってことですね、じゃあね。(笑)
<あーそうですよね。
<(亀井さんに)そんなこと無い。
<ヒドい。
<一緒に多分見てるから映ってる訳だけど…
<あーおかしい。
<亀ちゃんは…ちょっと違うんですか?
<違うんだ。
<亀井ちゃんじゃ満足できないの…。(笑)
<ね。ちょっとよく分かんないですけど、まぁ…。(拍手)はい、続きまして〜、誰ですか?はい、じゃあ、藤本行きますか?
<はーい。おいしょ。
<では、藤本さんの悲しいときです、どうぞー。
<はい。悲しいとき〜!
いつもここから<悲しいとき〜!
<CD屋さんで試聴機で1人ノリノリだった人を見たとき〜!(笑)
いつもここから<CD屋さんの試聴機で1人ノリノリだった人を見たとき〜!
<ちょっとー自分も、こうMDウォークマンとかで聴いててー
<うん。
<たまにノッてるときとかあるんですよ。
<うん。
<あーあたしと一緒だーみたいな。 …一人称が「美貴」じゃなくなってる。
山田<あたしも端から見たらこんなの…
<あーなるほどね。
菊地<自分の世界に入ってるんですよね。
<ま、でも居ますよね。
山田<まぁ、あのヘッドフォンの着け方間違ってる人とかもいますけどね。(笑)普通のヘッドフォンて(頭上から)こうやって着けるじゃないですか。
<はい、はい。
山田<試聴コーナーって、(首から上)こっから、こうなってるのがあるんですよね。
娘。<あーっ。
山田<それを間違えて(額に被さる)こっからこうなってる人がいるんですよ。(笑)
<見たこと、ある〜!
<えーっ!
娘。<うそ〜?
山田<間違って堂々と聴いてるやつがいるんですよ、こうやって。
<あー、それ悲しい!
<紺ちゃんが発表してないそうで。
<…はい。(笑)
<遅いなぁ。あ、はい…。紺ちゃんの悲しいときでーす。
<悲しいとき〜!
いつもここから<悲しいとき〜!
<ご褒美があったのに、収録終わってみんなが帰る雰囲気だったとき〜!
いつもここから<ご褒美があったのに、収録終わってみんなが帰る雰囲気だったとき〜!
<なるほどそれは…
<これは実体験です。
<収録でチームとかで勝ったらね、ご褒美が出てきて。まぁ、その時は収録っていうか、カメラが回ってるから、ちょっとしか時間ないんだよね。
<はい。
<で、はい、終わりでーすって、次のスタンバイにみんな帰っちゃったってことでしょう?
<そうなんです。みんながこうわぁーって、あーちょっとちょうだーいって行ったら、あ、自分も行けると思うんですけど、みんながこう帰る雰囲気だったときに、あー狙ってたのになぁ…ってときが悲しいです。(笑)
<(手叩いてウケる)狙ってんだ。
<あーいいなって、みんなが、たか…行って無いから、あ、自分は、じゃあ、止めとこって遠慮してるんだ。 …たかるとか、言っちゃいけないべさ。
<(こくり)
<あーそうなんだ。
<(テレ笑い)
<でも、いつも食べたいんでしょ?
<はい。(笑) …即答。
<はい、そうですか。はい、ありがとうございましたー!(拍手)あ、はい。じゃあ、他…最後ですね。よっちゃん、行きますか。
<(手あげる)はーい。
<はい。
<なんかねぇ、いくつかあるんだけどねぇ…。
<じゃあ、よっちゃんで悲しいときです。どうぞ〜。
<悲しいとき〜!
いつもここから<悲しいとき〜!
<もう随分コントで普通の人の役をやってないとき〜!(笑)
いつもここから<普通の人の役をやってないとき〜!
<悲しいとき〜!
いつもここから<悲しいとき〜!
<自分のメイクより細木数子さんメイクの方が長いとき〜!(笑)
山田<自分のメイクより細木数子さんメイクの方が長いとき〜!
<悲しいとき〜!
いつもここから<悲しいとき〜!
<久々の女役、相手役がまこっちゃんだったとき〜!(笑)
いつもここから<久々の相手役、まこっちゃんだったとき〜!
<上手い。
<終わり。(拍手)
<なるほど。
<あー恥ずかしい。
山田<連続で。
<これは、面白いですねぇ。なるほど…
<恥ずかしいよね、こういうさぁ、悲しいのを暴露するのは、恥ずかしいよ。(笑)なんかさぁ、DVDとか出てるでしょ、コント…集の。
<はい。そうですねぇ。
<それを見てたら、全部自分がすごいの!メイクとかも(笑)で、どんどん強烈になってたりさぁ…(笑)でさぁ、お母さんとかにも、あんたカワイイことしなさいよー、みたいな…(笑)ことを言われるんだけど、自分でも面白いからやっちゃうんだけど…。
<やっちゃうんだけど…。はい、というわけで色々でましたけど、ありがとうございました。(拍手)
<ありがとうございました。
いつもここからより、絵の上手い人に贈られる菊地賞にかおりが、ネタが面白い人に贈られる山田賞によっすぃ〜が、それぞれ選ばれる。2人にはお菓子の盛り合わせが。
<紺ちゃんがすごい泣きそうですけど。
<すごいよ。
<ねぇ。
<このあと、みんなが、わぁーって行ってくれるのを願います。(笑)
<いや!ダメですよー!
<ダメですよ。
<テレビ見てる人はここで当ってる人しかだけしか食べれない…(笑)
菊地<そうですよね。
<紺ちゃん!
収録後の風景
スタッフ<はい、オッケーでーす!
(お菓子のそばで見つめる)
(楽屋に戻ろうとする)
<(お菓子1個持ってく)
<あっ!
<これ、楽屋に持ってってもらっていいですか?
<持ってった、あいつ!
<(イタヅラっぽい顔で振り返る)
<楽屋に持ってってもらって…
<(道重さんと小川さんに)持って行きなよ、ガッて。


今日の「たあ」

 ハロモニ。女子学園に転校してきたスキップ大好き少女、早乙女マキの作ったスキップ同好会(スキップスキップ楽しいな♪と、ひたすらスキップ、何故か矢口婦警も参加)に紺野さんと一緒に入ったらしい。スカートの跳ね具合とか別の意味で楽しいスキップ同好会だったりする。

ごっちん何気に初の女子高生役。

スキップスキップ楽しいな♪

2004/12/12

<はい、というわけで久しぶりに中澤裕子帰って参りました〜!(笑)
娘。<イエイ!フー!
<お帰り!
<今日は気合入れて行くよっ!(笑)
娘。<はい〜!
<さぁ、今日はですね、現在行われておりますラッキーセブンオーディションの…
<うん。
<特別企画というわけなんですがぁ…亀井さん。
<はい。
<えーオーディション受けて…どれくらいですか、もう?
<もうすぐ2年になります! …まだ、HPNやってたころ。
娘。<おぉ…はやーい…。
<もうすぐ後輩が入ってくるわけですけど〜、どういう心境なんでしょうねぇ?
<え〜?なんかもう昔のこと思い出すと…
<長いっ!さぁ、次。(笑)
娘。のオーディション会場でのアンケートを元に「クイズ1000人に聞きました」という、「クイズ100人に聞きました」のもろパクリ企画。来週も「娘。のから騒ぎ」っていうパクリ企画なんですけど、これは敢えてなのか?だとしたら、ハロモニ。スタッフは相変わらず頑張ってるってコトなんだけども。
田舎娘。チーム(飯田、藤本、紺野、道重、高橋、田中)と都会娘。チーム(矢口、石川、亀井、新垣、吉澤、小川)に分かれての対抗戦。
<あの〜すいません。
<なんでしょう?
<あの、
<うん。
<(小川さん、指差す)あいつ!(笑)
<どいつ?
<出身どこだったっけ?新潟だよね?
<あの〜東京で…
<畑いっぱいだよ。
<ねぇ。
<オーディションを受けたので、まぁ、都会チームということで…。(笑)
<おめぇ、え?
<あっそうなの?
<そーいうこと?!
<そーだよ。
<すんませんけど、ここで、あの一線引かせておかせて…。(笑)ここで…
<それでは早速、第1問と参りましょう!
<はい。
<矢口さんと飯田さん。こちらの早押し席に
<はい。
<来て下さい。(拍手)
ルールは、ほとんど「クイズ100人に聞きました」と一緒。唯一違うのは、パネルごとに得点が決まっている点。
30pt 25pt 15pt
12pt 10pt 5pt
3pt
答えが7個の場合
25pt 20pt 15pt
12pt 10pt 8pt
6pt 3pt 1pt
答えが9個の場合
<ラッキーセブンオーディションに来た、女の子1000人に聞きました。答えは7つ。
<うん。
<今年の…重大ニュースは?
<(ピンポン)あっついた!
<誰だ?
<はい!はい!
<矢口さん。
<冬のソナタ、大…大ブレイク。
<大丈夫かな?聞いてみましょうか?
<はい。ダメ?
<冬のソナタ、大ブレイクは、入っているんでしょうか?!
娘。<あるあるあるある…! …音まで一緒だ。
7位 韓流ブーム 24人
<あ、良かった。(拍手)良かった〜!
<さぁ、これよりも上のポイントの答えが出た場合は、田舎娘。チームが、先攻になりますが。飯田さん。
<これ、低いなぁ。
<はい。えーっと、野球チームが合併?
<さぁ、野球チームが合併入っているんでしょうか?!
<入ってないかなぁ。
娘。<あるあるあるある…!
×
<あぁ〜!
<あ〜残念。
<やった〜!
<というわけで、解答権は、都会娘。チームでーす。(拍手)石川さんかな?
<はい。
<頑張って。
<行きましょう。
<アテネオリンピック。
<アテネオリンピック。アテネオリンピックは、入っているんでしょうか?!
娘。<あるあるあるある…!
3位 アテネ五輪で日本人大活躍 61人
<やったぁ。(拍手)
<よし、よし。
<やったぁ。
<アテネ五輪で日本人が大活躍してくれましたが。さぁ、続いて参りましょう。亀井さん。
<えー。
<えーどうしよう?
<これはニュース見てなくても分かりますかね?
<えーとねぇ…(笑)えーとねぇ、そうね…
<分かった。
<はい。
<はい。…美勇伝!…が、誕生!
<お。
<そんなんでいいの?そんなんじゃ、大きいのいっぱいあるじゃん。
<さぁ、それでは美勇伝が誕生、入っているんでしょうか?!
<(梨華ちゃんにすがる)分かんない、分かんないの。
娘。<あるあるあるある…!
×
<(笑)石川さん、ごめん。そんなに話題になんなかったです。
<ですよね。
<じゃあ、これ持って下さい。(×マーク持たせる)
<ちょと待って待って待って待って…。
<難いよ、これ相当。
<流行語大賞が、ちょー気持ちいい?
<うん。
<だった。
<お、流行語大賞が、ちょー気持ちいいだった、あるんでしょうか?!
娘。<あるあるあるある…!
<あって!あって!
×
<え〜っ!?(笑)
<え〜っ、ないの? …普通にアテネと被ってるっしょ。
<マジで難しい。
<大統領、アメリカ大統領選挙。
<お。
<おぉっ!
<来た。
<すごい知的な解答ですが。さぁ、アメリカ大統領選挙入ってるんでしょうか?!
娘。<あるあるあるある…!
×
<え〜!(笑)
<まぁね、重大なことではあったと思いますけども、年齢的にみなさんと同じぐらいですのでね。
<ほら〜、おんなじぐらいだからさぁ…。
<そうだよなぁ。
<さぁ、それでは解答権、移りました〜!
<え〜難しいよ〜!
<ここはですねぇ、みんなで、あの〜答えをひとつにまとめて発表して下さい。
<はい。
<まとまりました?
娘。<はい。
<じゃあ、答えをお願いいたします。
<ラッキーセブンオーディション開催。
<ラッキーセブンオーディション開催、入ってるんでしょうか?!
<あーあるかなぁ?
娘。<あるあるあるある…!
1位 今回のオーディション参加 253人
娘。<わぁー!やったー!(輪になって喜ぶ)
<1位だよ?!
<第1問目はですね、田舎娘。チームにポイントが入ります!(拍手)
田舎娘。チーム=48点
<やったー!(ガッツポーズ)
<イエイ!(両手Vサイン)
<さぁ、それでは…
<そうなの?
<えー開いてない答え、ちょっと見てみましょうか。
はい。
1位
今回のオーディション参加

253人

2位
新潟県中越地震

192人

3位
アテネ五輪で日本人大活躍

61人

4位
辻加護卒業

50人

5位
台風最多上陸

42人

6位
イラク問題

28人

7位
韓流ブーム

24人

ハロー!モーニング。 ハロー!モーニング。
娘。<やっぱ地震…
<あぁ、あの重大ニュースですから、もう大変なことが今年はたくさんありましたということなんですけれども。ちなみにですね、少数意見意見でですねぇ、フッ…、渋谷で保田圭にあったという方もいましたね。(笑)
<ウケるねぇ!面白い。
<続いて第2問へと参りましょう。
<はーい。
<石川さんと藤本さん、前に、出てきて下さい。
はい。(拍手)
<頑張ります。
娘。<頑張れ〜!
<(腕まくる)よし、頑張ろう。
<ラッキーセブンオーディションに来た、女の子1000人に聞きました。答えは7つ。恋も冷める、男の人のクセは何?
<(ピンポン)
<はい、石川さん。
<フフ…いいのかな、言って。
<いいのよ。
<なんとなく、(ほじるのを真似しつつ)あの〜鼻をほじくる。(笑)
<さぁ、それでは…
<え、クセでしょう?!
<ねぇ、私も繰返して言わなきゃダメ?(笑)
<だって、今それしかパッと思い浮かばなかった…。
<まぁ、じゃあ、見てみましょう。
<(ほじほじ)ヤダよねぇ?
<鼻をほじくるのが、イヤ!入ってますかねぇ?
娘。<あるあるあるある…!
1位 鼻をほじる 79人 …1000人に聞いて、1位が100人いないのね。
娘。<わぁ−!すごーい!(拍手)
<さぁ、というわけで、解答権は都会娘。チームに参りまーす。すごいねぇ。じゃあ、亀井さん。
<えーと、個人的に、口を開けて食べる人が、ヤです!
<口を開けて食べる人…?
<あークチャクチャして食べる人…
<クチャクチャして食べる人、ヤです。
<えー
<そんな細かく行くかよ、お前は…。(笑)
<口を開けて食事をする人がヤ!入っているんでしょうか?!
娘。<あるあるあるある…!
<あって!あってください!
×
<ほら、ない!(笑)
<あるわけないじゃん!
<いや、でもヤよね?
<ヤです。ヤです…。
<ヤだけど、はい、持って。(×マーク持たせる)はい。
<まただ。
<亀井ちゃ〜ん!
<さぁ…
<はい。ごはんの時に〜
<おぅ。
<あの〜おしぼりで…顔を拭く… …_| ̄|○
<そんな細かいとこ行くのかよ、お前たち!(笑)
<だって〜
<ガキさんは、イヤなんでしょ?
<真面目に考えてくれよ、真面目に。
<おしぼりで顔を拭く…そんなのヤ!っていう人、入ってるんでしょうか?!
娘。<あるあるあるある…!
×
<(笑)絶対無いよ〜。
<や…でも、ヤよね。
<分かんないですぅ。
<あるやつにしてよ、あるやつに。(笑)
<な〜いですよぉ。
<さぁ、よっすぃ〜。
<え、待って待って。えーとね…
<よっすぃ〜、頼んだよ!
<えーどこでもかんでも、オナラをする人。
<お。
<いいじゃん。
<どこでも、オナラをする人、入ってるんでしょうかっ?!
娘。<あるあるあるある…!
6位 オナラをする 38人
娘。<お〜!(拍手)
<やったぁ。
<ヤよねぇ。さぁ、来たよ、小川さん。
<やっと来た。
<やっと来たよ。
<やっと来た。(テーブル、ドン)
<はい、小川さん。
<はい。
<麻琴、頑張れ…。
<えーとぉ、すぐに、ゲップをする人。(笑)
<すぐにゲップをする人。入ってるんでしょうか?
娘。<あるあるあるある…!
×
<(笑)えぇ〜!?無い?!
<ヤだけどねぇ。
<あーないんだ…。
<あたしだったら、即刻分かれるけどね。(笑)さぁ、解答権移りました、田舎娘。チームですが。
<え、何があと、ある?
<分かんないよ。
<ラッキーセブンオーディションに来た、女の子1000人に聞きました。答えは7つ。恋も冷める、男の人のクセとは何でしょう?
<オッケーでーす。
<分かんない。
<じゃあ、それではみなさんで声を揃えて答えてください。
<せーの!
娘。<爪を噛む人。
<うん。爪を噛む人。入ってるんでしょうか?!
娘。<あるあるあるある…!
4位 爪をかむ 48人
娘。<おぉ〜!(拍手)
<入ってましたね。というわけで、ポイントは田舎娘。チームに、またまた加算されまーす。(拍手)すごいねぇ。
田舎娘。チーム=95点
<開いていないところ、見てみましょうか?
<はい。
1位
鼻をほじる

79人

2位
つばを吐く

54人

3位
貧乏ゆすり

52人

4位
爪をかむ

48人

5位
マザコン

40人

6位
オナラをする

38人

7位
浮気

29人

ハロー!モーニング。 ハロー!モーニング。
娘。<あぁ〜。
<あ、貧乏ゆすり…
<あったね。
<浮気…
<マザコンか。
<浮気はクセじゃないよね。(笑) …浮気グセと言わんことは無いけど。
<えー何?15歳から19歳でマザコンてすごいですね。(笑)
 …その前にクセなんですか?
<すごいねぇ。
<ちなみにですね、少数意見は…ハエがやたら止まる人。(笑)
 …だから、それはクセなの?
<(クセじゃなくて)臭いじゃん。 …そういうことか。(納得してどうする)
娘。<ヤダ〜!
<第3問に参りましょう。亀井さん、紺野さん、前に出て来て下さい。(拍手)
<はい。行ってきます。
<頑張れ〜。
<はい。
<ここでちょっと頑張らないと…ねぇ、都会娘。チーム…。
<そうだよ。
<そうだよ。
<ラッキーセブンオーディションに来た、女の子1000人に聞きました。答えは9つ。あなたが嫌いな自分の体のパーツは、どこですか?
<(ピンポン)
<お、どっちだ?
<(手あげる)はい。
<キャメイさん。
<パーツって、えーと…足!(笑)
<あ、なんだ…え?今、あたしに質問したんじゃないの?!(笑)見てみましょう。さぁ、足は入っているんでしょうか?!
娘。<あるあるあるある…!
1位 足 304人 …圧倒的ですな。
<きゃー!(拍手)
<よしよしよし!よーしよしよしよし!
<はい。足。304人もいるんだよ。すごいねぇ。
<これは、分かりやすいよー。
<さぁさぁさぁさぁ。
<はい。うーん…目!
<さぁ、目は入ってるんでしょうか?!どうでしょう?
娘。<あるあるあるある…!
3位 目 107人
<よし!(拍手)
<吉澤さ〜ん!
<よし!
<よし!
<はい、よっすぃ〜。
<(鼻指して)鼻!
<はぬぁ。鼻は入っているんでしょうか、どうですか?!
娘。<あるあるあるある…!
2位 鼻 151人 …絵がさっきの鼻をほじる絵なんですけど。
娘。<おぉ!(拍手)
<さぁ、小川さん。
<はい。えーっとですねぇ、二の腕!(笑)
<二の腕。
<二の腕。(プルプル)
<二の腕は入っているんでしょうか?
娘。<あるあるあるある…!
×
<(笑)入ってないのぉ、なんで、みんな?
<いや、気になるところだと思いますよー。さぁ、続いて矢口さん。
<女の子だったら〜
<うん。
<胸!
<えっ私…?(笑)
<違う、違う…。言ってないよ!
<言ってない、そんな…。
<全然言ってないよ。
<胸!あるんでしょうか?!
娘。<あるあるあるある…!
6位 胸 40人
<おっ!(拍手)
娘。<(パネルの絵を見て)デカッ。デカッ。
<デカッ。
<いいねぇ。
<うん。
<アレぐらいあれば…。(笑)
<そうだよね。
<さぁ、石川さん。
<(アゴさすりつつ)どうしよっかなぁ…(口指して)口!
<口!
<うん。
<口。
<口。さぁ、口、入ってるんでしょうか?!どうっすか?
娘。<あるあるあるある…!
8位 口 30人
<おっ。あった。良かった。(拍手)
<よし!よし!
<はい、亀井さん。
<はい。(指でなぞりつつ)輪郭。
<お、輪郭。入ってるんでしょうか?!
娘。<あるあるあるある…!
5位 顔 66人
娘。<おー!(拍手)
<おーすごーい!
<いいんじゃないの!
<ね、輪郭…。さぁ!
<うーん。
<うーん、悩んでますねぇ。
<頑張って、頑張って。
<はい。そうですねぇ、肩幅とか…。(笑)
<肩幅、入ってるんでしょうか、どうですか?!
娘。<あるあるあるある…!
×
<(笑)やぁ…ねぇ、あると思うんだけどなぁ。さぁ、よっすぃ〜!
<えーお尻。
<お尻!
<お!
<あ〜。
<ありそう。
<ありそう。
<お尻は入ってますか?!
娘。<あるあるあるある…!
<来い!
7位 おしり 34人
<よ〜し!(拍手)
<あった。
<え〜っと…
<え〜っと。
<えっと、じゃあ、ウエスト?
<ウエスト。
<ウエスト。
<お、いいんじゃない。
<いいんじゃない!
<ウエスト、入ってますか?!
娘。<あるあるあるある…!
<来い!
×
娘。<あぁ〜!(笑)
<えっ、えっ…。
<うそ〜?!
<ホントに?ヤバい、私、2個もらっちゃった。
<(テーブル叩く)はい、ここ終了。(笑)はい。 …はい、消えた!って、それ違うから。
<バツ2だ。
<はい。
<ちょっとそれに悩んでる子がいて…
<(口押さえる)うふ… …クセ毛じゃないです。
<(自分の髪、なでつつ)もう答えが決まりました。
娘。<はい。
<はい。それではみなさんで、一斉に答えを発表して下さい!
<せーの!
娘。<クセ毛!
<ほほっ。
<フッ…。
<クセ毛!入ってるんでしょうか?!
娘。<あるあるあるある…!
×
娘。<え〜っ!?(笑)
<やった…。
<さぁ、というわけで、今回のゲームは都会娘。チームにポイント!
娘。<イエイ!(拍手)
都会娘。チーム=87点
<良かった〜!
<良かった〜。
<どうですか、これ。やっぱり共通して、こう感じるところですか?
1位

304人

2位

151人

3位

107人

4位
おなか

72人

5位

66人

6位

40人

7位
おしり

34人

8位

30人

9位
ツメ

21人

娘。<爪だ。爪?
<アレ?お腹とウエスト違うんだ。
<お腹とウエストは一緒でしょうが。(笑)ねぇ?
<まぁ、ウエストは、(横をなぞる)こっちじゃないですか。
<あ、前か。
<お腹は、こっちですよ。
<なるほどね。
<まぁ、いいや。(お腹隠す)そんなん映さんでえぇよ、別に。(笑)ちなみに少数意見はですねぇ…
<うん。
<薬指。太いと婚約指…結婚指輪が入るかどうか心配でーす。
娘。<あぁ…。
<まだ10代だよねぇ、みんな?!(笑)
<夢を見る年頃なん…
<あ、なんか落ちましたよ。
<夢を見る…あ〜あ〜!ほら、結婚の話するからだよ。(笑)
<すいませんでした。
<新垣さんと道重さん、前に出て来て下さい。(拍手)
<はい。
<(道重さんの肩ポン)いってらっしゃい。(手振る)
<はい。(手振る)
娘。<頑張れ。
<ちょっと、ここ田舎娘。頑張らないとねぇ…
<そうなのよね。
<1人、1人、ちょっと…
<解答権がなかなか…回ってこない…。
<はーい!
<解答権ねぇ、頑張って取っていきたいと思いますが。ラッキーセブンオーディションに来た、女の子1000人に聞きました。答えは7つ。今年の流行語と言えば?
<(ピンポン)
<はい。はい、道重さん。
<えーと、間違いない。
娘。<えっ?
<入っているんでしょうか?
<え?入ってないかなぁ!?えっ!?えっ!?あるあるあるあるあるある!
娘。<あるあるあるある…!
3位 間違いない 94人
<おー、あった。(拍手)
<良かった〜!
<私が言っていいんですか?
<どうぞ。
<(斬る仕種)斬り。
<あ〜ぁ。
<なんとか斬り。(警告音)
<斬り。それをもっとこう代表的なものにこう…凝縮すると…
<言うじゃん。
<ですから…
<でも近い…
<残念!(笑)
<残念、入ってるんでしょうか?!
<それかぁ。斬りじゃないのかぁ。
娘。<あるあるあるある…!
1位 残念! 190人
<よーし。(拍手)
<都会娘。チームですねぇ。よっすぃ〜から。
<あの…ほら、水泳の、気持ちいい。
<その前になんかつくの。(警告音)
<惜しいなぁ。
<止めた!ハッスル!ハッスル!(笑)
<ハッスル!ハッスル!入ってるんでしょうか?!
娘。<あるあるあるある…!
2位 ハッスルハッスル 101人
娘。<おっ。(拍手)
<はい、小川さん。
<気合だー!(笑)入ってる?
<気合だ!入ってるんでしょうか?
娘。<あるあるあるある…!
×
娘。<おぉ?(笑)
<麻琴、いっつもバツじゃない?もしかして。
<だから、おめー田舎もんなんだってー。(笑)
<言うな!言うな!
<さぁ、矢口さん。
<はい。じゃあ、流行語大賞に選ばれた、ちょー気持ちいい、で。
<ちょー気持ちいい入ってますか?
娘。<あるあるあるある…!
4位 超気持ちいい 37人
<あぁ、良かった。(拍手)
<でも、おばちゃまたちには流行ったけど〜、ヨン様?
<おー。
<ヨン様。入ってますか?!
5位 ヨン様 35人
<おぉ!(拍手)
<すごいねぇ。はい、キャメイさん。
<マジ…むかつく…
娘。<えぇ…?(笑)
<(しゃがむ)分かんない!だって!
<キャメイさん、それ誰の流行語、それ?(笑)マジむかつくって何?
<何?今の心境、それ?
<いい?マジむかつく入ってるんでしょうか?!
<なんだそれ?!
娘。<あるあるあるある…!
×
娘。<無いよー!(笑)
<さぁ、ガキさん。
<はい。今年…でしたっけ?アレ、ゲッツ!(笑)
<ゲッツは、今年じゃないね。
<いいですか?いいですか?
<去年だな…。
<ゲッツ。入ってるんでしょうか?!
<もうこれしか思い浮かばない…。
<でも入ってたらすごいよね。 …そりゃ、すごいわな。
娘。<あるあるあるある…!
×
<まぁ、今年はあんまり聞かなかったですねぇ。(笑)
<そうですね。
<ねぇ。さぁ、解答権移りました、田舎娘。チーム。
<(かおり指して)おぁーっ!
<おー!
<それだぁ。それだぁ。それだぁ。
<多分それだと思う。
<ねぇ!
<今年の流行語と言えば?
<せーの…
娘。<セカチュー!
<あ〜ぁ。
<セカチュー。入ってるんでしょうか?!
娘。<あるあるあるある…!
×
娘。<えぇ〜!?(笑)
<やった〜!
<都会娘。チームにポイントが加算されまーす。(拍手)
都会娘。チーム=179点
<良かった〜!
<さぁ、開いていないところ、見てみましょうか?
<はーい。
1位
残念!

190人

2位
ハッスルハッスル

101人

3位
間違いない

94人

4位
超気持ちいい

37人

5位
ヨン様

35人

6位
どこ見てんのよ!

31人

7位
ズバリ言うわよ!

22人

ハロー!モーニング。 ハロー!モーニング。
娘。<あぁ〜。
<あ!どこ見てんのよ!
<ズバリ言うわよ。
<みんなの流行語っていうのは…あるんですかねぇ?
<さゆ、持ってるよねぇ。
<はい。
<あ、何?
<うさちゃん、ピース(うさちゃんピース)
<はい、ありがとうございまーす。(笑)
<楽しんでる?(笑)
娘。<はい。楽しんでるー!
<誰?!
<最終問題は、ポイント…全部正解いたしますと(V)200ポイント!
娘。<おぉー!(拍手)
<逆転の可能性は十分にありますので頑張ってください。
娘。<はい!
<さぁ、それでは高橋さんと…
<わぁ゛ー!ちょともう…。
<吉澤さん、早押し席に来てください。(拍手)
<はーい。
娘。<頑張って。
<頼んだよ。冷静にね。
<頑張るよ。とりあえず、押すよ。
<ラッキーセブンオーディションに来た、女の子1000人に聞きました。
<はい。
<答えは9つ。親によく言われる小言は、なんですか?
<(ピンポン)
<あぁっ!もう!(笑)
<早いな!よっすぃ〜!
<(ボタン連打)早く押したのに…。
<(母親が言う感じで)ちゃんと、勉強しなさいよ!(笑)
<ちゃんと、勉強しなさいよ!さぁ、入ってるんでしょうか?
娘。<あるあるあるある…!
1位 勉強しなさい 277人
娘。<おぉー!(拍手)
<やっぱね。
<やはり。
<さぁ、それ…これは、よっすぃ〜、よく言われんの?
<もう、毎日のように…。(笑)
<言われてました?
<言われてました。
<ホント。そのとき、なんて答えんの?
<した。
<した。(笑)
<えー、早く寝なさい。
<早く寝なさい。
<寝なさい。
<入ってるんでしょうか?
<ありそう。
娘。<あるあるあるある…!
4位 早く寝なさい 49人
<お。(拍手)あ、違うわ。入ってた。 …×マークのを渡そうとしてたっぽい。
<良かった〜。
<これ、よく言われんの?
<言われる…言われます。
<寝た?ちゃんと。
<うーうん。寝ない。(笑)
娘。<うーうん。
<はい、続いて矢口。
<はい。そうですねぇ、部屋の掃除をしなさい!
<部屋の掃除をしなさい!入ってるんでしょうか?!
<うん。
娘。<あるあるあるある…!
2位 片付けなさい 124人
<よし!(拍手)
<さぁ、石川さん!
<…携帯の通話料、使いすぎ!(テーブル叩く)(笑)
あ〜言われそうだね。
<かかりすぎ!
<携帯の通話料、かかりすぎ!入ってるんでしょうか?
娘。<あるあるあるある…!
×
<あっ!(笑)
<はい、キャメイさん。
<はい。
<えー、あと、なんだ?
<もう、ちゃんと、バイトしなさいよー!(笑)
<何それ?ちゃんとバイト行きなさいよ?
<行きなさいよ!
<バイト行きなさいよ!入ってるんでしょうか?
娘。<あるあるあるある…!
×
<(笑)言わないよ。だって…だいたい中学生出来ないじゃない。
<そうだよ。
<あー、あと1個で…。
<豆、頼むよ。
<早く、ご飯食べなさい。
<早く、ご飯食べなさい!入ってるんでしょうか?
娘。<あるあるあるある…!
<どっちだろう?
×
<わぁー!ヤベー!(笑)
<入ってそうなのにねぇ。
<なんだろう?
<決まりました?
娘。<はい。
<もう、ドキドキする、これ…ホントに。
<ラッキーセブンオーディションに来た、女の子1000人に聞きました。答えは9つ。親によく言われる小言は?
<せーの…
娘。<早く起きなさい!
<早く起きなさい!入ってるんでしょうか?!
娘。<あるあるあるある…!
5位 早く起きなさい 45人
娘。<わぁー!(拍手)
<よし!
<よし!よし!
<よし!
<あぁ〜。
<というわけで、最終問題は!田舎娘。チームに、ポイントでーす。(拍手)
<イエイ!
田舎娘。チーム=229点
<じゃあ、ちょっと開いてないところ見てみましょう。
娘。<はい。
1位
勉強しなさい

277人

2位
片付けなさい

124人

3位
静かにしなさい

66人

4位
早く寝なさい

49人

5位
早く起きなさい

45人

6位
早くお風呂に入りなさい

37人

7位
早く帰ってきなさい

32人

8位
電気をつけっ放しにしない!

24人

9位
何回言ったらわかるの?

19人

<でも全部、早くなんとかしなさいだね。(笑)
<だよねぇ。
<静かにしなさい。
<静かにしなさい!さぁ、ちなみに少数意見は…
<うん。
<目を閉じて寝なさい!(笑)
<それは…それはしょうがない…
<それ、こんこんじゃないの?
<こんこんだよ〜。
<多分、その少数意見、こんこんだな…。
<あとはね…ウチはウチ!ヨソはヨソ!(笑)
<わー言われる!
<これは言われたー。すごい言われた。
<すっごい言われる、これ。
<あるあるあるある。
<みんな、なんか…この、なんか、言われて困ったなぁとか、ヤダったなぁとか…。
<えー美貴は、ちっちゃい時、よく、茶椀洗いしないなら使うな!って言われてましたね…。(笑)
<優勝は…田舎娘。チーム!(拍手)優勝した田舎娘。チームには…良かったですねぇ、フードチャンスに挑戦していただきます。
<えっ?!
<何それ?
ここだけはオリジナル。答えを当てた順位によってもらえるご褒美が決まります。
  1. 焼きのリ
  2. サンチュ
  3. キムチ
  4. 高級焼肉盛り合わせ ←ここが狙い目!
  5. ごはん
<高級焼肉を賭けたフードチャンスの問題です。
<はい。
<ラッキーセブンオーディションに来た、女の子1000人に聞きました。答えは5つ。無人島に1つだけ持っていくとしたら、何を持っていきますか?
<えームズ〜い。
<ほぇ〜!
<それの4位?!
<4位?!
<そう、4位!難しい。
<微妙だなぁ…。(笑)
<鏡、携帯…
<4位は難しい。
<ムズ〜い!
<ちなみにですねぇ、こちら…6位の答えは…ドラえもんでした。
娘。<ドラえもん。
そんなヒントも聞こえてないくらい真剣に相談する田舎娘。チーム。
<オーケー、決まった。
娘。<はい。
<分かんないなぁ…。
<先ほど前に出て早押しボタンを押せなかった、田中さん!
<はい。(両手あげる)(笑)
<田中さんに答えていただきたいと思います。無人島に1つだけ持っていくとしたら、何を持っていきますか?
<はい。テレビです!
<テレビ。
<テレビ。
<さぁ、テレビは入っているのでしょうか?!
娘。<あるあるあるある…!
×
<(笑)え、無いと?!(笑)
<残念!というわけで。
<親とかは?
答えは以下のとおり。
  1. 携帯電話 …152人
  2. 食べ物  …149人
  3. 飲み物  … 52人
  4. 友達   … 44人
  5. ペット  … 31人
<友達か!
<友達かぁ。
<あ〜っ。
<携帯電話入ってました。
<友達だ。
<食べ物も入ってました。4位は友達。友達って想像出来た人?
<(手あげる)私、友達がいい。
<あ、でも最後思った。
<でも現実的ですね、意外とね。
<すごいね、うん。
<食べ物、飲み物って。
<そうねぇ。
<でもやっぱそれが必要だよねぇ。
<うん。
<なんか、その現地で獲ればいいやとか思わなかったんですかね。(笑)
<今回のクイズ、みなさんいかがでしたか?
<燃えた。
<若い子の達の考える事って、意外に分からなかったりしますね。(笑)
<(やぐっつぁんの肩に手をのせて)真里ちゃんも若いよ。
<え?早いかなぁ?
<みんなの中での若いっていうのは何歳から何歳までの事を言うのかしら?(笑)
<いや〜、なんだろう?
<すごい、なんかバラバラでした。田中に、無人島何持ってくっつったら、鏡!言ってたんで、最初。(笑)
<や、違う!違くて!

2004/12/19

『娘。のから騒ぎ』ということで、『恋のから騒ぎ』まんまパクリ企画。原口あきまさがさんまに扮して司会進行。
原口<(拍手)はい、こんにちは。(笑)あいさつは?!
娘。<こんにちはー!
原口<こんにちは、言ったら、こんにちは、すぐ。
娘。<はい!
原口<ホンマにもう…あ、もう前列の人はね、もうしっかりもう映ってくださいよ。(笑)映っていい人たちですから、ここはね…。(笑)
1列目:梨華ちゃん、紺野さん、ミキティ、道重さん
2列目:かおり、たあ、ガキさん、田中さん
3列目:やぐっつぁん、亀井さん、よっすぃ〜、小川さん
1列目=ヴィジュアル重視。
<すいません!すいませーん!すいません!
<な〜んでですか?!
原口<ど…どな…どないしたん、矢口、どないした?
<3列目は?
<あの〜、よく、観てるんですけども〜(笑)
原口<おぅ、おぅ。
<なんで3列目なのかが…(笑)
原口<違う!
<分からないんですけども!
原口<違うねん!どうしても、モー娘。の中で、その考えたらやっぱこのメンツが揃ってしまったやん!(笑)
3列目=キャラクター重視。
<え!?いやいやいや…(手で否定)
<(両手広げて)ウソ〜!?
<信じらんない。
<おかしいですよー。
<おかしい!
原口<え?ぴったしやんか。全部、ハマってるがな。
<え〜?ウソ〜。
<な〜んでですか?!そうなんですか?
原口<ほら、バラエティー界で言えば1番オイシイ位置やから…。(笑)だからホントは1番、あの…悲しいのが、この真ん中の席よね。(笑)
2列目=いたって普通。
原口<これ、そうそう。あの、意外と普通で括られてしまうから。
<そうですよねぇ。
原口<だから、出て行こう!一生懸命な。
はい。
原口<飯田、飯田…お前、もう普通やないか。(笑)
<あははは。
原口<お前ら、クイズ1000人に聞きましたで、パワー使いすぎや、アホ!(笑)ホンマ…さぁ、えー今回のゲストでございますけども、さぁ、ゲストは、すばらしいですよ。もう色気もね、すごい出てきましたけれども…ご紹介しましょう。中澤裕子さ〜ん!(拍手)
娘。<イエーイ!フゥー!
<(おじぎ)
<キレイ!キレイ!
<(投げキッス)(1回転)(笑)
<カワイイ!
<セクシー!
<せくしー! …なんとなく、ひらがなっぽい言い方。
原口<中澤姐さん、ちょっと被りましたやんか、僕。(笑)勘弁してください、ホンマ…。
<すいません。よろしくお願いします。
原口<よろしくお願いしますよ、今日は。
<はい。もう登場まで長くって、もう…。(笑)
原口<すいません。だってこないだがすぐ終わったからやねぇ。(笑) …収録時間10分。
<そうなんですよ。(椅子から降りて、おじぎ)それはホントすいませんでした。
原口<いえいえ、こちらこそ。大丈夫です。あの後、オンエアー見たら、しっかり面白く編集されてました。(笑)ありがとうございます。あ、どうもスタッフのみなさん、ありがとうございます、どうも。(おじぎ)もうハロモニ。準レギュラーって書いてますからね。(笑)
<そうなんですか?!素晴らしい。よろしくお願いします。
原口<よろしくお願いしますよ、中澤姐さん。
<はい!お願いいたします。
原口<はい、さぁ、こんな中澤姐さんをお迎えして…
<こんなって…。
原口<あの〜、もう2004年、最後ですから。
娘。<はい。
原口<ね、いいですか?1年をちょっとあの締めくくるという意味で、みなさんにちょっと人生観について色々と聞いてみようと、思うとります。(笑)えー、じゃあ、最初のテーマ、行ってみましょう。最初のテーマはこちら!
質問 ”やっておけばよかった”と思ったこと
原口<”やっておけばよかった”と思ったこと。姐さん、でも色々あるでしょ?これね。
<”やっておけばよかった”と思ったこと?!う〜ん…
原口<マンボ!いや、違いますよ。(笑)いや、う〜ん、じゃない。いや、う〜んとか言うからやね…
<(拍手)
原口<違う。拍手、違う。拍手は…
<すごいね!やっぱ、隙、無いよね!
<隙なーい。
<うん。
<すごーい。見習わなきゃ。
原口<(引き笑い)あ゛ぁ゛ーっ!(笑)
<面白〜い。
原口<そんなことどうでもいいんですよ。僕の評価は…ホンマに。(笑)
<あ、そうですか。やっておけばよかったことは、いっぱいありますけども〜、まぁ、でも今がいいんでね、私は。
原口<あ、珍しくまじめな発言。
<なんで?いいじゃないですか。たまにはまじめなことも言いますよ、私。(笑)
原口<まぁ、あとからね、掘って…ちょっと掘って行きますよ。
<掘って、掘ってください。はい。
原口<はい、メンバーにね、聞いて行きましょうか。はい、まずは、こちら。
”やっておけばよかった”と思ったこと マンバギャル
原口<マンバギャル!?え?マンバギャル。これ、やってみたかったってことやね?えー、これだ〜れ?
<多分(キョロキョロ)あたしです。(笑)
原口<多分て、どういうこと?多分て、どういうことや?!(カメラに)抜かれてるやん、間違いないわ!(笑)
<はい。1度、あの…モーニング娘。に入る前にでも、こう…ガングロで、ちょっとこう…すごいエクステとかつけてなんか…顔中キラキラさせて、すごい格好して、こう…渋谷を歩くみたいな、マンバギャルを、やってみたかったなぁと思いまして。
原口<やってみたかった?
<はい。
<やればいいじゃんねぇ、今でも。ねぇ?
<えぇ〜?
<今やるとちょっと…
原口<なぁ!やっ…やっ…たらあきません!(笑)今は、やったらあきません、そんな。
<今やるとちょっと、ちょっとこう…目立っちゃうかなぁと思いまして。
原口<確かにな。あ、でも逆に分からんかもしれん。今やったら。
<変装!
<あっそうかぁ…
原口<変装として。そうや!街歩くとき変装としてやったらええねん。
<あ、したら、帽子もなんも被んなくても、ぼ…バレないで買い物出来ますよね。
原口<バレへん!バレへん!ただ、世間からは、うわっ!て、言われるよな、多分。(笑)え?マ…マンバギャル経験者は、おらへんの?(笑)
<(手あげる)
原口<えっ?!
<あの〜、私、中学校のころは、しなくても、あの黒かったんで(笑)あの、そのころのプリクラみると、あの普通にギャルぽかったですね。(笑)
原口<なるほど。もともと、色黒やったから。
<はい。そうなんですよ。
原口<あーそう。まぁ、このメンバーでいうたら、矢口はもうレギュラーですからね、ずーっと。今現役でしょ?マンバギャル。
<な〜んでですか?!(笑)
原口<え?!違うの!?
<もうキレイな大人になってますよ。(笑)
原口<え?よっすぃ〜とかもそうでしょ?(笑)現役ですよねぇ?
<おっさんです、もう今は。(笑)
<おっさんなんだ〜!
原口<おっさん…超えてもうた!マンバギャル超えてもうたがな!
<ギャルを超え、何もかも超え、おっさんに来てしまいました!(笑)
<早いよ。
<早いよ!
<でも、ハロモニ。のコントで、思いっきりやらさしてもらったことがあったんですよ。
原口<ホンマ?
<そうです。それがぁ、なんかすごいね、スッとした感じが(笑)あ、良かった、やれてっていう感じがしました。
原口<あぁ、仕事でそういうのあったらなぁ…
<うん。
原口<すっきりするよなぁ。
<だから、こんこんも多分…チャンスはあると…思います。
原口<おい!頼んだらえぇやんか、コントで。
<…1回やりました。 …コント記憶がないなぁ。とりあえず、おじゃマルのやつ。
原口<(倒れる)やったんかい!(笑)
<やったの?
<やったんだ。
<やったの〜?
<あの〜やったか。
原口<すいません。先に言ってもらえますか、それを。
<(手で否定)
原口<はい。続いてのテーマ行きますか。テーマ変えますか?はい。続いてのテーマこちら。
質問 告白されるとクラッと来ちゃう言葉
娘。<え〜っ?!
原口<(両耳押さえて)イヤ〜ン!(笑)いっぱい、ありますね。抜いてくれた?抜いてくれた?(指でOK)ありがと。(笑)こ、これはねぇ〜!
<いや、でも私、ホントでもねぇ、告白ってねぇ、されたことがないんですよ。
原口<はい。
<ホントに無いんで…
原口<え〜?めずらしいですねぇ。ありそうやけどねぇ。
娘。<うん。
<無いんですよねぇ。だからクラッと来たこと無いです。(笑)
原口<あぁ、無いんですか。
<えーそうなんだ。
<クラッとさせることを私は、もう心がけてます。
原口<分かりました、もう自分のことは。(笑)しゃべりすぎですよ。ちょっと振っただけなのにバァーッしゃべるから。
<しゃべらないと映ってないんだもん、全体の絵に!(笑)(左側に線引く)こ〜こまで!ここで切れてるの!あたしは!
原口<大丈夫!大丈夫、映ってますからぁ!
<ホント?もう、ワンショットでお願いします!(笑)
原口<もうね、映るために一生懸命しゃべりましたけど、この辺、バッサリいかせていただきますんで。(笑)すいません。はい。さぁ、見てみましょう。まずは、こちら。
告白されるとクラッと来ちゃう言葉 50年後の笑顔が見たい
原口<50年後の笑顔が見たい。ええ言葉!ええ言葉やねぇ!
娘。<うわ〜!いい!
<(両頬押さえる)
<ヤダ〜!
<なんで〜?なんでよ〜?
原口<これ、だ〜れ?
<はい。
原口<えぇ〜っ!?吉澤マジで?!
<ロマンティック。
<言われた〜い!
原口<言われたいの?え、今いくつやったっけ?
<19です。
原口<19!
<だから、50年後は…
原口<ということは、50…69。
<69。
原口<へー。どういうこと?これ、ど…どういうシチュエーションで、とかあるやろ?
<いや、でもまぁ、普通に一緒にいて…いや、50年後もこの笑顔も…見たいよって。
<うわぁ…すごい。(パチパチ)
原口<なるほど。そんだけ、一緒に…
<いるってことですよね。
原口<いるってことやからな。
<はい。
原口<同じような意見の人、おる?同じような意見の人?こういうの近いっていう…
<でも、この言葉とかも、言う人によってやっぱ違うと思うんですよ。
原口<あ〜、なるほどな。
<出川哲朗さんの場合はどうなんですかねぇ?(笑)
原口<(入れ歯とる)うん…50年後の笑顔が見たいっすよー!(笑)あのねー、これホントに、あのーお前、あのー50年後、あ、すいません、すいません、すいません。(笑)(拍手)
<あと、あの〜、織田裕二さんなんかはね…。
原口<え、誰?
<織田裕二さんなんか…。
原口<織田裕二?!室井さん聞こえる…出来ませんよ!織田裕二(笑)織田裕二、やったことないよ。(拍手)矢口、グー。(笑)それ、それ。
<あー面白い。
原口<これはでも、中澤姐さん、これはね。
<あたしはこれはちょっとダメですね。
原口<ちょっと遠回しすぎる?
<うん。
原口<もっとストレートに言って欲しい?
<そう。
原口<どんな風に?
<好き!
原口<あー矢口、言ってる意味、分かるわ。人によって違うな、やっぱりな。(笑)
<そう。
原口<うん。じゃあ、だったら、紺…紺野言うてみ!ちょっとカメラ目線で。
<えっ?!好きです!(顔隠す)止めて…。
娘。<カワイイ!
原口<カワイイ!カワイイ!
娘。<カワイイ!
原口<カワイイやん、ほら〜!愛ちゃん!愛ちゃん、ちょっと言ってみて。
<好きです!(ニカッ)
<カワイイ!
原口<おぉカワイイ!普通にカワイイわ。
<カワイイ、カワイイ。
原口<じゃあ、ちょっと姐さん言うてみて、ちょっと。
<好きです!(シーン)アレ?(笑)
<カワイイ。
<ちょっと…
原口<(前に出る)今のは…今のはヒドイぞ、スタッフ!(笑)スタッフ、今のはヒドイぞ!
<今のは…今のは、ヒドイよ!(笑)
原口<今みんな、みんな無いわ〜って顔して…なぁ。
<ここ、ハロモニ。ですよね?(笑) …うたばんではないことは確かです。
原口<びっくりしました。4カメさん、ちょっとね、引きましたもん!(笑)さぁ、続いてみてみましょう。続いては、こちら。
告白されるとクラッと来ちゃう言葉 ケーキあげるよ
原口<(笑)ケーキあげるよ!ケーキあげるよで、クラッとくるの?
<モノだね。
原口<それ、ケーキにヘンなもんが入ってたちゃうか?(笑)これ、だ〜れ?
<はい。
原口<出た。(笑)え、どういうこと?
<あの〜、あま〜い言葉とかあるじゃないですか。
原口<甘い言葉。
<そういうの言われるとクラッときちゃうじゃないですか。
原口<うん。
<ケーキあげるよっていうあま〜い言葉とか言われると…(笑) …甘いの意味が。
<えぇ?それケーキが甘いんじゃない?
<あぶないなぁ。
<それケーキについていくってこと?
<ケーキが甘いんじゃ…
<そう。あま〜い言葉を言われると…うん、クラッと来ちゃいます。
<ケーキが甘いだけじゃん。
原口<それ、甘い言葉とかけて…(笑)ケーキなだけちゃうやろ。え、甘かったらなんでもいいの?じゃあ、チョコとかでも…。
<ううん、ケーキ好きです。(笑)
原口<おーケーキだけ?
<はい。
原口<そこはこだわんねや。
<はい。
原口<ほぇ〜。なんか、こう逆に、こう言われて、うわって引くような言葉って、なんかありますか?引か…引いちゃう言葉…。
<愛してるとか。
原口<えー!愛してるアカンの?!
<なんか、マンガの読み過ぎやないっていう。
原口<うわ!オレ読み過ぎや!(笑)(拍手)オレ…アカンねや、愛してるって。
<うーん。
娘。<えー。
<告白だからじゃないんですか?
原口<ストレート過ぎてってこと?
<そう、なんか、れいなって逆になんかこう好きだった人でも、告白をされると、なんか(手で静止)あぁーって、なる人なんですよ。あの、聞いてますか?(笑)
原口<聞いてるよ、聞いてる。
<なーんかね、しゃべってるのに目線こっち(3列目)行ってますよ。(笑)
原口<違うわ。違うねん。誰弄ろうかな思うとるねん。(笑)お前、そういうとこ…見んな!(笑)そういうとこ見られると恥ずかしい。めかっちゃった!めかっちゃった!(笑)ええ、ほんで、ほんで?
<それで〜、だけ〜なんか、こうちょっと、こう好きかもみたいなとこまでがいいんですよ、れいなは。
原口<おぉ、れいなはね。
<なんか何気にさり気なく言うみたいな。
<大人になったら分かるよ、きっと。
原口<な!飯田、いいこと言うたな。
<あ、はい。
原口<大人になるほど愛してるっていう言葉、言われなくなるようなもんやねん。
<あ、そう。
原口<そうやで!もう不安になって行くんや。
<あ〜そうなのかなぁ。
<う〜ん。
原口<愛してるって言ってよってね。
娘。<ふ〜ん。
<うわぁ、そんなこと言われるんですか?(笑)
原口<あぶない、あぶない。墓穴掘るとこやった。(笑)さぁ、テーマ変えましょ。テーマこちら。
質問 さみしさを感じる瞬間
原口<さみしさを感じる瞬間、あぁ〜!まず、最初はこちら。
さみしさを感じる瞬間 ドタキャンされた時
原口<ドタキャンをされた時。えぇっ?これ、だ〜れ?
<はーい。
原口<え、石川はマジで?
<はい。
原口<ドタキャンされたの?
<あのドタキャンされたといいますか、約束ってあるじゃないですか。
原口<約束あるね。
<ついこないだ、あのウチの小川麻琴ちゃんと映画を見に行く約束をしてたんですよ。
原口<うん。
<(頭ポリポリ)
<そしたら、あの〜違う子から、麻琴とその映画、昨日見に行ったんだっていう話を聞いて(笑)
娘。<かわいそう。ひどーい。
<で、麻琴が、ごめんね、ごめんね、石川さん、今度行こうねって言われたんだけど、1回見た人と一緒に行きたくないじゃないですか。(笑)
原口<行きたくない、行きたくない。そんな行きたかないなぁ。
<いいじゃん!行こうよ!行こ!
原口<行きたない、絶対。
<でも、麻琴も気つかって、いや、もう1回見たいって言うんですけど、微妙じゃないですか。
原口<で、2回目から行くやつってねぇ、違うところで笑おうとすんねん。(笑)
<ウッソー!
原口<で、なんで、ここで笑うの?みたいな、な?顔しよんねん。
<(うんうん)
原口<それはちょっとさみしいなぁ。
<ちょっとさみしいですね…。
<(梨華ちゃんの肩ポンポン)この子ホントにかわいそうな子なんですよ。(笑)
原口<どうした飯田?どういうフォローやねん、それ、お前。え、どうさみしいの?
<あの〜、辻ちゃんとね、遊ぼうねって約束してたんだけど、断られたんですって。そしたら〜、麻琴と遊んでたんですって。
<えーウソー!?
<辻ちゃんが。(笑)
<それヒドイなぁ
<ウソ、ウソ、ウソー!?
原口<なんや、この三角関係。(笑)
<すごーい。
原口<探りたいなぁ。
<待って、待って。違うの。石川さんとホントに行こうと思ってたんです。で、たまたま、私がオフだった日に、石川さんが仕事だったんですよ。で、それで、その見に行ったっていう子は、こんこんなんですけど…
原口<こんこん。おぉ。
<そ、こんこんと、たまたまオフの日が一緒で、あーすることないね、映画見に行こっかって…まぁ、あたしから言ったんですけども、はい。(笑)
原口<言うてるやん。自分から誘ってるがな。もう石川のこと忘れてたよなぁ!そんときは。
<(こくり)
<違う。思い出したよ。(笑)
原口<思い出した。思い出したからええっちゅう問題ちゃうがな。
<ホントに、ホントにすいませんでした。(笑)
原口<小川3列目で正解やったわ。さぁ、続いて見てみましょう。続いてはこちら。
さみしさを感じる瞬間 テッシュがきれた時
原口<テッシュがきれた時。(笑)
娘。<ティッシュ。ティッシュ。
原口<ティッシュや、テッシュて。テッシュがきれた…ちっちゃい「イ」どこ行ったんや!(笑)
<アレ〜?
原口<テッシュ…だ〜れ、これ?
<はい。(笑)
<やっぱり圭織だと思った。
<だと思った。
<テッシュていうんですよ。
原口<飯田。これどうした、ちっちゃい「イ」は?
<あたし、あの、恥ずかしいんですけど、テッシュとか、デスコとか。
原口<あぁ。
<デスコ。(笑)
<なんか、そういう…
原口<おかしいやん。
<…ふうに、言っちゃって…。多分書いてたんでしょうね、そうやってね。
原口<スタッフも天才やね、そのまんま、それバッチシや。これ、どういうこと?
<いや、話自体はそんなに面白くないんですけど…。(笑)
原口<ここでハードルあがってしもうたんやな。(笑)
<ちょっと、ここで笑い取れて良かった、もう。
原口<大丈夫、大丈夫、全然大丈夫や。
<いや、なんかティッシュとかって、普段家に絶対あるものじゃないですか。
原口<あるね。
<私、一人暮らしだから、忙しいときとか買いに行けなくなっちゃったときに、すごい、なくなっちゃったときにすごいさみしい…。
原口<あぁ、やっぱ普通やったねぇ…。(笑)
<でしょ?なんでこれピックアップされたのか分かんないんだもん。
原口<もちろん、ここですよ。(テッシュ)(笑)
<そこか。
原口<もちろん、ここが最大の…ですよ。
<そっか、そっか。
原口<ねぇ、これはさみしいですよ。じゃあ、逆にメンバーが、こうウザいと思う瞬間。なんかこう自分が1人で、か…考え事とかしたいときに、あ〜ウッザいなぁ、この人とか…あるやろ、藤本。(笑)
<そうですねぇ、あの…
原口<あるんかい!(笑)
<あ、でも〜、ウザいというか、あのコンサートの帰りの車とかで、まぁ、みんなぐったりこう疲れてるわけじゃないですか。
原口<おぅ。
<まぁ、今日もやってやったぞっていう(笑)感じで、みんなこう寝たりとかしてる人もいるなか、ワイワイされると、たまにちょっとウザいなって思いますね。(笑)
<(うんうんうん)
原口<途中参加やからな。団体がな。
<はい。
原口<正直な。あぁ、まだ、慣れて…慣れてないっちゅうことは…
<いや、でもウルサイ!って言いますよ、普通に。
原口<あ、言うの?
<はい。
原口<あ、そう。そんな藤本をウザいと思ってる人は?(笑)
<いや!いっぱいいると思います、ホントに!
原口<いっぱいいる?仲…仲ええんやろ?
<そうですよ、普通にみんな…。
原口<みんな。仲ええから言えることやからな。ウザいとか、ウルサイ!とかはな。
<そうですね。
原口<そういうことや。さぁ、テーマ変えましょうかね。続いてのテーマこちら。
質問 最近思わず涙しちゃったこと
原口<最近思わず涙しちゃったこと。あぁー。はい、こちら。
最近思わず涙しちゃったこと 誕生日にもらった手紙
原口<お誕生日にもらった手紙。あら〜!ええねぇ。これ、だ〜れ?
<はい。
原口<おー矢口。
<はい。あの18歳という、まぁ、ホントに大人になる…年齢のときに、初めてお母さんから手紙をもらったんですよ。 …それは最近っていうんですか?
原口<おぉ!初めてもらった。
<あの〜ウチの家族って、ベタベタしたりするのが、すごいダメな家族なんですよ。
原口<あっ、そうなんや。
<そう。だから、電話とかでもすごいさっぱりあっさりしてる会話しかしなかったりとか…。
原口<へぇ。
<18歳のときに初めてその手紙で、なんかホントに無理をしてるけれども、あのお母さんが支えになれることは支えになるからね、みたいな…。
<(うんうんうん)
原口<ええなぁ。
<そんなね、手紙をもらって…
原口<それは泣くなぁ。
<1人で泣きました。
原口<いや〜、それはええ話やなぁ。へぇ〜。そんな小ネタいりません。(笑)
<な〜んでですか〜!?
原口<ホンマ、いりません。そんな…
<まともな話させてくださいよ〜!
原口<アカン!3列目がまともな話してどうすんの?!(笑)アカンわ。普通に…
<だから3列目ヤなんですよ〜!(ぷくぅ)
原口<普通に聞いてしもうたがな、みんな。(笑)ホンマに。オチ待ちっちゅーやつや。(笑)ガキさん、どうなん?ガキさん。
<はい。
原口<なんかある?こういうの。涙したこととか。
<ありますね。でも、こういう感動の涙とかじゃなくて、怖くて泣いたんですけど…。
<え゛っ?
原口<怖くて。
<(笑いながら、ビクッてなった) …田中さんの真似?
<(一緒に笑う)
<(ガキさん、凝視) …お約束。
<こないだ家で普通に勉強してたんですよ。
原口<うん。
<で、勉強してて、そこにお母さんもいたんですよ。で、勉強が終わって仕事に向かうってときに、服を着替えに自分の部屋に服を選びに行ったんですよ。
原口<おぉ。
<そんときは、まだいたんですね、お母さんは。で、帰ってきたら、お母さんがどこにもいないんですね。で、お母さ〜ん!て、叫んでも返事がないし、全部の部屋見てもいないんですよ。
原口<うん。
<で、すっごい怖くなって、ババちゃんを呼びに…ババちゃん、お母さんがいないんだけど、一緒についてきて…。
原口<ババちゃん?
<おばあちゃんです。(笑)
原口<あ、おばあちゃん。ビックリした、ババちゃんて言うから、誰やろうって?
<で、ついてきてって言って、で、こう帰ってきたら、普通にその椅子に座ってたんですよ。
娘。<えーっ!なんでだろうねぇ?
<で、お母さんに、ちょっと待って、お母さんどこにいたの?って言ったら、私はずっとここに座ってたよって言われて…
<えっ!?
<え、こわーい!
<え、なんで?!
<ホントにもうふざけないで、いい加減にして!って言って、ちゃんと答えてって言っても、いやお母さんは普通にここにいたよ、あんた氷食べながらここ歩いたでしょ、とか言ってんですよ。
原口<えぇっ!?
<こわ〜い。
<で、その体験を妹もしてるんですよ。
娘。<え〜っ!?
<妹もいなくて、おばあちゃんを呼ぶといるんですよ。
<こわぁ〜。
原口<怖いなぁ。
娘。<えーっ。
<えーなんで、なんで?
<何それ〜!
原口<すいません、この話、出来れば夏にやってもらえますか?(笑)
<確かに。
原口<ねぇ、今年も終わるっちゅーころにその話されてもですねぇ。
<すいません。ホント怖くて泣きましたね、それは。
原口<怖いなぁ。
<(怖いわ)
娘。<こわ〜い。
原口<そりゃ泣くわな。ただ、隣の田中は、はぁ?みたいな顔して。(笑)アカンで。そんな顔したら、アカン。いや、僕ねぇ、1つ、あの〜聞きたいことがあるんですけども、あの、こうメンバーが卒業していくじゃないですか。
<はい。
原口<あんときの、あの〜卒業式の涙っていうのは、ウソでしょ?(笑)
娘。<え〜っ?!
<違いますよ〜!
<ウソじゃないですよ〜!
<なんで〜!そんなこと、できませんよ。
<(手で否定)
原口<いやいや、矢口、絶対ウソやって、やぐ。 …やぐ?!
<いやいやいや!そんなこと出来たら大女優ですよ!(笑)マジで。
原口<えっホント、泣く?心から。さみしい?
娘。<うん。
原口<中澤姐さんのとき泣いた?
<大号泣でしたよ。
<うん。
<すごい覚えてますもん。
原口<飯田も?
<もう、号泣しました。やっぱり、次リーダーになるっていうので、すごいあたしもプレッシャー感じてたんですけど、本番が始まる…うん(咳払い)何分か前に…うっうん(咳払い)楽屋で二人きりになったんですよ。
原口<おぉ。
<そんときに、圭織頼むなって裕ちゃんが言ってくれて、ちょっとトイレで泣きました。はい。
原口<へぇ。
<あぁ。
原口<そんとき帰って日記にウソ泣きしてしまったって書いてなかった?(笑)
<なんで〜?
原口<ウソ泣きして、ごめんなさい。裕子さん。バタンみたいな…。
<してないよ〜。
原口<さぁ、続いてのテーマ変えましょ。ね。テーマこちら。
質問 ”自分は大人だ”と感じる瞬間
原口<”自分は大人だ”と感じる瞬間。ほぉ。まずは、こちら。
”自分は大人だ”と感じる瞬間 おでんの「タマゴ」が好きになった時
原口<おでんの「タマゴ」が好きになった時。
<ははははは。
原口<これ、だ〜れ?
<はーい。
原口<ははっ。田中れいな。
<はい。えっとー、やっぱ大人って、こうおでんで、なんが好きって聞いたら、やっぱ1位は多分大根っていうんですけど、次タマゴが来るじゃないですか、なんとなく。
原口<タマゴ来るねぇ!
<でも昔は、なんかそういう大人が、なんか大っ嫌いで…(笑)
<すげ〜!すげ〜!
<違う、違う…
原口<お前、どんだけの国民をお前、敵に回したか、お前、今。(笑)
<違う、そういうことじゃなくて、こう信じられなくて、好きか、1番て言うのが。れいなの中では、牛すじとか、そういう系だったんです、やっぱり。(笑)
原口<ちょい、待て!田中ちょっと待て!
<そっちの方が大人なんだよ。
原口<牛すじは、もっと大人や!(笑)タマゴよりもっと大人や!
<確かに。
<でも、れいな、ほら、肉好きなんですよ、すごく。
原口<知らんがな!(笑)そんな…。
<で、その〜、なんかタマゴが嫌い…すっごい大嫌いだったんです、前は。なんか、ボロボロ感というか、なんかこう味がないっていうか…。
原口<うんうん。
<でも今はなんか、おでんと言えばタマゴやろっていうくらい大好きになって、なんか1日に1個はタマゴ食べます、れいな。
原口<いや、カラシ使ってないやろ、まだ?
<あー使ってないですねぇ。
原口<あーまだ子供や。(笑)
<あー。あー。
<あっ!七味!七味入れます!え、入れんわ。
原口<七味!?
<ウソ!ウソ!焼き鳥と勘違いしました、ごめんなさい。(笑)
原口<ビックリするわ、ホンマ。そのへん、教育しとけよ、ちゃんと。(笑)おい、3列目頼むで、ホンマ。(笑)
<なんでぇ?
原口<さぁ、続いてはこちら。
”自分は大人だ”と感じる瞬間 場の空気が読めるようになった時
原口<お。場の空気が読めるようになった時。(笑)え、これ何?場の空気が読めへんかった人がおるの?これ、だ〜れ?
<はーい。(笑)
娘。<えーっ?!読めてないよ。
<えっ?
原口<亀井。
<読める、読める。
原口<亀井はビックリする。やっとしゃべったな、ほんで。(笑)何?どういうことや?
<基本、私、あの〜アレなんですよ、しゃべってる時に、場がシーンとなることを、モーニングむすむ…
<むすむ。
<モーニング娘。に入って知ったんです。
原口<しゃべったら?自分がしゃべったら?
<しゃべったら、こう今なってるじゃないですか?
<なってるねぇ。
<こうなるんですよ、ホントに。
原口<そりゃそうや。聞かなアカンてなるもんなぁ。
<だから〜、こういうときはホントに面白いことを言わなきゃいけないとか、あ、ここはツッコむときとか、が、分かるようになったんです、私。
<(笑いながら)ウッソ〜。(笑)
原口<ウソ〜て、言われてるやん。3列目に座ってるんやからええのよ!出て行って〜、ちゃんと。
<でも私、絶対ここ(1列目)なんですぅ。(笑)
原口<自分で決めんな!
<私、絶対1列目なんです!
原口<えーそんな…そんなに、空気読めん?
娘。<うーん。
<あ、でも悲しい話とかも、笑って話すんですよ。(笑)なんでもこうにこやかに楽しそうに話すのがあるなぁと思いますね。
原口<アカン、卒業式楽しみやな。笑うんちやう?
<ね〜。
原口<初、初。(笑)モー娘。史上、初や。卒業式に、うわっはっはっは!っていう…。(笑)
<(手で否定)笑いませんよ〜!
原口<卒業していきよった〜!みたいな。
<しない…そんなことしない。
原口<えーこれから、どんな大人になっていきたいかっていうことをね、小川ちゃんに聞きたいんですけど。(笑)
<これからですか?
原口<えぇ。
<アンケートには、中澤さんのような大人になりたいって書きました。
<あらま。
原口<あらっ!
<あら。
<やー、普通にキレイだよなぁと思って。
<キレイ。
<ありがとう。(笑)
<と思いますよ。
原口<(小声で)のせられてんのや。
<あ、マジで?(笑)
<なんですか?
原口<なんでもない、なんでもない。え、早く結婚したいとかは思わない、別に。
<今は…何も考えないデスケド。(笑)
原口<なんで急に訛ったよ。
<分かんない!なんでだろう?
原口<ちょっと動揺してるってことやないか。
<いや〜、嬉しい!
原口<え、中澤さん、カッコいいと思う人?
娘。<(全員挙手)はい。
原口<おぉっこれは!
<(立ち上がる)いや〜!マジで!?(笑)嬉しい〜!
原口<嬉しそうやな。
<嬉しい。圭ちゃん、勝ったぜ、オレ。(笑)
<そこでいいんだ。そこでいいんだ。
<あ、違う!違う!一緒にはされたくないわ!
原口<そこと争っても。(笑)はい。ということで、ねぇ!今日の、えー説教部屋行きありますから、ちゃんと。
<あるんだ。
娘。<えーっ?!
原口<あたり前じゃないですか。なんのために、お前ここまで頑張ってやってんねん。(笑)さぁ、今日の説教部屋行きの発表です。
<(暗くなる)本物だ。
<すごい。
<怖い。
原口<今日の説教部屋行き…矢口!
<な〜んで!?(笑)ど〜してですかっ!?
原口<3列目の空気を読んでない。(笑)
<う〜そ〜?!絶対選ばれないと思ったのに〜!(笑)


ハロモニ。娘。の説教部屋
<(CO2噴出)あぁ〜!はははは!ビックリした〜!
原口<すっごいよー!すっごいよー!(笑)
サンタの格好をした、あきまさンタと、トナカイの角を被った姐さんと黒子トナカイが登場。
原口<♪真っ赤なお鼻の細かいさんは…細かいねん、言うことが!(笑)やかましい、お前は。(ピコ!)(笑)えー?!
<おかしいですよ〜!
原口<なにがや!?
<な〜んで、え?だって、すごい発言力あったじゃないですか、いっぱい、いっぱい。
原口<発言力あったもクソも、お前3列目なのになんで普通の話すんのや!(笑)アカンやないかい。
<違う、いい話…
原口<すごい号泣しました…えぇ、普通に涙でました…おれらが号泣じゃ、アホ!(ピコ!)(笑)見てみ、お前。姐さんも牝馬…
<カワイイ、カワイイ。
<(首ひねる)なんか、私、今ここにいる意味が分からない。(笑)
原口<そりゃ、絵的にや、絵的に。
<私、何すればいい?
原口<いや、中澤姐さん、いていいんですよ。なんでお前がいんねん!(ピコ!)(笑)お前は誰や!? …黒子トナカイに攻撃。
原口<違うよ、お前、次期…次期リーダーやろ!?
<そうですよ。
原口<しっかりせなアカンやろ、ホンマ。
<えぇ?何がダメでした?
原口<隣の亀井にもしゃべれ、しゃべれって言うたれよ!お前…
<あぁ〜。
原口<出番無くなってもうたがな!ホンで…(笑)
<あ、もっと周りを見た方がいいってことですよね?
原口<なんで上からモノ言うねん!(ピコ!)(笑)
<痛い。
原口<なんでオレに上からモノ言うねん。お前殴るだけでオレ、ドキドキしてんねんぞ。(笑)
<はい、大丈夫です。はい、大丈夫です。(拍手)
原口<すいません。私のワガママで、このコーナーやらさせていただいております。(笑)ねぇ、姐さん、どうですか?
<私だって矢口大好きだもん。(笑)なんなら、私は今殴ってる、今の状況がむかつくから(ピコピコハンマー奪う)(ピコ!)ダメなの。(笑)
原口<なんで?なんでオレ殴られな…ちょっと待って。
<矢口はあたしの大事な大事なペットですからね。
<いや、ちょっと待って。違うよ。
原口<いや、すいません。申し訳ございません。お前も謝れ!(ピコ!)一緒に!(笑)すいません、すいません。ホンマにすいません。もう僕ら悪いことしました。すいません。いや〜!もうツリーが3本立ってるかと思いました。(笑)ホントに素敵です。素敵です。お前もなんか言え、アホ!(ピコ!)(笑)


今日の「たあ」

 たあだけ、テロップによる紹介なし。っていうかトークがなかったのか。代わりになのかどうかは分かりませんが、ピンショットの回数はしゃべってない割には多かったのでした。

 もちろん、これが1番だったわけですが。


『好きです!』言った後に照れ笑いする、たあ。


サイトトップへ戻る


Read Me Japan!