マラソン大会 子供たちの声

一昨日終わったマラソン大会。昨日、子供たちはこんな自学帳を提出してくれました。

真太郎
「よーいどん!」
校長先生がピストルをならした。第二グラウンドを一しゅうしてマラソンコースへ行った。お母さんたちから声をかけられながら走った。と中、3位だった山田くんを抜こうとした。でも、力が入らなくて全然抜けなくて、ぼくは
「ああ、これが練習している人としてない人のちがいだな」
と思ってあきらめた。
折り返して、坂をのぼっていると風がふいているのに気がついて全然前へ進まなかった。林に入って山田くんとのきょりは2メートル!
林を抜けて海へ行く道できょりをちぢめて金あみに入るところでせりあった。だが、あっちも本気を出してきて失敗。
お母さんから、
「真!抜けー抜けー」
と言われて「抜こう」と思った。ゴール近くで抜くことを実行。ゴール直前で山田くんを抜いてゴーーーーーーーーール!!!!!!
みごと3位入賞!タイムは9.24で練習より3秒速い。
土曜日が楽しみだー!!(土曜日は表彰式なのです 注:渋谷)

五十嵐
今日はマラソン大会だ。そしてぼくたち3,4年生は、9時40分?にスタート。第二グラウンドからサイクリングロードへ。
だいたい1kmくらいでばててきた。そして、1.5kmまで行くともうダメ〜。しかし、がんばって走り続けた。
おうふくすると、教頭先生が
「五十嵐、だいじょうぶか?」
いちおう、走り続けた。そしてラストスパート。ありったけの力でみんなのおうえんをうけながら走った。
順位は14位。自分としてはよかった。

右は美咲さんの自学帳です(略)。絵といい、コマ割といい、とても4年生とは思えませんね。お見事!
明日の土曜日、全校集会で表彰式が行われます。

紹介が遅くなりました。今週から教育実習が始まっています。我がクラスでは、教育学部3年生の江田さんが子供たちと奮闘しています。渋谷が失いつつある若さを存分に発揮してくれています。

月曜日から、みんなと一緒に勉強を始めて、もう4日すぎてしまいました。みんなのこと、少しずつわかってきたけれど、もっともっと仲良くなりたいです。
一緒にいっぱいあそぼうね。そして、いっぱい勉強しようね!