Let's Learn English!

金曜日は、お忙しいところ学習参観においでいただきましてありがとうございました。
2回目の「英語」の授業を見ていただいたわけですが、どのようなご感想をおもちになったでしょうか。
学校長と違って、英語に関してはずぶの素人の私が行う英語の授業ですから、拙い授業ではあったことは確かです。ただ、私なりに授業の組み立ては考えたつもりでした。

まずは、先日のソラシド集会でも聴いていただいたNEW ABC SONGを歌います。

前の時間の復習です。5人の人と挨拶をしたら座りなさい。

前の時間に学習した挨拶とは次です。
I'm 〜.Nice to meet you.
I'm 〜.Nice to meet you,too.
子供たちは教室の中を動き回り、友達と握手を交わしていきます。

黒板に左下の絵をはり、棒で指しながら発音練習です。

  

HEAD,HEAD,HEAD
EYE,EYE,EYE.・・・。

更に、フラッシュカードを見ながら発音練習を続けました。

今度は、発音しません。出たカードを見て、顔を触ります。

EYEのカードであれば目を、NOSEのカードであれば鼻を触るわけです。

発音しながら触ります。

今度はこう告げて、カードをめくっていきます。子供たちはカードを見て、EAR,MOUTHと発音しながら自分の顔の部分を触っていきます。
ここまでで子供たちのほとんどは、顔の各部分とその発音、そしてスペルを覚えます。
最後にSIMON SAYS(サイモンの命令)という有名なゲームで仕上げです。
続いて、体の部分。顔と同じような順序で練習を繰り返します。ただ、最後はSIMON SAYSではなく、歌遊びを入れました。
HEAD SHOULDERS KNEES AND TOES
EYES EARS MOUTH AND NOSE

と歌いながら体や顔の各部分を触っていく歌遊びです。徐々にペースアップしていくと子供たちは盛り上がっていきます。

私なりに考えた授業の組み立てとは・・・。
まず第一に、「ゲーム」や「歌」を入れながら、子供たちが学習を楽しむことができるようにしたということです。
第二に、同じことを繰り返して学習できる組み立てにしたということです。ただ、同じパターンで繰り返したのでは子供たちは飽きてしまいます。絵、フラッシュカード、ゲーム、歌と変化をつけながらの繰返しを組み込んだのです。
総合での「英語」の授業、全部で45回程度を予定しています。子供たちが英語に親しんでくれるといいのですが。