NO.28 [2000/7/27]

Palm Portable Keyboard

 NO.26でPalmで使う折り畳み式のキーボードについて書きました。Palm Portable Keyboardというやつです。
 現在出ているやつは、ドライバが英語版。私は日本語版が出るまで待つつもりでした。でも、やっぱり欲しい。不具合はあるものの、英語版でも使えないことはないという情報も流れていましたし。
 私の住む地方のショップには、当然売っていません。ネット上のショップで探してみたものの、どこも在庫なしの状態。やっぱり日本語版を待てということかなと思っていたら、23日、日曜に見つけました。ビザビというネット上のショップです。大量入荷とのこと。すぐに注文しました。
自宅に到着したのが昨日の火曜。注文したのが日曜日の夜中ですから実に早い。噂通りの早さです。
「本当に使えるのかな」
 ちょっぴり不安な気持ちで梱包を開き、早速本体を取り出します。まずは例のギミックを体験です。なるほど、こんなふうに開くわけだ。こりゃ、おもしろい。
 次にドライバのインストール。これをしなけりゃ、使えない。マニュアルも当然英語ですが、インストールの説明くらいは辞書なしでも大丈夫。何の問題もなくインストールは無事終了しました。ドライバはHackかと思っていたけれど、どうやら違うようです。
 PalmをPortable Keyboardにセット。セットと同時に勝手に電源が入ります。
 メモ帳を起動し、キーを打ってみます。おお!ちゃんと入力できるじゃないか。すばらしい。やっぱり、キーボード入力は快適だ。こいつは手放せなくなりそうです。
 二日間使ってみての不満点。
1 キーボードから文節の区切り直しができない。
2 英語と日本語の切り替えができない。
3 しばらくキー入力を休んでいると、時々認識しなくなるときがある。

 念のために言っておくと、英語版ドライバでもかなり使えますよ、これは。
当然のごとく、この文章もPortableKeyboardで打っています。使用ソフトはSmartDocです。