一画加えて

水曜日は、学習参観においでいただきましてありがとうございました。最後に見ていただいた子供たちの太鼓演奏はいかがだったでしょうか。昨日は、6年生と合同の太鼓クラブだったのですが、5年生の上達ぶりを6年生も認めてくれていました。5年生にとっても大きな自信となったことでしょう。
さて、前半に見ていただいた漢字の授業です。


この漢字に一画足してできる漢字を考えてノートに書きなさい。

多くの子供たちが「本」と書いていました。もちろん正解です。子供たちは、その他に「未」「末」も見つけました。
これはウォーミングアップ。「一画加えて別な漢字を作る」というルールを全員で確認するための課題です。

子供たちに下のプリントを配りました。これらの漢字に一画加えて新たな漢字を作るわけです。
中には、子供たちが未習の漢字もあります。ごらんいただいていた保護者のみなさんも懸命に考えてくださっていました。
授業の中では子供たちが自力で解決した漢字のみを確認し、残りは宿題としました。
子供たちは、お家の方と相談したり、漢和辞典を調べたりして見事に全問解決。問題の下が解答例です。例ですからまだ別な漢字も考えられるでしょう。
例えば「未」。解答例では「朱」となっていますが、幸哉さんは「耒」という漢字を見つけてくれました。「ライ」と読みます。意味は「すき(畑に道をつける農具)」です。私も幸哉さんから辞典を見せてもらって知りました。お父さんと一緒に漢字辞典で調べたのだそうです。すごい!

<問題>
休 土 上 水 万 皿 束 司 侍 糸 史 仕 由 持 代 幻 圧 未 住 舌 内 囚 句 刊 門 王 刀 了

<解答例>
体 王 止 氷 方 血 東 同 待 系 吏 任 曲 特 伐 幼 庄 朱 往 乱 丙 因 旬 刑 閂 主 刃 子 

風邪及びインフルエンザが、近隣の学校で流行し始めています。油断禁物です。手洗い・うがいの励行をお願いいたします。