English Lesson Plan 27 (5th grade)

Jan. 24th, 2012

1 Aims
(1) 曜日の名前に慣れ親しむ。
(2) 教科の名前に慣れ親しむ。

2 Language use
Sunday, Monday, Tuesday, Wednesday, Thursday, Friday, Saturday
Japanese, math, social studies, science, music, arts and crafts, P.E. home economics, English

3 Lesson

Min. Activities Notes
5 1 Greeting
How are you today? How's the weather today?
What day is it today?
ALTとあいさつ
10 2 Let's Sing
『Sunday, Monday, Tuesday』
  1. What did you hear in the song?
  2. 歌に出てきた曜日の順番を確認する。
  3. Point to the card.(曜日カードを指しながら聞く)
  4. Let's sing the song!
「英語ノート」の付属CD
15 3 Let's Play
  1. 時間割表や絵カードを見ながら、ALTと一緒に教科の名前を言ってみる。
  2. 黒板に教科の絵カードを貼り、それぞれに番号を振っておく。ALTがcallした教科を聞き、その番号をALTに告げる。
時間割の拡大ポスター

教科の絵カード

15 4 Lisen and Match
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

上のような表を黒板に書く。そして、それぞれの番号には、「教科名」か「教科に関係するキーワード」が隠されていることを知らせる。ただし、どの番号に何が隠されているのかは教師しか知らない。例えば、教師は次のように定めたメモを手元に用意しておく。

1=science, 2=music, 3=crayon, 4=math, 5=flask, 6=map, 7=arts and crafts, 8=social studies, 9=P.E., 10=ruler, 11=recorder, 12=ball

  1. 学級を二つのグループに分け、チームリーダーを決める。
  2. リーダー同士がジャンケンをし、先攻と後攻を決める。
  3. 先攻のリーダーは好きな数字を一つ言う。教師は、メモを見ながらその数字に隠された「教科名」か「キーワード」を告げる。
  4. リーダーはさらにもう一つ数字を選んで言う。教師はBと同様に「教科名」か「キーワード」を告げる。
  5. 「教科名」と「キーワード」がマッチしていたら、1ポイント獲得。マッチしていなかったら、後攻チームに交代する。
  6. チームのメンバーは、どの番号に何が隠されているのかを覚えておき、リーダーに協力する。
授業記録へ