Christmas Party

予告してあったとおり、金曜日の5,6時間目を使ってChristmas Partyを行いました。ティファニーさん、そして公開授業に続いて総合教育センターからお越しいただいた竹之内先生をまじえての3,4年生合同Partyです。
以下、自学帳に書かれた子供たちの感想文でその様子をお伝えします。ただし、今回は何名かの子供の文章を私がつなぎ合わせて、あたかも一人の作文であるかのようにしてみました。

今日の5時間目、ティファニーさん、三年生といっしょにクリスマスパーティーをやった。クリスマスパーティーがあるんだったら、昨日、お母さんとクッキーを作ればよかった・・・。
「はじめの言葉」を終え、ゲーム。
最初にやったのは「フルーツバスケット」とにたようなゲーム、「カラーサンタバスケット」。一回も鬼にならなかったけれど、いつ鬼になるか分からなくてハラハラした。
続いてビンゴをみんなでやった。ぼくはダブルリーチ。しかし!!その後、希望の数字が出ることはなかった。
プログラム3は「ティファニーさんの話」。カナダのクリスマスを聞いた。カナダの人は、サンタさんにクッキーとミルクをあげるんだなぁ。カナダのクリスマスも楽しそうだな。ただ、不思議に思ったこともあった。それは置いておいたミルクとクッキーはなぜなくなるのかということだ。子供を喜ばせるために、大人が飲んだり食べたりしたんだな。
次は、先生たちのげき。それは「うさぎとかめ」だ。渋谷先生は頭に「つくし」をつけていた(「つくし」ではなく、「マイク」です!注:渋谷)フフフッ。おもしろかったのは藤澤先生(かめ)が足を速めてゴールしたところだ。ちなみに、ティファニー先生(うさぎ)も最後はおそく走っていた。渋谷先生はわきやくでしたね。クククッ。
最後は「WE WISH YOU A MERRY CHRISTMAS」をみんなで歌った。練習ではあまりうまく歌えなかったけれど、本番はちゃんと歌えた。
また、こういうのをひらきましょう。
メリークリスマス!