ネチケット

社会科で「情報」をテーマとした学習をしています。1学期には、けやきタイムの中で、インターネットやメールの使い方について学んだ子供たちですが、インターネット上のルールもきちんと学ばせる必要があります。
先週、インターネット上の「サイバーネチケットコミック」というサイトを使って、ネチケット(ネット上のエチケット)の学習を行いました。ディズニーが作成しているサイトです。
授業後の子供たちの「学び」をお読みください。


社会科「情報」の学習でネチケットについて学んだ。ネチケットとは、ネット上のルールのことである。
ディズニーのサイバーネチケットコミックというサイトで私が学んだことは二つだ。
一つ目は、ネット上で出会った人とは会わないということだ。もしかしたら、その人が悪人かもしれない。事件に巻きこまれるかもしれない。だから、そうなる前に会わなければよいのだ。
二つ目は、知らない人から送られてきたファイルは開かないということだ。もし、ウィルスが入っていたら一気にバゴーンだ。気付いたらすぐにデリートしようと思った。
私は、ちょっとネットがこわくなっていた。こんなに悪があるなんて・・・。もし、自分が持ったパソコンがそうなったらどうしよう。不安にもなった。よーくネチケットを守ろうと思った。
これからインターネットを利用するときは、今の二つや他のネチケットを知って、守ろうと思った。

夏美
社会科「情報」の学習でネチケットについて学んだ。ネチケットとは、インターネットのエチケットのことである。
ディズニーのサイバーネチケットコミックというサイトで、私が学んだことは二つだ。
一つ目は、インターネットのメールで住所などを教えないことだ。もし、住所などを教えたら、相手が何を考えているか分からないからだ。
二つ目は、知らない人から送られてきたゲームなどは開けないということだ。もし、ゲームを開けて遊んだら、何かのウィルスが活動するかもしれないからだ。
私は、ディズニーなどのアニメが好きだ。今日は、「三びきの子ぶた」と「白雪姫」で学んでとっても楽しかった。ネチケットもよく分かったのでよかった。
これからインターネットを利用するときは、今日学んだことを忘れずに、楽しくやりたい。