スキーボード(ファンスキー)での間違いや失敗を一般募集して公開します。

失敗内容、原因、改善策等を聞かせてくださいね。同じ事で困っている方もきっといます。

 

内容 ハンドルネーム
原因
改善策

 

板のソール面(前方先端部)が膨れた けん

ホットワックスをかける際にアイロンで温めすぎたためにソール内側が剥がれてきたと思われる。

ただし、本人はそれほど加熱した記憶がないため原因は不明である。

一般的のユーザーは滑りに影響しない程度である限り、我慢するかプロのチューナーに依頼するしか方法はない。ただし、けんさんは当HPに質問したりして情報を収集し、自分でもメンテナンスアイテムの使用法が理解できていたため簡易的なリペア作業を行った。作業は以下のようなものです。

■内容■

ファイル(金属やすり)で膨らんだ部分を削り取り、滑走ワックスを重ね塗り。

■補足■

ファイル作業後、メタルスクレーパーやサンドペーパー等でケバをとる。

■結果■

目立たなくなり、エアやレール以外の滑走も試してみたが、問題はない。

■備考■

今回は先端部であったために、影響を受けにくかったようである。確実に作業したソール部分は薄くなっているのでブッシュ等での傷に対しての強度は落ちているので、大丈夫という保障はない。また、目立たなくなったものの内側で剥がれていることには変わらないため、今後のメンテナンス作業は慎重にしなくてはならない。