●第3時(題を検討する)

問います。

どんな題ですか。

子供たちの意見は二つに分かれました。
●クライマックスに関わる題(9名)
●何かを象徴している題(22名)

「ぼくはクライマックスに関わる題だと思います。この物語はカニの兄弟がやまなしを追いかけている物語で、やまなしが落ちてきたところがクライマックスだと思うからです。」
「反対です。一の場面ではやまなしは出てきません。だから、やまなしを追いかけている話ではないと思います。」
「では、聞きたいんだけど、『やまなし』は何を象徴しているんですか。」
「それはまだよく分かりません・・・。でも、きっと何かを象徴しているのだと思います。」

お互いに決定的な根拠を欠き、話し合いは行き詰まりました。一級難度の物語ですから致し方ないところでしょう。私の方から次のように説明しました。

この物語の題『やまなし』は何かを象徴している題なのです。ただ、みんながいうように何を象徴しているのかはよく分からないね。何しろ、小学校の教科書に出てくる物語で一番難しいのですから、そう簡単には分かりません。これから勉強を進めながら、自分なりの答えが出せるようにしていきましょう。

こう言って、題の検討を終えました。

戻る