NO.66 [2001/12/30]

PowerBook G4購入記(その3)

前号で書いた方法で、PBG3からPBG4へのデータ移行は完了した。しかし、まだ作業は残っている。このままでは様々な環境設定をゼロからやり直さなければならないからだ。PBG3のシステムフォルダ内にある必要ファイルをPBG4のシステムフォルダにコピーすることによって、環境設定も引き継がれる。初期設定フォルダ内にあった次のファイルをコピーした。

○ ATOKフォルダ
○ DAVE Sharing Preferences
○ DAVE クライアント初期設定
○ Explorer
○ TCP/IP 初期設定
○ スティッキーズファイル
○ 作業環境マネージャ初期設定

まだ不足なのかも知れないが、使っているうちに不都合が起きたら、またコピーすればよい。ひとまず、作業を完了することにする。ふ〜(-。-)y-゚゚゚゚。ここまでで実は二日かかっているのだ。

作業完了。PBG4をしまうことにする。
と、ここであることに気がついた。そう、持ち運びようのバッグを買っていなかったのだ。これまで使っていたバッグの中にはPBG3が入っている。といって、梱包されていた箱の中に戻すのもバカげている。ようし、出費ついでだ。バッグも新調することにしよう。
チタンのPBG4に合うバッグはこれしかない。そう、ゼロハリである。ゼロハリの購入については、これまでも何度か考えたことはあった。ただ、値段が値段だけにちょっと躊躇してきたのだ。しかし、今回は思い切って大枚をはたくことにした。
まずは、ネットで検索。どうやら、PBG4にはZ3-SIという型がぴったりサイズらしい。型番だけを頭に入れ、伊勢丹に向かう。以前に扱っていたのを見た覚えがあったからだ。
バッグのコーナーを探すとすぐに見つかった。しかし、Z3-SIという型番のゼロハリはない。その代わり、DZ3-SIという型番のものは見つかった。頭にDが1つ付いただけだから、多分大きさは同じなのだろう。DはDeluxeの略かも知れない。なにせ、ネットで見た値段よりずいぶんお高い。ちょっと考えて、すぐに決断。
「すみません、これお願いします。」

家に戻るとすぐに、PBG4を入れてみる。ちょっときついような気もするが、ほぼぴったりサイズ。外観もこれまで使ってきた安物のバッグとは違う風格が漂う。満足。


外観に漂うゼロハリの風格

PBG4を入れた状態。ポケットに入っているのは左から順に、ACアダプタ、通信用PHS、マウス。
さらに、写真では見えないが、PCカード数種が入っている。

このように、ゼロハリの上にPBG4を置いて使っていると、ゼロハリが冷却台の役割を果たす。
こうしておくと、本当に冷却ファンが回らない。ビックリ。