黄梁の夢 感想 

いや〜久々の彩雲国!

あとがきにも書いてあったけど、本編は最終章近いのかなー。終わって欲しくない気持ちと、いい加減いろんな問題抱えてる劉輝に落ちついた国王生活送らせてあげたい気持ちと(^^;)
でも意外と彩八仙とか過去話とか明らかになってないんだよね、とか思ってたら今回の外伝でかなり明らかになりましたね。

静蘭。
かなり暗い。ほんま暗い。 あと読んでる最中に楸瑛が静蘭追放のとっかかりになったの!?ってショックだったけど真相はアレだったから。いやアレもびっくりだったから。そんな恐ろしいオチ。

彩雲国物語は誰かの視点で見る物語と本当の姿が結構違う方が多いので気が抜けませんね。皆何か裏がありすぎる。
んでもって静蘭。いや〜〜、ほんっと暗いね。今は明るく生きてるけど、かなり壮絶な人生だよね。つかほんといろんなことのすれ違いで起きた悲劇だよね。誰かがその時ここにいたら。彼がこういう性格じゃなかったら。どこかで和解出来ていたら。起きなかった悲劇の数々。そんな中で劉輝がえらく可愛かった。うん、静蘭じゃないけど、かなり癒されるよこの子。
あと前国王がこの話でだいぶイメージ変わったなぁ。王になるたるべき冷静さも持ちつつ、忙しい中ちゃんと子供達も助けてたってゆー・・。真実は明かされることないんだろうけど、かなりビックリ。

燕青の話もなんか凄かった。
けど燕青だからなんか明るかった。静蘭との別れもこうやって見ると壮絶だよね。再会するまでの話も読みたいなーなんて。茶州時代とか。女性関係話とか。

千一夜

ヤバイ、この夫婦やばい。えらく可愛い。

どうしようなんだこの可愛い仙人。見た目だけじゃなく中身も可愛い。
そりゃーただでさえ情の深い紅家の人間に逃れるすべはない(笑)
なんか薔薇姫がベアトリーチェ(byうみねこ)とかぶった。強がってるけど1回崩れるとどこまでもボロが出ちゃう可愛さを持ってる、でも持ってる力は半端ない女性。もう復活する事はないのかなぁ。

今回の外伝、凄い読み応えがありました。暗いけど本編の最終章が始まる前に読めて良かった作品。
つかこの話でだいぶ印象変わったよ・・いろんな人とか事情とか。あー早く本編の続きも読みたい!