漢字学習のステップ

「次号で漢字学習を」と書いておきながら、日があいてしまいました。
懇談会の折にもお話しいたしましたが、今年度は「あかねこ漢字スキル」という教材を使って漢字の学習を進めていきます。
みなさんは、漢字練習というとどのようなイメージをもたれるでしょうか。
「ひたすら書く」
私の小学生時代はそうでした。それ以外に練習の方法を知らなかったからです。力業、体力勝負の漢字練習です。
しかし、今年度使用する「あかねこ漢字スキル」は、練習からテストまでがシステム化されています。漢字を学べるだけでなく、「漢字の覚え方」も学べるのです。
今週までの漢字指導についてお伝えします。できましたら、子供たちの漢字スキルをごらんになりながらお読みください。

【1日目】
漢字スキルの1を開かせ、右側のページに下敷きが入れてあることを確認します。最初に練習する漢字は「勢」です。

先生の後について一緒に読みます。
音読みは「セイ」。訓読みは「いきおい」。「大勢」「勢力」「勢いよく走る」。部首は「ちから」。13画。

上のように、スキルに出ている「読み方」「用例」「部首」「画数」を全員で確認し、実際の練習に入ります。次のようにです。

1 【ゆび書き】スキルの書き順を確認し、画数を唱えながら机の上に指で書く(4,5回程度)→このステップでその漢字をほぼ覚えます
2 【なぞり書き】スキルの薄く印刷されている上をはみ出さないように丁寧になぞる→ステップ1で曖昧だった「とめ」「はね」「はらい」が確認されます
3 【うつし書き】空欄のマスに自分で書きます→ここまででほとんどの子供たちが新出漢字を覚えます
4 【空書き】顔の前に指を出させ、全員で画数を唱えながら空中に書きます→書き順が違っている子供、覚え方が曖昧な子供が一発で確認できます

この日は、上の4ステップで、4つの新出漢字を練習しました。一度に多くの漢字を練習しても覚えられないからです。

【2日目】
漢字スキル1には9つの新出漢字があります。前日4つを練習しましたので、残りは5つ。2日目は、この5つを前日と同様に練習します。1日目で「漢字の覚え方」を学びましたので、練習時間は10分ほどで済みました。慣れてくればもっと早くなるでしょう。

【3日目】
3日目はスキル左ページに取り組みました。このページはテストの練習ページになっています。練習する欄は下のように3段です。ポイントは一つずつ縦にやるのではなく、横に進むという点です。次のようにです。
1 漢字の読みをかきます。
2 1段目をていねいになぞります。
3 なぞった文字を見ながら、2段目を書きます。
4 ノートなどで上をかくし、3段目を自力でやってみます。上段を隠しても練習できるように、最下部に「よみ」が印刷されているのです。

【4日目】
ノートに試しのテストをやってみます。自分で採点し、まちがえた問題を練習します。

【5日目】
いよいよ本番テストです。スキルの巻末にあるテストページを切り取り、テストに挑戦です。
水曜日、第1回の本番テストを実施しました。学級平均は90.7点。多くの子供たちが自信をつけていました。今回はギリギリの9割確保でしたが、次回は余裕のクリアといきたいものです。