自分では出来ているつもりでも意外とできていない基本的なことを

やさしく解説。あくまで、びきの経験からの解説ですので参考までに・・・。

今回は、常連さんのポカリ氏にモデルとして参加していただきました。

 

【フェイキー滑走時の基本姿勢】

 

幅の線本来の体の位置現在の体の位置現在の体の傾き

 

1.まず『A』の写真のように、左右の板の位置を肩幅と同じくらいになるようにします。(肩が

  まわっているのでわかりづらいかも)

2.板に前後差をつけてバランスをとりやすくし、ターンにも対応できるようにします。

  膝は軽く曲げた姿勢で視線はしっかり進行方向へ送り、出来るだけ遠くを見ます。

3.『レギュラー滑走時の基本姿勢』で説明したように斜面に対して体軸を直角にするようにし

  ます。この時、直角と言っても直立になるのではなく、膝を軟らかく曲げた状態で体重が

  板の中心になるようにすること。

4.『C』のように本来の体の位置より傾いていると、傾いた方向へ倒れようとする力が

  加わるため、その方向へ転倒しやすくなります。初心者にありがちなのは、“板の真上に

  乗る”ということを『C』のように重力方向対して真直ぐに加重することです。それにより板

  先端がブレたり、コントロールが難しくなったり、意図しない加速をしていたりします。

  途中で山側へ手をつきたくなったりしやすい人にはこの傾向があります。

5.最初のうちは『B』の姿勢をするのが、苦手な人が多いようです。通常平地で生活している

  ので、『C』のように重力に真直ぐ体重をかけたくなるものなので・・・。その位置より後ろに

  体を預けるような感覚になるので、恐怖心も最初のうちはあるでしょう。もちろん、それを

  乗り越えなくては、急斜面を滑ることはできません。さらに背中側へ意識をしなければい

  けないからです。しかし極端な話をするとこれだけで、ほとんどの斜度に対応できるように

  なるのでがんばりましょう。

6.・・・と、ここまではレギュラー姿勢での滑り方をベースに説明してきましたが、実際にやる

  のはレギュラーと違って難しいです。びきの場合、背中側にあるイスに腰をかけるつもりで

  体を預けて滑るようにアドバイスしています。やりすぎると背中側へ転倒するので危険で

  すが、この加減をしっかり覚えないとなかなか上達しないのです。レギュラーでスネにか

  ける加重を説明しましたが、今度はふくらはぎやかかとを、気持ち押してやる感じです。

7.ターンは前後差をつけている分を逆へ差をつけて反対側の肩へ振り向いて視線を送るよ

  うにし、それを繰り返して行いますが、しっかり後ろを見れるようになれば視線の切替をし

  なくても行えるようになります。(背中側から追い抜かそうとする人は見えにくいので注意

  しましょう)