NO.95[2003/12/31]

モノ・モノ・モノ

「日記」と銘打ちながら、この年間号数は何だろう。自分でもあきれてしまうが、おそらく来年も同じようなペースにしかならないと思う。気楽に書き連ねていくことにしよう。
去年の最後も、散財の言い訳を書いた。今年も買ったあんなモノ、こんなモノ・・・。

今年は、車というデッカイ買い物をしてしまったので、それ以外の大きな買い物はそれほどない。
とはいいながら、Guitarは2本も買い足してしまった。
1本は、ZO-3というアンプ&マルチエフェクター内蔵エレキギター。通常のエレキよりも一回り小さい。おもちゃに近いのだが、実際のステージで使用しているミュージシャンもいると聞く。
アンプにつながなくとも音が出るので、気が向いたときに気楽に弾ける。エフェクターも内蔵していて、様々な音で遊べる。私にとってはやっぱりおもちゃだ。
それにしてもZO-3とはすごいネーミングだ。左の写真を時計回りに90°回転させると・・・。

そして、もう1本はYAMAHAのSLG-100Sというサイレントギター。見ての通りボディがない。だから、通常のアコギのようなデカイ音が出ない。アンプにつながないエレキくらいの音である。これにヘッドフォンをつないで独り楽しむという暗〜い楽器だ(アンプにつなげばエレアコのように使えるけれど)。2種類のリバーブが内蔵されていて、いいヘッドフォンを使うと結構ハマる。自分がうまくなったように錯覚してしまうほどだ。
なんで、こんなものを買ったかというと、単身赴任の淋しいアパートの部屋で、誰にも迷惑をかけず独り盛り上がるためである。ただし、アルペジオでマイナー進行のフォークソングを弾くことだけは厳に慎んでいる・・・。

OLYMPUSのVoice Treck DM-20。Voice Recorderである。自分の授業や講演を録るという、至って真面目な動機で購入。実際、真面目に使ってます。Macにも対応していて、USB経由でつなぐと一つのドライブとして認識される。これはとっても便利。音声はWMAという形式で保存される。専用ソフトの他、
Windows Media Playerで再生可能。
これで録った音源をiPodやCDで再生するため、WMAをMP3に変換するMac用フリーウェアを探しているのだが、どなたかご存知ないですか?

そして、今年最後の買い物が、つい数日前に買ったHDD&DVDレコーダー。選んだ機種はパイオニアの
DVR-710H-Sである。
告白するが、私はビデオの予約録画というものができなかった。滅多に録画をすることなどないのだが、必要なときにはいつも家人に依頼。あんな複雑な操作がよくできるものである。
しかし、それではイカン!と一念発起。今回は、アンテナの接続から設定まで取説を片手に挑戦。なんだ簡単じゃん。世の中は、いつのまにかGコード予約という便利なシステムに移行していたのだ。
でも、やっぱり録画してまで見るような番組はほとんどないな・・・。私が絶対に見たいのはスポーツ中継だし、これはリアルタイムで見るに限る。録画で見ても盛り上がらないでしょ。それに、よく考えたら、ウィークデイは自宅にいないという驚愕の事実に気付いたのであった・・・。

みなさま、今年もご愛顧ありがとうございました。よいお年を!