厳密に読み、問いに正対する(その2)

 前号でお伝えした10題の解答です。

1 段落は全部でいくつありますか。

「八つ」(解説不要ですね。)

2 「問いかけ」の一文を見つけて書き抜きなさい。

「ホタルは、どんな一生を送るのでしょう。」
(ひらがな、カタカナ、漢字はおろか、句読点一つに至るまで正確に書き抜いていなければ誤答です。)

3 「問いかけ」にズバリと答えている段落の番号を書きなさい。

「八(段落)」

4 川岸の岩や木の根元には何が生えていますか。

「コケ」
(ひらがなで書いていたら誤答です。)

5 たまごからかえったよう虫の体長はどのくらいですか。絵にかいてごらんなさい。ただし、定規を使ってはいけません。

(本文には「一・五ミリメートル」とあります。定規を使いませんから、もちろん多少の誤差は認めますが、大きくはずれているものは誤答です。文章を読むときには、文字面だけを追いかけるのではなく、具体的な映像としてとらえることも大切なことです)

6 春がやってくるころには、よう虫はどのくらいの大きさになっていますか。同じように絵にかきなさい。

「二・五センチメートル」(前問と同様です。)

7 よう虫が土の中で、じっと体を丸めている期間は、次のどれに近いですか。一番近いものを選びなさい。
A 春休みと同じくらい
B 夏休みと同じくらい
C 冬休みと同じくらい

「約四十日間」とありますから、Bが正解。

8 ゲンジボタルは、たまごからかえってから成虫になるまでにどのくらいかかりますか。一番近いものを選びなさい。
A 一か月
B 三か月
C 一年

(これは悪問でした。国語の問題として×です。本文からははっきりと特定できないからです。問題自体を削除いたします。でも調べてみる価値はありますね。)

9 ゲンジボタルが多く見られる季節はいつですか。

「夏」(解説不要ですね。)

10 この説明文の筆者の名前を漢字で書きなさい。

「栗林 慧」


私は誰でしょう?

火曜日の英語です。

doctor,nurse,teacher,student,
farmer,taxi driver,police officer

7枚のピクチャーカードを次々と提示し、子供たちに読ませていきます。さすが1年近く英語を学んできた子供たち、私がモデルを示さなくとも、ほとんどのカードをスムーズに読んでいきます。
続いて1枚ずつカードを示しながら、

Who is he(she)?

と質問。この質問に対しても
“He is a doctor.”
等と流暢に答える子供たち。(冠詞が抜けていたりはしますが、そんなこと、今は気にしなくていいのです。)

ここからが今日のメイン。
私は子供たちのネームプレートの束から1枚抜き取り、尋ねました。

Who is this?

もちろん、分かるはずはありません。子供たちから五つまで質問を受け、その質問に私が答えていきます。私の答えを手がかりにカードに書かれている人物を当てるわけです。もちろん、子供たちは英語で質問し、私も英語で答えます。
子供たち、文で質問するのは無理ですが、知っている単語を組み合わせながら、なんとか当ててやろうと質問してきます。
“boy? girl?”
“tall? short?”
“long hair? short hair?”
“birthday?”
全員でやったり、列ごとにやったり。結構当たるものですね。今度は、人ではなく物でやってみることにしましょう。
What's this?