ネット通販やネットオークションによる購入の場合、よくあるのが取扱説明書の不備。

最近、これにより当サイトへもサイズの調整方法がわからないといった質問が増えています。

まずは手元にある板から解説し、他の板の写真が手に入り次第、このページにアップしていきます。

 

【ビンディングのサイズ調整方法】

 

1.まずは確認する。

1.まずは自分のブーツのソールサイズを確認する。(ブーツ側面に書いてある)

  (わからなければ定規やメジャー等で計測する)

2.ブーツの中心付近(つちふまず又はその反対)にあるセンター位置を探す。

  (↓や▽や|のマークで表示されている)

 

2.板のタイプ確認し、調整する。

1.前後のサイズ調整ツマミを引き抜く。(完全には引き抜けない)

2.前後の金具部分がフリーになっているので前後にずらす。

3.ソールのサイズとココの適合表を確認し、対応したサイズ目盛まで金具を移動

  する。

4・サイズ調整ツマミをもとに戻して固定する。

5.実際にブーツを装着してブーツと板のセンター位置がそれぞれ同じ位置にある

  か、緩みはないかを確認し、きつすぎたり、緩すぎたりセンター位置が合わな

  ければ、ブーツを取り外して、もう一度調整しなおす。

※調整後、自分のサイズ目盛の位置を覚えておくと他の人に貸した時にでも、す

 ぐに合わせなおす事ができます。

1.サイズ変更用ダイヤルを回すと金具が移動できる。

2.ダイヤルを回しサイズ目盛内に書いてある数値を金具が交差した値がブーツ

  のソールサイズになるようにする。

3.実際にブーツを装着してきつすぎたり、緩すぎたりしないか確認する。

4・合わなければもう一度ブーツを外して調整しなおす。

1.サイズ変更用ビスを緩めると金具が移動でき、締めると固定します。

2.ブーツと板のセンターが合う位置になるように何度も合わせなおす。

※メタルビンディングの一部の製品はカドで手を怪我しやすいので、できるだけ軍

 手等を使用しましょう。

※調整後、ビンディングの接点位置にマーキングしておくと他の人に貸した時にで

 も、すぐに合わせなおす事ができます。

1.サイズ変更用ビスを回す事により金具が移動できます。

2.ブーツと板のセンターが合う位置になるように何度も合わせなおす。

※調整後、自分のサイズ目盛の位置を覚えておくと他の人に貸した時にでも、す

 ぐに合わせなおす事ができます。

※4×4用の板はビンディングのネジピッチが40mm×40mmと共通ですので、貸

 し借りの際、お互いが同規格だと中央のネジ4本を外してのビンディングごとの

 交換が便利です。

1.サイズ変更用ビスを緩めると金具が移動でき、締めると固定します。

2.ブーツと板のセンターが合う位置になるように何度も合わせなおす。

※メタルビンディングの一部の製品はカドで手を怪我しやすいので、できるだけ軍

 手等を使用しましょう。

※調整後、ビンディングの接点位置にマーキングしておくと他の人に貸した時にで

 も、すぐに合わせなおす事ができます。

※4×4用の板はビンディングのネジピッチが40mm×40mmと共通ですので、貸

 し借りの際、お互いが同規格だと中央のネジ4本を外してのビンディングごとの

 交換が便利です。

※つま先側の金具についている謎のボルト。これは装着時にブーツと金具の隙間

 が密着しすぎてビンディングを外せなくならないように付いています。