English Lesson Plan 6 (4th grade)

May. 26, 2005

1 Aim
(1) 数を表す表現(1〜99)を聞き取ったり、発話したりできる。
(2) 数を使ったactivityを楽しむことができる。

2 Language use
1〜99
What number is this? How many 〜?

3 Lesson

Min. Activities Notes
5

1 Greeting and Warm up
Hello, everybody. How are you today?
Let's begin English Class!
Let's sing a song.
(CDと一緒に"Hi, How Are You?"を歌う)

"Hi,How Are You?"(Carolyn Graham)
役割を分担したり、ジェスチャーを付けたりしながら、繰り返し歌う。
15 2 Activity 1
<The Shoulders Song(Carolyn Graham)>
  1. Listen to the music. We can hear some body parts and numbers in this song. Listen carefully.
    (CDを聴く)
    Can you hear any body parts? What body parts can you hear?
    Can you hear any numbers? What numbers can you hear?
    (子供たちが聞こえたbody partsを発表させ、body partsカードを黒板に貼る)
  2. Listen to the music by pointing to the cards.
  3. Listen to the music and watch me. (HRT do the action.)
  4. Let's sing and do the action together.
CD "Children's Jazz Chants Old and New" (Carolyn Graham)を使用

15分とってあるが、15分を4つのパートに分け、それぞれをテンポよく行う。まずは、

listeningに重点を置きながら、「私も歌ってみたい」という気持ちを盛り上げていく。

10 3 Practice
(1〜99までの数字シートを黒板に貼る。)
  1. 1〜19を復習する。Can you say this number?
  2. 20,30,40,50,60,70,80,90を復習する。
  3. 21,22,23・・・を練習する。
  4. HRTが指した数字を言ってみる。
13と30、14と40、15と50等の違いを意識させながら、練習するようにする。

5 4 Activity 2
<Numberクイズ>
I ask you some questions. If you see,you raise your hand.
  1. How many students are there in this classroom?
  2. How many boys are in this room?
  3. How many girls are in this room?
  4. How old am I?
  5. What is Hideki Matsui's player's number?
  6. What is Ichiro's player's number?
子供たちの身の回りの数字や、子供たちが興味をもちそうな数字をテーマとした数字クイズを行う。

松井とイチローについては写真を用意しておき、提示する。

10 5 Activity 3
<BINGO!>
  1. 5×5のビンゴシートを配布。
  2. 1〜49の中から、好きな数字を好きな場所に書き込ませる。
  3. HRTはフラッシュカードをシャッフルし、カードを引く。すぐにはカードを見せず、引いたカードの数字を読み上げる。数秒後に、カードを提示する。
  4. 子供たちは数字があったら、○で囲んでいく。
  5. BingoができたらBingo!と言う(リーチの場合はone more)。
    ※ 2回目は50〜99の数字を用いて行う。
子供たちが数字を聞き取るためのゲームなので、HRTはすぐにカードを見せることなく、音声で数字を告げるようにする。ただし、聞き取れない子供がゲームを楽しめなくなることを避けるため、数秒後にカードを示す。聞き取ることができない子供がいても当然である。少しずつできるようになればよい。
5 6 Greeting
That's all for today.
終わりのあいさつをした後、簡単な自己評価カードを記入する。
授業記録へ