スキーボード(ファンスキー)の簡易的な板の手入れ用作業台の作成を、やさしく解説します。

簡単な手入れに使用する程度ならこのような台で充分です。試してみてください。

なお、この道具は板を傷つけず滑らなくするというだけの道具なのでブロックの間隔での

締め付けによってビンディングで固定しようとすると破損の原因になります。

質問も受け付けます。BBSかメールで連絡いただければこちらのコーナーに更新します。

ここでは自分の今行っている方法を紹介します。他に良い方法等があれば連絡してください。

なお、この方法により破損等が起きても当方では一切責任を負いませんので

注意してミスの無いように気をつけて作業してください。

  

簡易的な板の手入れ用作業台の作成方法 (上手に揃えると1000円程度で完成します)

(1)

ホームセンター系のお店等で上の写真のような、基礎ブロック(39cm×19cm×10cmくらい)を2つ用意する。

(2)

自動車用の荷物スペース等に用いるネット状の滑り止めを巻きつける。(出来るだけ薄いものより厚いもの)

カー用品店やホームセンターで手に入れる事ができます。

(3)

大抵のネットは1ロールでブロック2個分巻けます。しっかり計って最後は重なる部分を作っておきます。

その重なる部分やはみ出した部分を安全ピン等でしっかりとめます。

(4)

写真では使用してませんが新聞やシートを敷いた上に安全ピンでとめた部分を下にしてブロックを適度な間隔で配置し、間にビンディングが収まるように板を載せて作業します。