板の選び方 :
[長さ]初心者にオススメなのは90〜99cmの長めの板。安定感がありスキーからの転向もしやすい。短い板は乗る位置が多少シビアになるがグラウンドトリックには向いている。

[太さ]初心者に
オススメは太すぎない板。スキー的に滑るなら若干細い板。エアのランディングの安定感は太目の板がよい。
[硬さ]初心者に
オススメは多少軟らかめ。グラウンドトリックには硬めがよいでしょう。ただし、硬いほどカービングするときに板がバタつきやすく脚力が要求される。
[ツインチップ・テールカット]スピード以外に興味がなければテールカット。それ以外はツインチップを選ぶとよい。
[サイドカーブ]板側面のカーブ。きついほど急激なカービングがしやすい反面、トリック時は引っかかりやすい。
[ビンディング]強度を求める滑りをしない限り、装着しやすい物がよい。自動開放しないので転倒時は注意。
[ソール]板の裏。最初はあまり気にしなくてよい。手入れはマメにしよう。
[アッパーデッキ]雪面からブーツまでの距離を離す道具で、その分倒しこみやすくカービングしやすい。
[リーシュコード]流れ止めのこと。ないと危険です。必ず使用すること。

Back