Nice to meet you!

国旗を示しながら自己紹介するKabeerさん
真剣に聴き取ろうとする子供たち

前号では写真のみお伝えしましたが、金曜日にKabeer Burmanさんを迎えての最初の学習を行いました。Kabeerさんはこの夏、カナダから来られた新しいALT(Assistant Language Teacher)です。
子供たちとKabeerさんとは、この日が初対面になります。Kabeerさんは、当然子供たちに自己紹介をするでしょう。そこで、子供たちにも簡単な自己紹介をさせたいと考えました。
しかし、いきなり英語で自己紹介などできるはずがありません。前の時間に準備をしておきました。「名前」「誕生日」「好きな〜」等を入れながら自己紹介ができるように練習したのです。
My name is 〜.名前はすぐに言えます。誕生日は子供たちにとってちょっと難しかったようです。まだ、月の言い方や日付の言い方を知らないからです。すべての月、すべての日付を覚えることは1時間では無理ですから、自分の誕生日だけを言えることを目標としました。それでも難しかったようですが・・・。
「好きな〜」については、My favorite color is blue.(私の好きな色は青です)等と言わせる予定だったのですが、やってみたらこれも困難。もっと簡単にI like blue.で済ませることにしました。

さて、金曜日2限。いよいよKabeerさんを迎えての学習です。
Could you introduce yourself?
Kabeerさんに自己紹介をお願いして学習のスタートです。
「あとで、Kabeerさんの自己紹介についてクイズを出すからね。よく聞いてるんだよ。」
と私。
「えー。無理だよ!」
と子供たち。
Kabeerさんは、カナダの写真や国旗などを見せながら、かなり長い自己紹介をしてくれました。もちろん英語です。子供たちがすべてを理解することは無理ですが、知っている単語を拾い、推理しながら真剣に聞いていました。
Kabeerさんは23歳。スポーツが大好きなようで、アイスホッケー、野球、バスケットボール等のプレイヤーのようです。聞いてみると、カナダで最もポピュラーなスポーツであるアイスホッケーはなんと3歳の頃からやっているそうです。子供たちも驚いていました。
自己紹介後の質問タイムでは、子供たちから出された質問を私が怪しげな英語で伝え、Kabeerさんに答えてもらいました。Kabeerさんの答えはできるだけ自分で聞き取るようにさせたのですが、ちょっと難しかったかな。

質問タイムが終わると、教室に緊張が走ります。そう、子供たちが自己紹介をする番だからです。
Kabeerさんが子供たちの席を回り、握手をしながらの自己紹介でした。子供たちは緊張しながらも、準備しておいた自己紹介を何とかこなすことができたようです。
「ゲームが好きだ」という子供の自己紹介を聞いたKabeerさんが、その子にDo you have a Play Station2?と尋ねると、子供たちも驚きの声をあげていました。まさかKabeerさんがプレステ2を知っていると思わなかったのでしょう。プレステ2はカナダでも人気のようで、Kabeerさんは自分が楽しんでいるソフト名をいくつも挙げていました。

授業の最後に行ったのは次のビンゴゲームです。

・下のカードを持って教室内を歩き回り、友達同士でHello. I'm Toru Shibuya. Nice to meet you.と挨拶をしあう。
・挨拶を交わした友達からカードにサインをもらう。
・すべてのマスが埋まったら席に戻る。
・Kabeerさんがランダムに子供たちの名前を読み上げる。
・読み上げられた友達からサインをもらっていたら、その名前を○で囲む。
・縦、横、斜めいずれかに三つ○が並んだらビンゴ。

私とKabeerさんも仲間に入り、挨拶ビンゴゲームを楽しみました。