スキーボード(ファンスキー)の板のシーズンオフ後の手入れと保管方法を、やさしく解説します。

質問も受け付けます。BBSかメールで連絡いただければこちらのコーナーに更新します。

メンテナンスは楽しむ為の重要な作業です。できるだけ行いましょう。

ここでは自分の今行っている方法を紹介します。他に良い方法等があれば連絡してください。

なお、この方法により破損等が起きても当方では一切責任を負いませんので

注意してミスの無いように気をつけて作業してください。

  

オフシーズン時の板の保存方法

(1)

シャワー等で塩分や泥等の汚れを落とす。( エッジが錆びる事が多いのでイライザー等を用意しましょう)

※浴槽等に錆や小傷が付くので新聞紙等を敷いて作業しましょう。

(2)

タオル等で拭き取り、完全に乾燥させる。(ビンディングの隙間等の汚れも注意して拭く)

(3)

板を固定する。

サビがある場合はあらかじめイライザー等で除去しておく。

(4)

板にリムーバーを吹き付けて少し待つ。(この時、汚れと古いワックスが浮いてくる)

両面吹き付ける。

(5)

スキー用ペーパータオル等、ケバやホコリがたたないもので拭き取る。(板の両面を拭き取る)

(6)

アイロンを暖め、ワックスを板に垂らしていく。(多めに)

※イージーワックスでも同様のことが可能。

(7)

アイロンでワックスを慣らしていく。(この時、エッジにもワックスを被せておくとサビ止めになる)※イージーワックスでも同様のことが可能。

(8)

冷ました後、バッグや箱に入れて保管する。