Здравствуйте.

ズドラーストヴィチェ

ロシア教育視察団来校。3,4年生には通訳が付かないということで、担任の私は大きなプレッシャー。しかし、子供たちはそんなプレッシャーなど感じることもなく、進んで働きかけていました。
正式な?出会いの前から、廊下で会った子供は、
「ズドラーストヴィチェ」
とロシア語で挨拶を交わしていたようです。う〜ん、子供は強い!

A子
「これからロシアから来たお客さまとの交流会を始めます」
と言って始まった交流会。フルーツバスケットをしました。私は「アナナース」(パイナップル)のカードです。私は自分が鬼になったらちゃんと言えるかとドキドキでした。けど、一回も鬼にならなかったです。
校歌を歌いました。ロシアの人たちが聞いていたから、またドキドキしました。ロシアの人たちも歌ってくれました。みんなの歌声がきれいでした。
プレゼントはおかしでした。また、ロシアの人たちに来てもらいたいです。そして、また「フルーツバスケット」をして遊びたいです。

K男
「ヤーブラカ」
Nさんが体育館で言いました。りんごマークの人が自分のいすをめがけて走り始めました。次に鬼の人がくだものの名前を言いました。ロシアの人が鬼の時、
「言います。りんご。」
と日本語で言いました。ぼくは、しぶや先生が「日本語はまったく話せない」と言っていたのに、日本語を話したのでびびりました。
給食の時間になりました。
「いただきます」
Oさんが言いました。みんなで食べ始めました。ロシアの人はささだんごの食い方を知らないので、ぼくがへんな食べ方をしたら、ロシアの人が食べ始めました。
楽しかったです。

Y子
ズドラーストヴィチェとスパスィーバの二つはいっしょうけんめい練習しました。
ロシア人が給食室に来ました。私はロシア人に、つい、
「ズドラーストヴィチェ」
すると、ロシア人が、
「ズドラーストヴィチェ」
と返してくれました。
そして、4時間目いっしょに交流会が行われました。みんなでフルーツバスケットをしました。私は二回も鬼になってしまいました。あと一回で×ゲームになるところでした。
その後、ロシアの人といっしょに給食を食べました。私はきんちょうしてなんにも話しかけられませんでした。そしてお別れの時がきました。みんな笑顔でした。また来て欲しいです。