たいていのゲレンデへ自家用車で行くためには、雪道や凍結した道路を通行する必要があります。

ここでは、より厳しい状態を想定して北海道で実際に運転している『びき』の経験から説明します。

ぜひ、参考にしてくださいね。注意点としては、その状況により判断しなければならない操作は

異なります。自己責任において安全に運転するための参考としてお役立てください。

 

自動車の冬用アイテム

スタッドレスタイヤ 最近の物はスパイクタイヤよりよく効きます。
タイヤチェーン シーズン初めや降雪の少ない地域で使用。装着しての走行は低速で。
冬用ワイパー 本体の骨組みが凍らないようにしてあるワイパー。
スノーブラシ 車に積もった雪を払い落とすブラシ。大型車には大き目がオススメ。
スコップ タイヤがスタック(埋まってしまった)したときに使用。
タイヤヘルパー タイヤがスタック(埋まってしまった)したときに使用。
牽引ロープ タイヤがスタック(埋まってしまった)したときに使用。
ブースターケーブル 冬季間はバッテリーが上がってしまうことが多いため用意しておくと便利。

 

駆動方式の違い

FF車(前輪駆動車) 前輪でかきだすのでFR車より発進に優れるが、舵取りをするタイヤが回転しているため、滑ると曲がりきれないことがある。
FR車(後輪駆動車) 発進時やカーブ中に後輪がスリップしやすくふらつきやすい。反面、カウンターステアリング(逆ハンドル)等のテクニックである程度立て直すことができる。
4WD車(四輪駆動車) 発進や加速に優れ、スタックもしにくいが滑り出してからのコントロールが難しい。

 

滑りやすい場所

交差点 停車中の車からの落雪でデコボコしやすく、発進・停車のタイヤ摩擦の繰り返しによって磨かれたようなアイスバーンになりやすい。
カーブ 遠心力により外側に滑りやすい。(カーブ中の安易なブレーキングは危険です)
橋梁 川風や海風が吹きさらされている場所が多く、凍結しやすい。
坂道 車の重量が坂の下へ引っ張られるため。
トンネル 解けたり凍結したりの繰り返しになってたりして、より滑りやすくなる。
日陰 解けた雪が日陰で凍るため。

 

スタック(タイヤが埋まって進まなくなる)したら
1 小刻みに前進・後退を繰り返し、揺すった反動で脱出してみる。
2

空転しているタイヤの下を掘ってタイヤヘルパーを差し込んで脱出してみる。

また、砂箱が近くにある場合はタイヤの周りや下に撒いてみる。

3

通りかかった人に揺するように押してもらうか、他の車に牽引ロープで引っ張り出してもらう。

4

無理ならJAF等に連絡。(待っている間に追突されないように非常点滅灯等で存在をアピールする)

 

牽引ロープでの脱出の仕方

1

スタック車はエンジンを始動してギアをニュートラル、サイドブレーキを引き、ハンドルを操作する人を乗せておく。

2

スタック車に正常車を近づけ牽引ロープを確実に両方の車のフックにかける。

(かける場所を間違って破損するケースが多いので注意。)

3 正常車をゆっくり発進させロープが張ったのを確認し、更に進めてみる。
4 上記の方法で脱出できなければ、もう一度近づけてロープのはる一歩手前から少しだけ強く発進する。
5 それでも脱出できなければ、その方法を徐々に強くして引っ張ってみる。
6 その結果、脱出できなければJAF等に連絡する。(待っている間に追突されないように非常点滅灯等で存在をアピールする)

 

バッテリーあがりの対処方法
1 エンジンは両方の車両とも停止。
2 ブースターケーブルの赤い線を、まず故障車のに接続し、反対を正常車のに接続する。
3 ブースターケーブルの黒い線を、まず正常車のに接続し、反対を故障車のに接続する。
4 正常車のエンジンを始動し、5〜10分放置する。
5 故障車のエンジンを始動し、始動できれば『10』へ。出来なければ『6』へ。
6 故障車のエンジンをOFFにしする。
7 正常車のエンジンを始動し、アクセルで回転数を3000rpmくらいまであげる。
8 少し待ち、回転数をあげている最中に故障車のエンジンを始動する。
9 10回程度試してみて、始動できれば『10』へ。出来なければJAF等へ連絡。(詳しい人にタイミングを教えてもらうのも有効)
10 ブースターケーブルの黒い線を、まず故障車のから抜き、反対を正常車のから抜く。
11 ブースターケーブルの赤い線を、まず正常者のから抜き、反対を故障車のから抜く。
12 しばらく故障車のエンジンは切らないこと。(運転したりして、ある程度充電されるのを待つ)

 

 

■その他のアドバイス■

 

見通しの悪い時は昼間でもライトをつける。

タイヤの泥除け周りについた雪や氷はまめに落とす。

急ブレーキ、急発進、急ハンドルは絶対にしないこと。