やればできる!

 1時間目。

 全員起立。昨日は二つの宿題がありました。「どちらもやってきたよ」という人は座りなさい。

 何名の子が座ったと思いますか。およそ半数です。残る半数は宿題をやってきていないのです。

 宿題は次の二つでした。

1 『体を守る仕組み』の5段落目から11段落目までには、いくつの仕組みが書かれているか。書かれている仕組みをノートに箇条書きにしてくる。
2 算数「4年の復習」の6までを終わらせてくる。

 中には、授業時間内にクリアしてしまっている子もいます。やり残したものを宿題にしたわけです。双方合わせても、30分もあれば十分に終わる程度の量です。連絡帳にもきちんと書かせました。それが上の有様なのです。しっかりやってきている子を大いにほめ、立っている子には次のように告げました。 

 君たちに、業間休みはありません。休み時間に終わらせなさい。もし、終わらなければ昼休みもやることになります。 

 この指示を無視し、なんと逃げて遊びに行った強者が数名います。こってりと油を絞られた挙げ句、放課後居残りとなったことは言うまでもありません。

 5時間目。

 自学帳を出しなさい。これから30分、時間をあげます。30分間集中して、一人で自学をやってごらんなさい。お薦めメニューがあります。今日は午前中に4時間勉強しました。4時間の授業の中から1時間を選び、そこで自分が学んだことを文章に書いてみるのです。 

 30分集中すれば、結構な量の学習ができます。そのことを子供たちに体験させたかったのです。
 結果、わずか30分でノート2ページ近くの自学をこなした子が何名も現れました。やればできるのです。
 現在、いちばん多い子は11冊目の自学帳を使っています。