BACK

第32話「約束の地に」

あいたトールの席が悲しいね・・。

(あらすじ)

も・・・もうボロボロです・・・。

アラスカとぉーちゃあーーーく!!!

なんだかあまりAAを歓迎してない地球軍(こいつらブルーコスモスか!!???)。
現状待機を言われ暇をもてあますクルーと納得いかないマリューにシャワーを浴びるナタル。

静養するアスランは勲章受賞と転属に動揺。ここでなんで「君の友人だ・・」でにやりとするか仮面。

どーやらキラはマルキオ発見センサーを使い自力で彼の家の前まで来たようです。
んで、そのまま報告にザフトにきた彼がプラントにお持ち帰りしたーと。
んでラクスに預けた・・??「僕はアスランと戦って死んだはず・・」ほんとにな。
ああもうこの編は?だらけですが、まぁいいように解釈しておこう。

「ラクスさん・・」ああ、この呼び方なんか好きです。違和感ありまくりだけど(笑)。
でもすぐ「ラクス」「キラ」って呼び方になっちゃったね。お互いに。
あーーカガリの魂の叫びなはっぱかけではなく、ラクスの癒し・・・。しかしこの後のAAの女性陣見た後
だとなんかラクスだけ浮いてます。ここまで聖人だとなんだかな(いいはずなのになんか納得いかず)。
「敵だから戦った」でいいのーーー!!?

つかアスランの心配はーーーーー(汗)????

もうこの時にはアスランの無事はラクスに報告されていたのでしょうか?んで全て知っていてキラを
匿い話を聞いていたのか。 それだったらなんか納得いくんだけど。

怒涛のAA。

怒涛の10分。もう何を言ってよいやら。何を感想書けばよいやら。

トリィがサイの肩に止まるの見て一瞬キラの面影が浮かびハッとするフレイ。
サイに話しかけるも「・・・何?」

冷たい、冷たいよサイ・アーガイル!!!

まぁ今までの事考えるとしかたないけど!!

「・・やめなよ・・」

言いたかったんだねサイ!!自分がキラに言われたこのセリフを(笑)!!←かなり私が錯乱中。
「やめてよ・・サイが僕に(略)」
も・・・もーーーーほんっとにフレイに対して冷めてますね・・。あははっはは。サイフレ消えたなーこりゃ。
でも一応「ごめんな・・」つけましたね。結局いいやつだよキミぁーーーああああ(涙)。

しかしキラの事利用しようとしていたのを知っていたサイもすごいが、それをサイが知っていると
わかっていたフレイもすごい!!「あなた・・わかってたじゃない」

そう考えるとサイがガンダム動かせなくて泣いた時のフレイの「バカね・・!」もわかりますね。
私の計画だから・・邪魔しないで、みたいな。

そして本当にすごいのはここから。

「君はキラのことが好きだったろ!?」「違うわ!」「違わないさ!!」「違う違う!」

認めたくナーい。

そうかハロのこの言葉はここの伏線だったんだね!?

(やはり少し錯乱・)

この違う違う!!はどうしてわかってくれないの私本当はサイの事好きなのよ!!ってのが表の
気持ちで裏はそんな訳ない!私がキラの事好きなんて・・って

認めちゃえよーフレイ(byフレキラスキー)。←どこの人ですか。

ディアッカとミリー。

ディアッカ災難・・。でもその口の悪さが禍したね。
AA唯一の癒しと思われていたミリィの豹変。ナイフでディアッカを刺そうとする。はっきしいって容赦ない。
正直いってフレイより怖・・怖かったっす・・ミリィ・・。そう思うとフレイはやっぱりお嬢様だったのね・・。

「トールがいないのに、なんでこんな奴がここにいるのよ〜〜〜〜〜!!!」

ちょっと可愛そうなディ。会って2度目の女の子にここまで言われるなんて・・・・。捕虜ってつらいね・・。

憎しみを思い出し、なおかつ混乱していたフレイはなぜか置いてあるピストルでディアッカを撃とうとする。
それをはっとして止めるミリィ。

最初殺そうとしていたのに、なんで止めたの??とか思ったけど、これってやはりフレイの
「コーディネーターなんて皆死んじゃえばいいのよ・・!!」(ああお懐かしい)に触発されてでしょうか。

やっぱり2人ともお互いに相手がそういう事してると我に返る、というか。やっても仕方ない事だ
ってわかったのか・・。後私的主観では、今までミリィはフレイがキラの事好きになってコーディーなんて
もう憎んでないと思っていた・・のではないかと。それが実は全くそうではなかった事がわかって。

実はキラを利用していた・・!!?

それはなぜにか。コーディーを倒させる為。他人の憎しみを見て我に帰るミリィ。それとわずかながら
にも友達(そ・・そうだよね・・?)のフレイにそこまでさせられないと思ったか。

泣きながら倒れるミリィと呆然と涙を流すフレイ。それを見るやはり呆然とした(逃げたい)男性陣

ディアッカの髪、乱れた・・!!

※今回の1枚※

今までの分を取り戻すくらい修羅場の皆をよそに平穏を満喫する主人公・・。
今回のタイトルこそ「穏やかな日に」すれば・・。あ、でも後半が穏やかじゃないか・・(汗)。

マルキオさんはFE(ゲーム)とかでリカバーとか持って登場してくれる僧侶のようです。

※今回の2枚※

ディ「じゃーオレそーゆー事で」 サイ「待て(オレを置いて)行くな」

つか怖!!2人(ミリーフレイ)とも怖!!!

 

次回。

サイ「ハ〜〜。女の子って怖いよな」 カズイ「大変だなーサイも」(そんな事言ってるか
わからんが。あのシュラバの後結構冷静そうなサイに拍手)

フレイが部屋に一人・・?ちょ・・ちょっとやな予感・・。今回で憎しみが限界点に達したと思いたいです・・。
後は下降してって欲しい・・・。
「闇の胎動」

すでに後半戦、どうなるガンダム!!

NEXT