スキーボード(ファンスキー)のブーツの選び方を、やさしく解説します。

質問も受け付けます。BBSかメールで連絡いただければこちらのコーナーに更新します。

 

ブーツ

種類(専用)

前後に軟らかく軽いスキーボード専用ハードブーツ。

正しいポジションで板を操作しやすくしてあります。ただし、種類が少ないです。

 

ブーツは板を選ぶ以上に神経を使って選びましょう。板には慣れる事ができますが、合わないブーツに慣れる事はありません。(全てのブーツに当てはまります)

種類(ニューコンセプト)

フリーライドスキー(スキーボード含む)のために開発された軟らかめのハードブーツ。最近ではスキーボード専用ブーツを扱っているメーカーが減ったため、このタイプのブーツが浸透してきています。また、手軽に楽しむために装着が容易になるよう工夫された物も多く存在します。

種類(基礎・レーシング)

スキー用のハードブーツのうち、基礎スキーやレーシングモデルのもの。または、初心者向け長板用ブーツを含みます。共通して言えるのは硬いということ。スキーボードに挑戦する際にスキーの経験がある人は、そのままスキー用のブーツを履いても大丈夫です。せっかく足に合っているのですから、必要性を感じたときにスキーボードに向いたブーツを探すのがオススメな方法です。

種類(フリーライドスキー)

本格フリーライドスキー用のハードブーツ。このブーツは前後の柔らかさもしっかりあるものが多く、比較的軽いものも多いため、スキーボードにも向いている。反面、高価であったり、ブーツ自体のカスタマイズ性をしっかりサポート(インナー成型等)してもらえるショップの協力が必要であったりと多少難もあります。

種類(アルペンスノボ)

スノーボードでのアルペン競技用に開発されたハードブーツ。前傾姿勢がとりやすく軟らかいため、スキーボードでも使用者が多く存在します。高価なのが気になるところです。

種類(ソフト)

フリースタイル系スノーボードブーツのような柔らかさを取り入れたソフトブーツ。見た目はスノーボードブーツのようですがつま先とカカト部分にコバ(突起)があり、スキーボード等のビンディングに装着できるようになっています。軟らかいので自由に操作できますが、軟らかすぎる製品も多いため脚力が無い場合、疲労感が早期に現れます。スノボのソフトブーツと区別するために『ニューコンセプトブーツ』と一緒に扱い、そう呼ぶことも多く、雑誌や店頭説明も統一されていない。

種類(一般的なスノボ)

ストラップビンディング用のスノーボードのためのソフトブーツ。スキーボードでは主にこのタイプを『ソフトブーツ』といいます。このタイプはブーツが体重や衝撃をしっかり支えてくれないので結構疲れるらしいです。また、板にソフト用のパーツを移植したり、専用の板にしたりとお金が結構かかってしまいます。しかし、自由な発想で滑りたい人達に人気があるのも事実です。

フレックス

前後に軟らかいものが正しい姿勢をとりやすいです。スキー用ブーツは硬めなのでスネ側のバックルを緩めて前後のフレックスを出しやすくしてみましょう。

ただし、軟らかくなるほど足の疲労が早いのも覚えておきましょう。

最近、エア重視の人は怪我防止のために硬めのものを選ぶ傾向があります。

前傾角度

ブーツは最初から前傾方向に角度が多少ついています。この数値を公開している製品は少ないですが、中級以上だと思う方は気にして選んでみてください。角度によって好みが分かれるので、自分の好みかどうか実際に履いて感じてみてください。トリックライダーにとって意外と重要なブーツ選びの項目だと思います。

インナーブーツ

足にフィットするもの。足がぶれず、長時間履いても痛くならないものがいいです。選ぶときは、販売店で実際に10分程度履いてから決めた方が無難です。

その際、できれば歩き回るなどして色々動かして確かめた方がいいです。

サーモインナーという熱で足に合うように形を変える事ができるものもあります。

衝撃吸収

できれば、衝撃吸収機構のあるものが適しています。エアに興味がある人はチェックしてみましょう。

ソール

パークではハイクアップ(直接歩いて登る)事も多いので、専用ブーツは歩きやすく工夫されたものが多いです。また、ここの長さでビンディング位置が変わる事も覚えておきましょう。