ゲレンデにはスキーやスノーボード、ソリ滑り等、色々な楽しみ方をしている人が

たくさんいます。自分勝手な行動をすると、他のお客さんに迷惑をかけるばかりか

怪我を誘発(したり、させたり)してしまいます。ここでは、一般的なマナーを解説

しますが、一人一人が『他の人の立場』になって考えることができれば、

簡単に守れる事ばかりですので、ゆっくり考えて読んでみてくださいね。

 

 

■一般的なマナー■

 

 1.駐車場やロッカーを正しく使用する。

 あたりまえですね。

 2.板の脱着はじゃまにならない場所で行う。

 あたりまえですね。

 3.ゲレンデ中央や死角となるところで立ち止まった

   り、座り込まない。

 接触事故の原因になります。

 4.リフト待ちの順番を割り込みしない。

 あたりまえですね。

 5.リフトを揺らしたり、リフトから飛び降りない。

 リフトに乗っている周囲の人が振り落とされることがあ

 ります。

 6.自分がコントロールできる速度で滑走する。

 自動車同様、事故の原因です。

 7.他の利用者のすぐそばを無理に滑らない。

 たとえ接触しなくても、相手がとっさに避けようとして

 転倒する等、事故を誘発します。

 8.近距離で他人のフォールラインに入らない。

 相手がとっさに避けようとして転倒する等、事故を誘

 発します。

 9.コース中の危険と思われる場所にゲリラ台(許可

   なく自作したエア台)を製作しない。

 ゲリラ台に気づかずに滑走し、飛ばされて怪我する人 がいます。

10.人の多い場所で、いきなりトリックしない。

 人がとっさに避けようとして転倒する等、事故を誘発し

 ます。

11.トリック前は周りを確認する。

 接触事故や転倒時に迷惑です。

12.喫煙は喫煙場所を利用するか、屋外で携帯灰皿

   を使用すること。

 喫煙権を主張する以上、非喫煙権も尊重しましょう。

 ゲレンデを吸殻で汚すのは問題外です。

13.板の持ち込み不可の場所は、持ち込まないこと。

 レストハウス等では板の持ち込みを禁止しているとこ

 ろもあります。床の汚れや滑っての転倒等危険です。

14.ゴミの分別、持ち帰りに協力する。

 あたりまえですね。

 

■パークでのマナー■

 

 1.順番を守ること。

 あたりまえですね。

 2.エア台等のアイテムが転倒等で崩れたりした場合

   は元に戻すこと。

 コンディションの悪いパークアイテムは危険です。

 3.スタート時は、手を上げるなどして自分がスタート

   することを伝える。

 同時にスタートになったりして接触するのを防ぐため

 4.前を滑っている人を追い越さないようにしましょう。

 接触事故の原因になります。

 5.転倒時は後続の滑走者を妨害しないようにすぐよ

   けること。

 接触事故の原因になります。