旅路の間 旅行日程

――楽しさ・苦しさ・怖さの混沌――

ブラジル館


1996年7月9日〜22日

相当の犠牲をはらって捻出した2週間でしたが、広大なブラジルの大地と魅惑のリオに加え、ぐうたらな私の性格が災いし、あっという間になくなってしまいました。
東京→リオ・デ・ジャネイロ→東京だけで2日半消えてしまうため、実質10日間となりました。リオだけでなく、最低限イグアスの滝には行くことにしていました。当初は、あわよくばサルバドール(バイーア)もと思っていました。が、やはり10日では無理でした。行った事実だけなら残すのも可能だったでしょうが…。
広さと物価の高さにあきらめました。

 

日付

 

主な行動 宿泊地

7/9

成田発17:00 サンフランシスコ・マイアミ経由で、リオ・デ・ジャネイロへ
正味28時間
 

7/10

リオ着 出発から1日後の朝9:00 コパカバーナで昼寝、夜はサンバ
・ショウを観る
リオ・デ・ジャネイロ

7/11

リオの象徴ポン・ジ・アスーカルへ、午後はセントロ(中心街)など市内散策 リオ・デ・ジャネイロ

7/12

コルコバードのキリスト像を拝む、後はセントロでダラダラする リオ・デ・ジャネイロ

7/13

イグアスの滝へ移動、滝には行かず街をぶらつく フォス・ド・イグアス

7/14

滝見学(ブラジル側) フォス・ド・イグアス

7/15

滝見学(アルゼンチン側) フォス・ド・イグアス

7/16

サンパウロへ移動、セ広場など街をぶらぶら サンパウロ

7/17

前日に引き続き日本人街などを散策、夜まで暇つぶし (夜行バス)

7/18

リオへ移動、マラカナンサッカー場、ナナ・カイミのコンサート リオ・デ・ジャネイロ

7/19

終日街をぶらぶら、土産もの探し リオ・デ・ジャネイロ

7/20

床屋で散髪、帰路リオ発21:00 マイアミ・サンフランシスコ経由で、成田へ
正味30時間
 

7/21

(空白の1日) 地上ではオリンピック、サッカーでブラジルが日本に
敗れる波乱
 

7/22

成田着 2日後の14:55