NO.30 [2000/8/2]

スリープからの復帰障害はHotSync設定が原因だった!

 NO.24でMacOSのバージョンについて書きました。
現在、私のMacには8.5.1、8.6、9.0.4と三つのバージョンがインストールされています。(当然、別々のパーティションにです。)
 9.0.4では、
1 スリープさせようとすると、「いくつかのネットワークサービスが失われる可能性があります」とアラートがでる。スリープ復帰時にほぼ100%の確率でフリーズする。
2 PageMakerを起動すると「ネットワークIDが違います」とアラートがでて終了してしまう。
というトラブルが発生していたため、OSを切り替えて使っていたのです。
 しかし、このような環境は精神衛生上もよくないし、何より不便です。なんとかならないものかと、この夏休みの時間を使って、解決にチャレンジしてみることにしました。
 まずは、Webで検索してみます。該当の情報は見つかりません。続いて、本屋へ赴き、トラブルシューティング関係の書籍をめくってみる。これもだめ。仕方がない。最後の手段です。PowerBook関連のメーリングリストで質問してみることにしました。(PowerBookに固有のトラブルとは思えないため、本当は遠慮するべきなのかもしれませんが、もうここに頼るしかありません。)
 すると、早速数件のレスがありました。私と同じような症状で、困った方がいたのです。
 レスによると、
「HotSyncで赤外線ポートを使用する設定にしていると、ほぼ100%の確率でスリープからの復帰に失敗する」
ということでした。
 早速、HotSyncの初期設定を赤外線ポートからプリンタ/モデムポートへと変更して再起動。スリープさせてみます。アラートは出ません。スリープからの復帰も問題ありませんでした。
 PowerBookのメーリングリストじゃなくて、Palmのメーリングリストに質問するのが筋だったかもしれない。でも、まさかHotSync設定が原因になっているなんて思わなかったから・・・。