English Lesson Plan 7 (4th grade)

June. 2, 2005

1 Aim
(1) 文房具の名前を聞き取ったり、発話したりできる。
(2) ものを渡したり受け取ったりする会話を楽しむことができる。

2 Language use
pen, pencil, eraser, ruler, crayon, pencil cace, book, notebook, scissors, glue
Here you are. Thanks. You're welcome.

3 Lesson

Min. Activities Notes
5

1 Greeting and Warm up(ALT & HRT)
Hello, everybody. How are you today?
Let's begin English Class!
Let's sing a song.
(CDと一緒に"The Shoulders Song"を歌う)

"The Shoulders Song"(Carolyn Graham)
HRTの動きを真似しながら、ジェスチャーを付け、歌える部分を歌う。
5 2 Listening(ALT)
(HRTは、English Time 1のWall Chart 7を提示し、ALTの話を注意深く聞くように促す)

This is a stationery store. This boy dropped his wallet. This girl sees the wallet. Annie's mother is buying some school supplies for Annie. The clerk hands her the bag and says Here you are. Annie's mother says Thanks. Uh-oh! Look at the baby! He's grabbing some crayons. His father doesn't know.

(ALT asks some questions about the picture.)

ALTは、絵を指し示したり、ジェスチャーを交えたりしながら、子供たちが質問の内容を類推し易いようにする。
5 3 Practice(ALT)
We can get many kinds of stationery at the stationery store.
(ALT shows a card to the students.)
What's this? It's a 〜.
(扱う語彙)
pen, pencil, eraser, ruler, crayon, pencil cace, book, notebook, scissors, glue

子供が単語で答えた時には、文でfeedbackしてやる。(It's a ~.)

10 4 Activity 1(ALT & HRT)
<カルタゲーム>
カルタシートを配り、次のように指示する。
You need scissors. Cut along these lines and make ten cards.
カルタができたら、ペアで1組を準備させる。
  1. 子供たちがWhat's this?と問い、ALTがIt's a 〜.と答える。子供たちはALTが答えたカルタを取る。
  2. 子供たちがWhat's this?と問い、HRTが「鉛筆」等と日本語で答える。子供たちは、英語で発話してからカルタを取る。
pen, pencil, eraser, ruler, crayon, pencil cace, book, notebook, scissors, glue

英語での指示を聞きながら、カルタを作らせる。

カルタは二つのルールで行う。

5 5 Demonstration
鉛筆を使って、次の会話を子供たちに示す。
Here you are.(ALT)
Thanks.(HRT)
You're welcome(ALT)
  1. ALTやHRTの真似をしながら、上のやりとりを練習する。
  2. ALTと子供たちで役割を決めて練習する。
  3. 子供たちを二つのグループに分け、役割を決めて練習する。
  4. 隣同士で練習する。
  1. 会話を示す。
  2. 真似をする。
  3. 全員で発話する。
  4. グループで発話する。
  5. 個で発話する。

上のステップを踏むことにより、発話への抵抗を少なくする。

10 6 Activity 2
<Bomb Game>
  1. 先のダイアログを発話しながら、後ろの友達に鉛筆を回していく。
  2. 鉛筆は2本用い、教室の両サイドから同じように回していく。
  3. タイマーの音が鳴った時点で鉛筆をもっていた子供の負け。
うまく発話できない時には、ALTやHRTがサポートして、真似をさせるようにする。
5 7 Greeting
That's all for today.
終わりのあいさつをした後、簡単な自己評価カードを記入する。
授業記録へ