Flying Disk

いざ、挑戦! 目指すはホールインワン! フラフープに入った瞬間!

ちょっと前のことになります。1月30日に2回目の『スーパーえいごリアン』の授業を行いました。英語活動の授業としては、今年度15時間目となります。
今回の番組テーマは「フライングディスクに挑戦!」です。フライングディスク(子供たちはフリスビーと呼んでいることが多いようですが)を使った活動を楽しみながら、英語に親しんでいきます。

まずは、数の復習を行いました。1学期に学習してはいますが、多分、忘れていることでしょう。そう思いながら、復習に入ったのですが、どうしてどうして、子供たちからは予想以上にすらすらと英語が出てきて驚きました。

Who is he?
(写真を見た子供たちは「イチロー!」と答えます)
Yes. He is Ichiro.
Do you know his number?
(多くの子供たちは知っています。「51」と英語で答えてくれました。)
Right. His player's number is 51.

番組を見たあとは、体育館に移動し、「フライングディスクゴルフ」を楽しみました。
ステージに設置したフラフープをホールに見立てます。できるだけ少ない回数でフライングディスクをフラフープに入れるというゲームです。まずは、私がやって見せました。

I'm gonna try. Watch me. Do it like this. Spin the flying disk. Throw it into the circle.
(投げ終わったあとで)
How many times did I throw? It's my score.

日本語はいっさい交えていませんが、子供たちはすぐにゲームのルールを理解し、早速挑戦。6ホールのトータルスコアで競います。優勝者は和樹さん。Congratulation!