自分では出来ているつもりでも意外とできていない基本的なことを

やさしく解説。あくまで、びきの経験からの解説ですので参考までに・・・。

今回は、すがっち氏にモデル・アドバイザーとして参加していただきました。

 

【深雪での滑走方法】

 

実際の斜面板がある位置板に対して垂直方向の線

 

 

1.まず右の写真のように、左右の板の位置を肩幅と同じくらいになるようにします。

  膝は軽く曲げた姿勢で視線は出来るだけ遠くにし、滑走に慣れるまでは腕を前へ出しま

  す。そしてその姿勢のまま後傾姿勢にします。棒立ちで後ろへのけぞる様に後傾すると

  うまくいきません。

2.一番注意することは、雪面から板の先端をだすこと。板の先端を出せる程度の後傾を絶

  えず意識してください。

3.ターンは一度下半身を使って踏み込み、バネのように浮き上がってきた反動で向きを変

  えます。

4.たまに板が外方向へ離れようとすることがありますが、しっかり足先で締めます。

5.急斜面の方が滑りやすいので多少斜度のある場所で挑戦しましょう。

6.滑走中に緩斜面に出てしまいそうであればターンせず速度を落とさないようにしましょう。

  深雪中で止まってしまうと、その場から抜け出すことが困難になります。

7.深雪滑走姿勢で整地された場所へいきなり抜けると後ろに転倒しやすくなります。すぐ

  に前傾姿勢になりましょう。

8.深雪滑走中は雪崩等の危険性があることを頭に入れておきましょう。