トンデモナイ展開キタ。




42幕

「なんだかんだいってサムライだなー」 byゲンちゃん

これが・・その後の伏線?になろうとは。 

そしてアクマロの野望発覚。ぶっちゃけもう45幕まで見た今となってはどうでもいい(ひでぇ)



43幕

ゲンちゃん・・かっこえぇ・・

ジュウゾウとゲンちゃん。とても朝の子供向けとは思えない程シリアス。

「生まれついての侍じゃない」 byゲンちゃん

あぁ・・・このセリフも次の話の伏線になろうとは。


「うちの6人目がなんだって?」 



千明ィーーーーーー!!!!

かっこぇえーーーー!!!! 登場の仕方もさる事ながらこのセリフにじ〜ん。

そして本当に外道やったジュウゾウはん。アクマロ・・あっさりやられ。
私こいつがラスボスで大活躍すると思ってたんですが。やっぱり最終ボスはドウコクですか。
まぁあの強さは半端ないもんね。


そして・・・・

 

44幕


タイトル 「志葉家 18代目当主」

新年あけましておめでとうございます。
盛り上がる新年イベント。流ノ介、ゲンちゃんは20歳以上か・・酒飲んでるしな。
しかし、仲良くなりましたねーこの6人・・・・

と、いうところで。



真の戦いが始まったー


18代目当主に致命的なダメージを与える攻撃。しかし殿(タケル)には完全に効かない。

あいからずの捨て身な攻撃に「どうしてだよ」と考える千明。やられるタケル。
そして目の前に現れたのはーー


「志葉家 18代目当主」



さぁ。次の感想は長いです。

 






45幕タイトル 「影武者」



45幕

あーーーーーーーーーーーー

ここにきてこの展開ーーーーーーーーーー



ちょっと特撮の本気を見せてもらいました。

最終話間近でこの展開もってきますか。 アクマロ倒してドウコク倒してハイ終わり!な展開で最終回になだれ込みーだと思ってた視聴者をあっさり裏切りましたね。まさか殿が・・いやタケルが・・・
タイトル見て呑気に殿がケガしたから誰かが影武者になるのねーとか考えてた自分は甘かった。
殿、侍、ときたら「影武者」もありえる・・が。が。しかし。

44幕もずっと騙されてきたとは・・・!

スゴイ。この展開はやられた。
確かに。タケルの父は回想見ると畳の上で亡くなってたけど、17代目当主は門の外でドウコクを仮封印して倒れてた。
正直ちょっとした矛盾ではありました・・・ 家の中でボロボロになりつつもなんとか門の外に出たのかな、とか後付で撮影したのかな、とか考えてた。まさかこんな展開になるとは・・この矛盾、そしてあの小さな墓の謎。
ここにきて全て明かされました。

正直今回泣いたよ・・・

タケルにこんな悩みがあったとは。茉子はちょっと気づいてたっぽいけど。凄いな。
今までピックアップされてきた「侍」というキーワード。かっこいい、誇り、侍だから戦う! が全て覆されていく。
侍だからなんだ? 侍じゃなきゃ戦っちゃいけないのか? 侍ってそんなエライのかーーーー!??

正直ゲンちゃんがいてくれたのが、タケルにとって物凄い救いだった。

「殿様じゃない自分・・びっくりするほど何もないな・・・」

と・・・殿ォーーーーー!!!!
いや、違うけどそう叫びたくなってしまう。 こんなタケちゃん見た事ねぇえええ!!!!

なんか「シンケンジャー」という話のラストは。敵と戦い勝つ! ではなく、自分の中での「侍」「家来」という気持ちの葛藤。これと戦うような気がします。 



いやぁああもうタケちゃんヤケにならないでーーー!!!!!
でもタケちゃん・・泣きそう。
正直ジュウゾウが殿じゃなくなってもタケちゃん求めて(?)くれたのが嬉しかった。つか強ければどうでもいいのかオミャー。
あれ?それいったらカオルも強いよ。そしたらカオルにいっちゃう・・?いやいやタケちゃんがいいんだよなジュウゾウは!!!
そんなジュウゾウでさえ、タケちゃんの救いに。・・なったのか?「戦い」のみになっちゃったタケちゃん。次週の騎馬戦がもう超楽しみ・・!とか言ってる場合じゃないんだけども!!!


そしてタケルの落ち込みっぷりもさる事ながら、当然家来達の動揺も半端ない。



もう「殿」関係ねぇ。


えぇ。もうぶっちゃけ彼らには「殿」じゃなくて「タケル」がいいんだと。認めて欲しいです(つかもう認めてるか)。



ちょっと世間知らずっぽいカオルと千明のペアに勝手に萌えてみる。
最初からカオルがいても、その強さにライバル心燃やしてたかもしれないですね千明は。
しかし女性比率高くなったよなシンケンジャー。

カオルに対しては突然出てきて、は?18代目当主??だけど、あの血管切れそうな爺ィにはいらつくとしてカオル様も可愛そうですよ。仲間とは一緒にいれず、ただひたすら隠れて封印の文字を会得する為に頑張ってきた・・影武者であるタケルを解放する為に

たぶん1話の時点ではタケルも影武者とから解放されたがってたかもしれない。だから4人とも距離を置いてたし、「侍」である4人を危険から守る為に必死こいて前線に飛び出して。むしろ助けようとする皆に「邪魔だから来るな!」って叫びたかったかもしれない。あ・・叫んでたか?
誰も悪くない。じゃぁ何が悪いっていうと・・そう。ここまでつちかった信頼関係ですよ。
正直ここまで深くなるとは思わなかったのかな。17代目当主もですが家臣も良かれと思ってやった事かもしれない。けどここまで一緒に戦ってきたメンバーとしては今更何?ですよね。かといって途中で影武者という事を明かしていたらここまで皆はついてこなかったかもしれない。そのジレンマ。
正直タケルの苦悩も半端ない。「殿」という重圧ではなく「殿の影武者」としての立ち居地にずっと悩んできたんでしょうね。

・・・・っ、ここまで重いとはシンケンジャー。ほんと・・全く、最後の最後にやってくれます。

どんな脚本ん?!!!

ほんと叫びたくなってしまう。いやぁ・・シンケンジャー見てきて良かった。
そして次週。 私と一緒に戦ってくれ・・言うカオル様にも切なさ爆発だし、影武者から解き放たれて「戦い」しか出来なくなってしまったタケルにも涙だし、もうシンクロしちゃってどうしよう状態な気持ちの家臣達も気になるしー。最終話までこれほんと、目が離せなくなってきたヨ!!!


46幕




CMのあと、みんなで一緒に歌を唄お・・


今回だけはやめて欲しかった
(笑)

もージュウゾウってば戦い好きねー つか拳いったぁーータケルーー!!!
いやもう侍じゃないしね。なんでもOKだね。

いっやーーータケル通じ合っちゃった。そして「ドウコク」が最終回に間に合うのか心配になった46幕。

姫様と侍4人の戦い。やっぱ強いなーーこの5人が本物なんだ・・な・・とゲンちゃんにシンクロして悲しくなってしまった。
なんかもー、切な過ぎる。ゲンちゃんもタケルも。

どっから馬ァーーーー!!!


あ、そんな事は気にしちゃいけない。
ともかくこの2人かっこヨカッタ!



47幕



黒子さんキターーー!!!

どんだけ伏線消化する気ですかシンケンジャー。あぁもう無駄なエピソードがないったら。

ジュウゾウついにーーー!!! ぶっちゃけこんな演出・・泣けてしまうやないかい!!!
止めた家族。止めた剣。 あぁ・・こういう終わりなんだ・・ジュウゾウは。この人も悲しかったな。
「余所見をするな!」 ほんとにな。

流さんかっこえぇーーー!!火の囲いを破るのは、やはり水!! どうしようここにきて
流さんがやっとカッコイイ!!!


1回よけたタケル。よけんなよバカァ!! やっぱ強いやーーー

なんかもー「志葉家当主」じゃなくて「タケル」についていってもいいと思った。4人の気持ちは同じ。
正直タケルと一緒に泣いてしまった・・ちくしょうやってくれるぜシンケンジャー・・・

そしてお姫様もほんといい子なのよ。
皆の気持ちをわかってる。自分が出てきて良かったのか・・と。 そんな血もにじむような思いして1人で頑張ってきたのに、ほんと可愛そうだよこの子も。でもしっかりと立ってる。そこがかっこいい。

「寿司屋で良ければお供するぜ」

ゲンちゃーーーーーん!!!! ←もうゲンちゃんに関しては叫ぶしかない


あ、ドウコク間に合った。
さぁっ!!いよいよ最終決戦だ!!!!


うーーーあーーーーもうすぐ終わっちゃうのかシンケンジャーーーーーー悲しいよーーーー(T△T)


HOMEへ