Mac用の多機能アプリケーション 1PieceにはMacの使い勝手を向上させる様々な機能が含まれています。ウインドウの一覧を表示するウインドウリストや、ホットコーナーを利用した操作スペースやウインドウの切り替え、ウインドウの大きさと位置を調整する機能など。
ウインドウリスト 開いているウインドウの一覧を表示し、目的のウインドウを開くことができる。また、ウインドウを閉じたり、別のスペースへ移動させることができる。 スクリーンショット
デスクトップウインドウ デスクトップ上のウインドウのサムネールを表示し、ウインドウを切り替える。また、ウインドウの大きさと位置を調整したり、別のディスプレイへ移動させることができる。 スクリーンアニメーション
ホットコーナー ホットコーナー上でクリックやスクロールすることで、操作スペースやウインドウを切り替える。 スクリーンショット1
スクリーンショット2
タイトルバー ウインドウのタイトルバー上でクリックやスクロールすることで、ウインドウを背面に送ったり、ウインドウの大きさと位置を調整する。
ウインドウ操作 ホットキーやコンテキストメニュー、スナップによってウインドウの大きさと位置を調整したり、別のディスプレイへ移動させることができる。 コンテキストメニュー
スクリーンアニメーション
アプリケーションの終了 アプリケーションが持つ最後のウインドウを閉じると、そのアプリケーションを終了する。
Dock アプリケーションの切り替え時に、「Dockを自動的に隠す/表示」機能を自動的に入/切する。
ウインドウの調整 ウインドウがディスプレイからはみ出ないように調整したり、自動的にウインドウを最大化する。
アプリケーションの非アクティブ アプリケーションが持つデスクトップ上の最後のウインドウをしまうか閉じると、そのアプリケーションを非アクティブにする。
修飾キーによるLauncher CommandやControlなどの修飾キーを2回押すことで、アプリケーションを起動したり、ファイルやフォルダを開いたり、アップルスクリプトやAutomator ワークフローを実行する。
メニューバーのコンテキストメニュー ホットキーによってアプリケーションが持つメニューバーのコンテキストメニューを表示する。また、お気に入りに登録すれば、素早く目的のメニュー項目やアップルスクリプトを実行できる。 スクリーンショット
その他 コントロールボタン上でのマウス操作や、マウスカーソルの移動、マウスカーソルを隠す、すべてのアプリを終了、アプリを再起動など。