It's snowy.

How's the weather today?
It's snowy.

これは金曜日のティファニーさんによる授業で子供たちが学んだ会話です。天候を表す表現について学習したのです。

fine / rainy / cloudy / windy / snowy

まずは、五つの単語をカードを使って覚えます。黒板に貼られた五枚のカードには雨(rainy)等と漢字と英語が併記されています。
ティファニーさんの後に続いて何度も発音し、続いてはティファニーさんが指すカードを子供たちだけで発音する。こんな学習を繰り返しながら、子供たちは天候を表す表現を覚えていきます。
そして会話練習。

How's the weather today?

というティファニーさんの問いに、
“It's 〜.”
と子供たちが答えていきます。
続いて子供たちが問い、ティファニーさんが答える。
慣れたところで、ビンゴゲーム。ビンゴカードに印刷された九つのマスを自分の好きなお天気マークで埋め、友達同士インタビューし合います。
“How's the weather today?”
“It's fine.”
相手の友達が答えた天候を○で囲んでいき、縦横斜め三マス揃えばビンゴです。
答える方はバッチリだった子供たちですが、
質問文の発音が子供たちには難しかったようです。
「おはよう!」
朝の挨拶の後、窓の外を眺めながら、子供たちに聞いてみてください。
How's the weather today?


沖縄県と北海道、住むならどっち?

社会科で『暖かい土地と寒い土地』の学習をしています。暖かい土地の代表沖縄県と寒い土地の代表北海道を対比的に学んでいるのです。
まずは、それぞれの県について知っていることを発表させ、対比しながら、黒板にまとめていきました。
【沖縄】
・暖かい
・南にある
・雪が降らない
・色が黒い
・星の砂
・半袖
・ハイビスカス
【北海道】
・寒い
・北にある
・雪が降る
・色が白い
・ジャガイモ
・長袖
・ラベンダー

問います。

家を建てて住むならば、沖縄と北海道、どちらを選びますか。

この段階では、沖縄を選ぶ子供が圧倒的でした。ただ、まだほとんど情報のない中での選択です。

北海道と沖縄の○と×をもっとたくさん調べてみよう

こんな課題をもって調べ学習に入りました。
・教科書
・図書館の本
・旅行パンフレット
・インターネット
様々な情報を集め始めているところです。