なわとび大会

運動不足になりがちのこの季節、なわとび運動は子供たちにとって運動不足解消、体力向上に大いに効果をもちます。カードに自分の目標を記入し、体育の時間や休み時間を使って練習を続けてきた子供たち。いよいよ、その成果を発揮する場がやってきました。
昨日、3,4校時に行われた「なわとび大会」。体育館は寒いはずなのですが、体を動かす全校の子供たちの熱気で寒さを感じません。
自分の目標達成に向かってロープを回し続ける友達に、お互い声援を送りながら、和やかな雰囲気の中、大会は行われました。


「共通跳びをします。」
と富樫先生が言った。
「共通かぁ。やだなぁ。」
とすっちゃんに言った。私たちの共通は二重跳びだった。私は二重跳びが苦手だった。
最初は、1,2,3年生が跳んだ。みんないっしょうけんめい跳んでいた。
跳んだ数を数える人を交代して、また始まった。私はドキドキ、というか跳べるかが心配だった。
とうとう、4,5,6年生の番が来た。私は長さんとペアだ。先に長さんが跳んだ。私は長さんのを見ていて、すごいなぁと思っていた。
「交代してください。」
ついに私の番が来た。私は立って跳ぶ準備をした。富樫先生が「よーい」と言って、笛がピッと鳴った。私はがんばろうと思って跳んだら、あともうちょいというところで、ひっかかった。この調子で何度もやってたら、二分間終わってしまった。私は一回も跳べなかったので、おかしくて笑ってしまった。

【共通種目(二重跳び)】
1位 健吾  56回
2位 佳奈  38回
3位 美奈子 35回
【3分間大なわとび】
5年生 208回