私の中で開催中
「ガンダム祭り」その2。

Wガンダム

似せる気ねぇだろ私。
いやもうそれでも羽は
初挑戦で頑張ってみ
たの(違)。

ウーフェイは描きずらい
ので逃げました。
嫌いってわけじゃーない
んだけど、あまり思い出せ
ないんだよな・・。


※あらすじ(たぶん・・)

アフターコロニー195年。地球圏統一連合から独立しようとするコロニー側は、作戦名「オピレーションメテオ」を実行。
それは密かに開発したガンダム5機を地球に降下させることだった。

徹底した作戦遂行。5機のパイロット達は互いの顔も名前も知らない・・。

連合内の「OZ」総帥トレーズはこの作戦を逆に利用し、ガンダムに地球連合の平和主義者達を一層させた。
平和を望んでいたはずなのに・・事実を知ったガンダムパイロット達は自分達のした事にショックを受ける。

そんな中、そのうちのパイロットの一人ヒイロ・ユイは作戦失敗のおりにリリーナ嬢に命を助けられ顔を見られてしまう。
彼女の命を奪う宣言をするヒイロだったが、彼女に惹かれ始め殺すことが出来ない。
そしてそんなリリーナは、ガンダムの敵地球連合の「OZ]の一員ゼクスの妹であり、後平和主義のTOPに立ち外交官に
なり・・・(以下略)。

後半は彼女を守る為にー、そして今までの敵が味方になって一緒に戦ったりと人間関係が忙しくまわります。
最後はえーと・・うーと・・・・、誰が敵だったんだっけ??(汗)


オープニングのかっこよさで惚れたアニメ。

内容はすごかったな〜〜。ともかく主人公が最初の10話以内でヒロインの事、数回は殺しかけてます(故意に)。
そして5人もいるからあまり出番のなくなるガンダムパイロット達。
中盤はリリーナ嬢が主役か!!というくらい彼女主点で物語が進んでいく。
主人公(ヒイロ)がまた今週いないよ!!(爆)

前半ヒイロのおっかけやってたリリーナも後半は落ちついて、クィーンリリーナ(・・・・)に。
前髪かきわけて後ろで結んだ彼女はかっこよかったわ〜。
そして前半とはうってかわって、リリーナのボディーガードを勤めるヒイロ。無口さはあいかわらずですね。
(リリーナは彼の感情をどっから読み取ってるんだろう)あ、でも1話では「アッハッハ」とか言ってたか。
あの回の彼はハイテンションだったのですね。

そして少年5人のガンダムパイロット、というといかにもホ○として狙われそうだけど最終話(映画含む)ではきっちし
カトル以外に女が出来ているあたりもステキにグゥでした。でもヒイロとリリーナなんて忙しくてあまり会えなく
なるんだろな・・。時々リリーナが誘拐されてそれを助けに呼び出しかかる時が唯一の逢瀬(by映画)。つーか
テレビでもきちっと完結されてるけど、映画版で本当に完結って感じでしたね。
ヤツも生きてたし・・・。これは見る価値あり!

キャラ的にはデュオ(関 俊彦さんラブ)が一番好きだったけど、後半ちょびっっと出番少なかったからな〜。
でも5人の中で一番の常識人だと思う・・・。カトルも壊れると怖いし(ガタガタ)。

 

クオリティが結構高くて、ともかくメカわからん私でもガンダムがかっこいいと思いました。
いやもう途中からガンダムから羽毛飛んでたけど、それもまたよしって事で。

 

この間1話から10話まで見てみたけど、1回全話見てからもう1度見なおすと話の展開がはっきり見えてきて面白いかも。
でもさすがに最終話までは見れんがな・・今は。