真空管ラジオ・アンプ

最終更新 2010. 3. 13
「初歩のデジタル・レコーディング」に追記しました。


左からJB 2A3、Super Sub改造機、6CA7全段差動PPアンプ、電池管5球高1スーパーポータブルラジオ

 40年前のラジオ少年が、30年近いブランクがあるにもかかわらず、突然またハンダごてを握ってみたくなりました。昔むかしのラジオ少年ですので、興味 があるのは真空管のラジオにアンプなど。貴重になりつつある真空管や各種の部品ですが、幸いにも部品を集めてキットとして提供しているところがいくつかあ ることを知りました。部品集めに苦労する地方在住者には、誠にありがたい次第です。という訳で、真空管ラジオやアンプのキット製作、昔作った通信型受 信機の修理などにとりかかりました。ここではその一端をご紹介したいと思います。

 まずはキット作りなどから再スタートし、昔の勘を取り戻せれば徐々にステップアップして、長年頓挫していた昔のラジオ少年の夢を果たしたいと考えていま す。はじめてみると年齢のため弱った視力に往生したり思わぬトラブルもありますが、まずは順調といったところでしょうか。少しずつですが、ご紹介できるも のを増やしていこうと思います。

2005.4.4

CONTENTS

真空管アンプ
サンバレー Super Subの改造記

サンバレー Jewellery Box 2A3

6CA7(EL34)全段差動PP実験アンプ

三栄無線 PK011


真空管ラジオ・受信機
電池管4球スーパー・ポータブルラジオ

電池管5球高1スーパー・ポータブルラジオ

電池管5球高1スーパー・2ウェイラジオ

HAM'S OFFICE TS-5mt2(5球スーパー)

HAM'S OFFICE TS-6st2M(6球スーパー)

電池管高1中2受信機と TRIO 9R-59DS

電池管トリプルスーパー受信機の実験

憧れの名機たち (R-388, R-390A, HQ-180A, SX-100, S-27)

本場の電池管ポータブルたち


番外編・その他
憧れのトランジスタ・ラジオたち
  初歩のデジタル・レコーディング Update 2010.3.13

参考資料のページ



更新履歴のページへ
リンクのページへ
ご意見・ご感想はこちらへ
カメラのページへ
次へ(Super Subの改造記)
Copyright H.Hirose - since April 2005