スキーボード(ファンスキー)の用具の購入価格の目安を解説します。スポーツ用具とは金額に比例して

良いものになるとは限りません。自分に合うものが一番です。また、自分の技術の無さを道具のせいにし

ている人を見かけますが、わかっている人が見ると、どうして出来ないのかがわかるのでバレバレで結構

恥ずかしいです。質問受け付けます。BBSかメールで連絡いただければこちらのコーナーに更新します。

 

価格

1万円〜6万円くらいと様々です。3〜4万円のものが平均的で種類も多いです。また、シーズン始めに旧モデルのバーゲンで1〜3万円安く購入する手もあります。

ビンディング ほとんどは板に標準装備されているので、0円となりますが、装備されていないものは別売りのを用意することになります。価格は平均1.8万円くらいです。
リーシュコード ほとんどは板に標準装備されているので、0円となりますが、装備されていないものは別売りのを用意することになります。価格は1千円〜3千円くらいです。
ブーツ 無名のスキーブーツだと9千円以下、スキーボード専用だと2〜4万円くらいです。また、アルペンボードブーツの場合は6万円以上のものもあります。
ウェア 旧モデルなら半額以下で購入することも可能です。新モデルの場合では5万円程度。かけるといくらでもかかってしまうので注意。

グローブ

2千円程度から1万円くらいするものもあります。旧モデルのワゴンセールも注目しておきたいところです。

ゴーグル 3千円程度から2万円くらいするものもあります。旧モデルのワゴンセールも注目しておきたいところです。
チケットホルダ 500円〜3千円程度。
インナーウェア 動きやすい今所持している普段着を着用するのであれば0円。無名の1千円程度のフリースで十分です。
ケース・バッグ・バンド等 スキーボード専用バッグであれば1千円〜5千円。結束バンドであれば500円程度からあります。
ヘルメット 4千円程度から4万円くらいするものもあります。フリーライド系(エア向き)のものは比較的安価なようです。クロス系のフルフェイスになるとかなり高価なので自分の用途に合わせて選びましょう。
プロテクター

3千円程度から4万円くらいまであります。

また、肘部・膝部・背部・でん部等の部分的なプロテクターも発売されています。部位により価格がかなり変わります。用途に合わせて選びましょう。

ワイヤーロック 1千円〜3千円程度。
バイス(作業台) 1千円〜2万円程度まであり、DIYショップやスポーツ用品店で購入することができる。