今年の総合はEnglish!

2002年から完全実施となる新教育課程、それに伴う大きな変化の一つは「総合的な学習の時間」が始まるということです。3,4年生で年間105時間、5,6年生で年間110時間があてられます。ちょうど理科や社会と同じくらいの時間数で「総合学習」を行うわけです。
本校でも昨年度から「総合学習」に取り組み始めています。3,4年生、昨年度は「視覚障害」をテーマとした「総合学習」を行いました。今年の「総合学習」は「英語」です。
21世紀の基礎学力は「読み・書き・算」+「英語・コンピュータ」と言われています。英語とコンピュータはこれからの時代を生きていく子供たちに必須なわけです。
既に4月からNHK基礎英語を教材にした英語教室が継続中ですが、また違った角度からも英語の学習を進めていこうと思っています。
めざすところは次です。

自分なりに英語でコミュニケーションを図ろうとする態度や技術を身に付ける

小学校英語のカリキュラムをづくりを手がけてきた長瀬荘一という先生は、小学校英語の指導原則として次の五つを挙げています。

@ 小学校英語では、単語を多くおぼえることよりも、「ああ、面白かった」という児童の声をたいせつにしよう。
A 小学校英語では、正確な文法をおぼえることよりも、「まちがいを気にしないで話すこと」をたいせつにしよう。
B 小学校英語では、ノートにくり返して書く文字よりも、聞いたり話したりする音声をたいせつにしよう。
C 小学校英語では、先生が一方的に説明するのではなく、児童とJTE、児童とALT、児童と児童のコミュニケーション活動をたいせつにしよう。
D 小学校英語では、「できた・できない」の到達度で評価するより児童が体験すること、そのこと自体をたいせつにしよう。

この五つを原則としながら、子供たちが楽しんで学べるような英語の学習にしていきたいなと思っています。

火曜日と木曜日の6時間目が英語の時間となります。
今週の火曜日、第1回目を行いました。2回目を明日の学習参観で見ていただこうと思っております。是非おいで下さい。

前号で3名の作文を紹介しましたが、もう一人、美咲さんの文章を紹介します。他のことは違った視点から書いたおもしろい文章です(改行で段落がつくられているともっとよかった)。

ソラシドだいせいこう
美咲
こんにちは!元気にオッハーの時間です。今日は、ソラシド集会があったそうです。みてください!この大人数・・・あ!今、全校合唱の「大好き」が終わりました!入場曲がながれました。「ABCソング」です。さすが、元気な3,4年生!体育館中にひびきました。特別楽器たんとうの人が楽器を運び・・・。今はじまりました。それぞれの楽器楽器が生きているようですね。この音は、となりの中学校までとどいたと思います。ああ!合唱の「おそすぎないうちに」です!生まれてこられたおれいに・・。とってもすてきな歌詞ばかりですね。あ!美咲さんです。「ソラシドはどうでしたか?」「今まででいちばんいいと思います。」来年は今よりもっと上手だと思います。