English Lesson Plan 5 (4th grade)

May. 19, 2005

1 Aim
(1) 1〜20, 30, 40, 50, 60, 70, 80, 90を聞き取ったり、発話したりできる。
(2) 数を使ったactivityを楽しむことができる。

2 Language use
1〜20, 30, 40, 50, 60, 70, 80, 90
How many 〜?

3 Lesson

Min. Activities Notes
5

1 Greeting and Warm up (ALT & HRT)
Hello, everybody. How are you today?
Let's begin English Class!
Let's sing a song.
(CDと一緒に"Hi, How Are You?"を歌う)

"Hi,How Are You?"(Carolyn Graham)
5 2 Activity 1 (ALT & HRT)
  1. Look at this card. Let's count from 1 to 10.
  2. Let's count down from 10 to 1.
  3. Let's say together.(カードをランダムに提示)
  4. Let's sing "Seven Steps".
    歌詞どおりに→カードを並べ替えて
フラッシュカードを提示しながら、発話させたり、歌を歌わせたりし、1〜10を数字を復習する。
10 3 Practice 1 (ALT)
  1. 11~19をALTの後について発話する。
  2. カードを見ながら、子供たちだけで発話する。
  3. ランダムに提示されるカードを見ながら発話する。
  4. 20,30,40,50,60・・・についても発話してみる。
この時間だけで、覚えさせようとしない。
ALTの真似をしたり、友達の真似をしたりできれば大いにほめる。
10 4 Activity 2 (ALT & HRT)
<BINGO!>
  1. 4×4のビンゴシートを配布。
  2. 1〜19の中から、好きな数字を好きな場所に書き込ませる。
  3. ALTはフラッシュカードをシャッフルし、カードを引く。すぐにはカードを見せず、引いたカードの数字を読み上げる。数秒後に、カードを提示する。
  4. 子供たちは数字があったら、○で囲んでいく。
  5. BingoができたらBingo!と言う。
子供たちが数字を聞き取るためのゲームなので、ALTはすぐにカードを見せることなく、音声で数字を告げるようにする。ただし、聞き取れない子供がゲームを楽しめなくなることを避けるため、数秒後にカードを示す。聞き取ることができない子供がいても当然である。少しずつできるようになればよい。
10 5 Activity 3 (ATL & HRT)
<ようこそ!王子様のお城へ>
  1. ALTが絵を見せながら、絵の中の状況を説明する。
  2. ALTがHow many 〜?と尋ねる。
  3. 子供たちは絵の中から言われたものの数を数える。
  4. HRTが指名して答えさせ、ALTは正解を告げる。
『えいごリアン』テキストのP.58,59を使用する。
5 6 Greeting
That's all for today.
終わりのあいさつをした後、簡単な自己評価カードを記入する。
授業記録へ