長板用ブーツ :
[注意]この方法ではフレックスが硬い長板用ブーツにフレックスをもたせる方法です。軟らかいほど疲れやすいのを理解してから試すこと。
[1]足の甲の部分のバックルを足がぶれないようにしっかり合わせて締める。
[2]スネ側のバックルを緩めてとめる。特にふくらはぎ部分は特に緩くする。
[3]ブーツの上部にベルトがある場合は緩めてとめる。

Back