歌舞伎座公演一覧

忘れっぽい性分で、感動したはずの芝居もすぐに記憶が薄れてしまいます。個人としての必要性から生じたメモで恐縮ですが、歌舞伎座での公演を一覧にしました。お役に立つようなら幸いです。

演目は、主にプログラムやパンフレットを参考にしています。本名題と通称の区分けなど統一が取れていない部分もありますが、ご了承ください。

歌舞伎館 前年の公演 国立劇場公演

年月 演目 よみ 備考
2006年1月 昼の部 弁慶上使 べんけいじょうし 御所桜堀川夜討  
猩々
三社祭
しょうじょう
さんじゃまつり
   
盲目物語 もうもくものがたり    
夜の部
恋女房染分手綱 こいにょうぼうそめわけたづな 重の井  
船辨慶 ふなべんけい   杵勝三伝の内
松浦の太鼓 まつうらのたいこ   秀山十種の内
2006年2月 昼の部 春調娘七種 はるのしらべむすめななくさ    
一谷嫩軍記 いちのたにふたばぐんき 陣門・組打  
浮塒ともどり うきねのともどり お染久松  
極付幡随長兵衛 きわめつきばんずいちょうべえ    
夜の部
梶原平三誉石切 かじわらへいぞうほまれのいしきり    
京鹿子娘二人道成寺 きょうかのこむすめににんどうじょうじ    
人情噺小判一両 にんじょうばなしこばんいちりょう    
2006年3月 昼の部 吉例寿曽我 きちれいことぶきそが    
吉野山 よしのやま 義経千本桜  
道明寺 どうみょうじ 菅原伝授手習鑑 十三世片岡仁左衛門十三回忌追善狂言
夜の部
近頃河原の達引 ちかごろかわらのたてひき お俊伝兵衛 十三世片岡仁左衛門十三回忌追善狂言
二人椀久 ににんわんきゅう    
水天宮利生深川 すいてんぐうめぐみのふかがわ 筆屋幸兵衛  
2006年4月 昼の部 狐と笛吹き きつねとふえふき    
高尾 たかお    
沓手鳥孤城落月 ほととぎすこじょうのらくげつ    
関八州繋馬 かんはっしゅうつなぎうま 小蝶蜘  
夜の部
井伊大老 いいたいろう    
口上 こうじょう   六世中村歌右衛門五年祭追善
時雨西行 しぐれさいぎょう    
伊勢音頭恋寝刃 いせおんどこいのねたば    
2006年5月 昼の部 江戸の夕映 えどのゆうばえ    
雷船頭 かみなりせんどう    
外郎売 ういろううり    
権三と助十 ごんざとすけじゅう    
夜の部
傾城反魂香 けいせいはんごんこう    
保名/藤娘 やすな/ふじむすめ    
黒手組曲輪達引 くろてぐみくるわのたてひき    
2006年6月 昼の部 君が代松竹梅 きみがよしょうちくばい    
双蝶々曲輪日記 ふたつちょうちょうくるわにっき 角力場  
藤戸 ふじと 昇龍哀別瀬戸内  
荒川の佐吉 あらかわのさきち 江戸絵両国八景  
夜の部
暗闇の丑松 くらやみのうしまつ    
身替座禅 みがわりざぜん   新古演劇十種の内
二人夕霧 ににんゆうぎり 傾城買指南所  
2006年7月 昼の部 夜叉ヶ池 やしゃがいけ    
海神別荘 かいじんべっそう    
夜の部
山吹 やまぶき    
天守物語 てんしゅものがたり