小学校英語アンケート結果

(〜前号より〜)
・「必要である」と言えるほどの考えははっきりいえないのですが、中学になれば順位が決められるので、せめて小学生のうちは順位を気にしないで学べるということがあってもよいのではと思います。
・私が習った英語は中学校1年生からでした。しかし、今のカリキュラムの低学年化が現在の社会情勢の中、必要と考えます。子供たちは勉強することが増えて忙しいだろうが、インターナショナルな人間形成の一助になることを期待します。
・各国共通の英語はこれから大変必要だと思います。早ければ早いほど身に付くのではと考えます。ですから、これからも続けていって欲しいです。
・英会話は幼児期から始めるのがよいと言われているが、親の押しつけでさせるのではなく、本人が希望して学習するのが理想的。でも大体はそうではないようです。この授業は子供が楽しみながら、すこしずつ英語に親しめるという点で必要だと思う。
・英語の学習は始めたら、ずーっと継続してこそ成果があるものと思われるので嫌になってしまわないよう、楽しい授業を身近に感じてもらいたい。
・上の子供を見ていると、いきなり中学校になって英語を学ぶより、少しでも知っている方が自分なりに自信がもてると思います。
・中学校へ行ってから英語にびっくりしなくてもいいのではないでしょうか。英語は楽しいと思うところから始めることはとてもよいことだと思います。
・子供たちの楽しそうな様子がうかがえるから。またそれが自然に身に付くものになると思えるから。
・テスト、評価がないため、勉強という気負いもなく、本当に楽しく自然に子供自身の中に取り入れている様子が見られるので、よい経験をさせていただいていると思っています。
・子供はゲーム感覚で楽しんで取り組んでいるから。

【B】
・中学、高校の英語の学習内容をそのままにした状態で小学校で英語を教える意味がないと思います。中学、高校の英語教育が実用英会話に即したものであれば、今現在行われている学習内容は本物だと思います。

問い3
小学校で英語を学習することについて、ご意見ご感想がありましたら、ご自由にお書きください。

・小学校のこの時期は、無邪気にすんなりと英語に入っていけると思うし、恥ずかしがらずに、習ったことを話せるので、よい時期だと思う。ただ、繰り返す時間があまりないので、やはり家でも練習する必要があるのか考えることがあります。
・小学1年生から、もう習わせてよいと思います。そして先生は必ず外人教師に限ります。授業の中でその雰囲気を作っていくようにしたらよいと思います。
・小学校のうちに英語の単語や会話を少しずつでもやっておくと、中学校に行ってはじめて英語をやるより自然に勉強できると思います。
・英語が話せるようになったら素晴らしいと思うが、教科書一辺倒の詰め込みでは、早期教育で、単語が分かっても話すまでにいかない。担任を離れ、外国人講師と体験的に覚え、身に付くようにしてほしい。できれば点数のない世界でのびのびと“話すこと”“接すること”に怖がらない態度ができるような体制であってほしい。
・中学、高校と主に「読む書く」の学習をしてきてもまったく話せない自分です。「聞く話す」の英語から習える今の小学生は幸せだと思います。
・国語、算数、社会、理科・・・等の授業とはまったく違う「英語の楽しさ」を知るチャンスを与えてくださったことに感謝しております。
・今年の3,4年生だけ試してみるという春の頃の校長先生のお話でしたが、たまたま我が子が4年生で大変ラッキーだったと思います。5,6年も続けてほしいと願っています。
・小学校で英語を学習することは賛成です。現在、3,4年生で授業をしていますが、できれば1年生からの方がいいと思います。いま、ほとんどの保育園、幼稚園で英語遊びなどやっているので、間が空いてしまうのはもったいない気もします。
・幼稚園、保育園で英語教育を実施している現在、小学校だから早いとか遅いとか、いいとか悪いとかではなく、今回英語に接する機会が得られて貴重な体験ができていると思います。
・机の上の勉強だけでなく、日常的な会話を。文法などを越えた体験ができる英語学習になることを望みます。
・最初は遊び感覚から始めるのはとても大事なことだと思います。ステップアップもお願いします。

〜更に次号(月曜日)へ〜