English Lesson Plan 34 (5th grade)

1 Aims
(1) 様々な食べ物の名称やWhat would you like? I'd like ~.の表現に慣れ親しむ。
(2) 英語のヒントを聞いたり漢字の意味を考えたりしながら、中国のハンバーガーショップのメニュー内容を推測する。
(3) 漢字で表記された中国語の意味を考えながら、日本語との共通点や相違点に気付く。

2 Language use
What would you like? I'd like ~.
「英語ノート」p.77の食べ物カード

3 Lesson

Min. Activities Notes
5 1 Greeting
How are you today? How's the weather today?
What day is it today?
What did you eat for breakfast this morning?(HRT)
I ate ~.(ALT)
ALTとあいさつ

ALTとHRTが今朝食べてきたの朝食について短い会話を行う。

15 2 Bingo!
ALT or HRT : What would you like?
子供たち : I'd like ~.と言いながら、前時で切り取った「英語ノート」p.77の食べ物カードを1枚ずつ選び、p.58のビンゴシートの任意の場所に置いていく。
※ 上記を9回繰り返し、9つのマスに任意のカードが置いてある状態にする。

子供たち : What would you like?とALT, HRTに問う。
ALT(HRT)はI'd like ~.と答える。ALT(HRT)が答えたカードがビンゴシートに置いてあったらカードを裏返す。

縦・横・斜めに3枚のカードが裏返ったらBINGO!

「英語ノート」の付属絵カード

ALTとHRTでデモを示す。

15 3 Let's go to the hamburger shop!
(黒板に『マクドナルド』の中国名を貼っておく。)
HRT : I'm hungry. Look at that. Let's go to the shop! This is a name of the shop. Can you guess what this shop is?
I'll give you some hints. Now I'm hungry. I'm lovin' it! Yes, it's Mcdonald.
  1. 漢字で書かれたメニューカードを黒板に貼っていく。前時と同様に(主餐・配餐・飲料)の3グループに分けておく。
  2. 注文シートを班に1枚ずつ配布し、班で相談しながら、注文する品物を選択する。(main, side, drinksからそれぞれ1品ずつ)
  3. 班ごとに、何のメニューだと思ってそれを注文したのかを発表する。
  4. 英語のヒントを聞きながら、漢字が表すメニューの内容を考える。
    What does this kanji mean?
    It's made from milk. It's usually yellow or white.(Cheese)
    What's this kanji? It means big.
    This is a kind of hamburger. This kanji means fish.
    They are yellow seeds. They are vegetables.
    It looks like soda water. It tastes sweet.
中国のマクドナルドのメニューカード(表が漢字、裏が写真)
注文ワークシート

主餐(main dishes)
配餐(side dishes)
飲料(drinks)

10 4 中国の漢字と日本の漢字
  1. 便利店
  2. 毛衣
  3. 黄油
  4. 飯店
  5. 電車
  6. 美人
  7. 手紙
1〜4は、漢字の意味から推測できるもの。5以降は日本とは異なる意味で使われているもの
5 5 ふり返りカード
授業記録へ