意見文を書く(その2)

今朝は、発表朝会。5年生が発表する番です。ちょうどよいタイミングで、前号でお伝えした意見文も書き上がったところです。これはチャンス。書き上げた作文を全校の前で発表することにしました。
「私たちのクラスでは『学級に係は必要か』というテーマで意見文を書きました。これから『必要だ』という人と、『不要だ』という人から作文を発表してもらいます。どちらの意見が分かりやすかったか、後でみなさんに聞きますので、よく聞いていてください。」
進行役の子供たちの上の発言で、発表をスタートしました。

<必要派の発表>

和希
 このクラスに係は必要だろうか。ぼくは絶対必要だと思う。理由は次の通りだ。
 まず一つ。いろいろな仕事ができるということだ。もし、係がなければいろいろな仕事ができない。一つしか仕事ができない。しかし、係を作るといろいろな仕事ができる。例えば、クイズ大会をするときに、係があればそれをまとめられるのだ。つまり、係があれば、いろいろな仕事ができて楽しいのだ。
 そして、二つ。なかったらつまらないということだ。もし、係がなければつまらないだろう。しかし、係があればそんなつまらないことにはならないはずである。例えば、つまらないときに係あれば楽しい。つまり、係はなくても困らないが、あった方が楽しいのである。
 係は、いろいろな仕事ができるので、ないとつまらないのである。
 この二つの理由で、ぼくは係が必要だと思っているのだ。決して不要ではないのだ。

澄佳
 この学級に係は必要だろうか。私は必要だと考えている。理由は次の通りである。
 第一に、たまには楽しいことをしてリラックスしたいということだ。もし、係がなかったら、リラックスできなくてつかれてしまうだろう。しかし、係があれば、リラックスもでき、楽しい毎日を過ごすことができるだろう。例えば、勉強ばかりで頭の中がグシャグシャになってしまっていても、係によってまたスッキリした頭で勉強することができるのだ。つまり、リラックスできるのだ。
 第二に、いろいろな種類の仕事ができるということだ。もし、係がなく、当番だけだったら、今までみんながやったことのある仕事しかできない。しかし、係があれば、当番とはちがう仕事ができる。例えば、新聞係やゲーム係のような今までやったことのないような仕事ができるのだ。それに、係は不要だという人も、一度やってみて、それでもいやだったらやめればいいのだ。つまり、係があれば、今までやったことのない仕事をやることができるのだ。
 このように、係があれば、リラックスもでき、いろいろな種類の仕事ができるのだ。
 つまり、係は必要である。

<不要派の発表>

健吾
 このクラスに係は必要なのか。ぼくは不要だと思う。理由は二つ。
 第一に、当番だけで精いっぱいだということだ。もし、当番だけで精いっぱいなのに係もやったら、つらい。しかし、やらなければ大丈夫。例えば、新聞係をやったとする。そうすると、新聞を書かないといけない。つまり、係をやるといろいろつかれる。
 第二は、これ以上仕事を増やしてもやらなくなるだけだということだ。もし、係をやったら仕事が増えてよけい大変。しかし、係をやらなければ、仕事が増えず、そのままで大丈夫。例えば、新聞係をやった人は、そのままずっと新聞を書き続けることができるのか。つまり、仕事を増やしたらつらいのだ。
 精いっぱいになって、やらなくなったら本当につらい。
 こうなったらいやだ。だから係は不要だと思う。

京香
 このクラスに係は必要だろうか。私は不要だと考える。理由は次の二つだ。
 一つ目は、これ以上仕事を増やしても、やらなくなるだけだということだ。もし、係の仕事ばかりして、当番の仕事をやらなくなってしまったら、この学級はすごく困ると思う。つまり、最初から先の見えていることはやらない方がいいということだ。
 二つ目は、なくても困らないということだ。もし、係があっても、学級が楽しくなるだけで何の役にも立たないのだ。もし、係があってもやめることになるのなら、最初からなくても困らないはずだ。例えば、新聞係があってもそのうちネタがなくなってやめてしまうのがオチだ。最初からやらない方がいい。
 これ以上仕事を増やしてもやらなくなるだけだし、係はなくても困らないのだ。
 これらの理由から、私は係は不要だと考える。

まだまだ、粗いところはあります。これから学んでいかなければなりません。しかし、どの子供も自分の考えを400字の意見文を書き上げることができました。みなさんは、どちらの言い分に賛成ですか。

明日は親善体育大会です。天候が心配ですが、なんとか晴れてほしいものです。以前、お知らせしたとおり、可否については6時30分の有線放送で連絡があります。
なお、明日、明後日は5,6年生の給食がありません。大会がある場合は帰宅後に昼食をとることになりますが、大会がない場合には、弁当が必要となりますので、よろしくお願いいたします。また、バスで帰る子供につきましては、バス時間まで時間がありますので、大会がありましても弁当を持たせてください。