男子の厨房

− 日本酒再発見−

萬屋のホーム


 こんなことは何の自慢にもなりませんが、私はお酒が好きです。少し前まではウィスキー、中でもアイリッシュやシングルモルトなんていっていましたが、今ではやはり日本酒です。何より食事に合う。ワインもいいですが、微妙な味付けの和食にはそぐわない時があります。焼酎や泡盛もいいですが、調子に乗るとすぐ酔っ払ってしまいます。その点、日本酒は冷やして良し、温めて良し、そのままでも良しです。

 臭い?−−今時、大量生産のケチな酒を除けばそんなものはありません。
 甘い?−−ベチャベチャの三増酒は消えました。多くは端麗辛口、一方甘口も良い甘さです。
 酔う?−−きちんと造られた酒は悪酔いしません。もっとも限度というものもありますが…。

 地酒も多く出回るようになりました。いろいろな味を楽しめます。一部の銘柄を除けば値段も高くありません。ビールも洋酒もいいですが、たまには瑞穂の国に根づく酒を飲んでみてはどうでしょう。


日本酒探索記

銘柄 種類 販売元 県名 勝手な感想
大七 皆伝 純米吟醸 大七酒造 福島 うまみが濃い。純米酒だが大変力強い。大事に冷やして飲んだが、常温、あるいは少し燗してもいいかも。
刈穂 大吟醸 秋田清酒 秋田 まさに吟醸酒。こんなにフル−ティでいいのか、というほど。感動しすぎたせいか、逆に日本酒らしくない感じもある。
八海山 本醸造 八海醸造 新潟 鼻に抜ける香りはさすが。味わいは極めて軽く、スッキリ。端麗辛口というより、むしろ甘いという印象が残る。
越生梅林 本醸造 佐藤酒造 中田屋本家 埼玉 地元・埼玉の酒にも光を。しかし、これはごく普通の酒。やや苦味もある。ヒレ酒用の熱燗を目的にしたので、比較は酷。
芭蕉松島紀行 純米 阿部勘酒造店 宮城 お年玉年賀葉書で当たった1本。甘くもなく辛くもない中性味が特長。クセがないといえるが、今ひとつおもしろくない。
晩水 特別純米 さゝ錦酒造 宮城 芳醇まろやかでフル−ティ。とても内容が濃い。かといってクドイわけでもない。純米酒の良さを見直す一品。辛いだけが酒じゃない。
神亀 純米活性にごり酒 神亀酒造 埼玉 「活性にごり」の名前どおり炭酸が非常に爽やか。キリリとした酸味が効き、舌に残る味わいが濃い。米の味が伝わってくる逸品。
琵琶の長寿 純米吟醸 池本酒造 滋賀 飲み口淡麗な中に濃厚な味わい。芳醇な香り高く、飲みやすい酒。「純米酒の基本」といった感。
真野鶴 吟醸 尾畑酒造 新潟 ほのかなフルーツ香で、優しくやわらかい味。甘く、すっきりした味わい。
花美蔵 純米大吟醸 白扇酒造 岐阜 深い甘さで含蓄ある味わい。ほのかな香り。全体的には地味だが、懐深い感じ。不思議にグビグビいけてしまう。

インターネット・ショッピング実践

又上(またじょう) 越後村上の塩引鮭。実は完熟たらこがうまい。
原川拓郎農園 無類の梨好きなのであります。満足の高級二十世紀梨でした。
丸島醤油 いつも使う醤油は安全なものを。FAXでの注文。
ぐり〜ん 乾燥いちじくが安い。おいしい健康食です。
産直グループ アンコウ鍋に舌鼓。