掲載単語数に自信ありのスキーボード(ファンスキー)用語解説コーナーです。

スキーボード用語って意外と知らずに使ってますよね?

こういうのって結構、趣味の世界に入り込めない壁になってたりしてるようです。

初心者の方はもちろん経験者も恥ずかしがらずに聞いて見ましょう!(メールorBBS)

また、「これ違うんじゃない?」という指摘があれば、訂正文と一緒に送ってくださいね。

 

さ行

サーモインナーブーツ 熱により、ある程度自由に足に合わせることができるインナーブーツ。

サイズアジャスト

ビンディング等のサイズを合わせること。

サイドカーブ

板側面の曲線になる部分。

サイドクォーター 横からエントリーする縦置きのクォーターパイプ。1発もののハーフパイプの様
サッツ エア等の踏み切りのこと。
山頂 山の頂上。
サンドペーパー 紙やすりのこと。エッジの調整やサビ取りに使用する。
シーズンイン ゲレンデの使えるシーズンになること。
シーズンオフ ゲレンデが使えなくなったシーズンの間のこと。
シーズン券 その年のゲレンデ使用に関してのフリーパスチケット。
ジブ(ジブ系)

エア台とは違い、雪以外のもので作られたパークアイテム。主にレール類。

シェル ブーツの外側部分。
ジャッジ 競技での審判員のこと。
斜度 ゲレンデ等の角度。
ジュードーグラブ グラブする手の反対側の板(内側)を板の後側から手をまわしてつかむこと。
ショートスキー 長さの短いスキーの総称。しっかりした長さの規定は無い。ファンスキー、スキーボード等を指すことが多い。
深雪コース 未整地のフカフカした雪面のコース。板が埋まりやすい。
スイッチ 180を指したりフェイキーを指したりする。
スーパーマンフロントフリップ エアの際に、スーパーマン状態で前に飛び込みラストでフロントフリップ。
スキーボード 長さが100cm以下の長さのスキーの国際的総称。ショップ等では広義な意味である『ファンスキー』と呼ぶこともある。
スキッディング ずらし。主にスピード調整に使う。カービングと比較して使用される言葉。
スクレーパー かけ終わったホットワックスを削るために使用する道具。
スケーティング スケートを滑るような感じで滑ること。特に平地では多用する。
ステイル グラブをする時に手を足の後(ふくらはぎ側)からまわすこと。
ステップインビンディング 足を踏み入れるだけで装着可能なビンディングのこと。
ストック スキーボードではあまり使用しない。スキーに使う手に持つ棒状の道具。
ストレートエア エアの際にノーでグラブ&無回転でまっすぐ飛ぶこと。棒ジャンプともいう。
ストレートレール まっすぐな形状のレール。
ストレッチ 関節等の曲げ伸ばす運動。怪我の防止になる。
スノーパーク レールやエア台等のアイテムを設けている場所。
スノーブレード SALOMON社でのスキーボードの商品名。
スパイン エア台の一種。三角錐のような形をしている。
スピン 回転系エアの総称。
スプレッドイーグル モーグルのエア用語。開脚し手も大の字に振り上げ胸を張る。
スロープスタイル 様々なエア台やレールが複数連なったコース。また、そこでの技術点競技。
セーフティグラブ グラブする手と同じ側の板(外側)をつかむこと。
ゼロスピン フェイキーでエア台に入り、スピンをせずにフェイキーで着地すること。
前傾 スキーボードでの基本荷重位置。スネでブーツの前部分を押し出す感じ。
先行動作 トリック等で体の一部を先に送る状態のこと。
ソール 板の裏。またはブーツの裏をさす。
ソウルグラインド レール技。ブーツとスキー板の間をレールに引っ掛けて滑る。
ソフトブーツ 主にストラップ式のスノボで使用するブーツを指す。最近はコバ付きのハードタイプブーツと同じようなソフトブーツもある。この場合は通常のビンディング。
ソロ 片足で(主にスピンして)滑ること。